2009年03月13日

危ない会社のチェックリスト

「危ない会社のチェックリスト」

帝国データバンクのHPより。

決算のために世の中の間接部門の皆さんは
大忙しのことと思いますが
時節柄(イヤですけど)アップしておきます。

そういえば先日も、もうだいぶ以前
PONが転職活動をしていた際
仮採用が決まりながらも本人辞退した
いきさつの会社が倒産してました。
結果的に行かなかったとはいえ、
いくばくかの縁があっただけに
なんか寂しかったですよ。

************************

危ない会社のチェックリスト

このチェックリストは、新規取引を始める時、
あるいは既存取引先での信用を確認する時に、
営業担当者と審査担当者が取引先をチェックする
項目になっています。これをチェックすれば、
新規取引の際の情報の1つになりますし
危ない兆候への気付きに繋がります。気になる
取引先があればぜひお試しください。
全てをチェックすることが望ましいことは
確かですが
かなり大変な作業になってしまいます。与信管理の
上では
「このような厳しい視点で取引先を見るべき」
という意識付けの参考資料としてお使いください。
このような視点での営業担当者のチェックを、
少しでも取りいれることができれば、より良い
与信管理へ と繋がるでしょう。

【社長・役員】
□ ワンマン経営である。
□ 倒産歴がある。
 ・
 ・
【従業員】
□ 従業員の退社が目立っている。
□ 経理担当者が不在がちだったり退職している。
 ・
 ・
【商品・技術・サービス】
□ 商品構成にバランスが取れていない。
□ 企画・開発力が劣っている。
 ・
 ・
【財務・資金繰り関連】
□ 売上高の横這い、減少が3年以上続いている。
□ 3期連続の赤字となっている。
 ・
 ・
【その他】
□ 本業外への投資が目立っている。
□ 事務所やトイレが清潔ではない。
 ・
 ・

************************

後からすれば、ああそういえば・・って
思い当たる事の方が多いようです。
倒産云々というよりも、もし□にチェック
入りまくりの会社があったとしたら
そんなところとはヒトとして
お付き合いしたくないですねぇ。

先日倒産した日本綜合地所も、内定取り消し学生に
ひとり100万もお詫び金をだすという
余計なこと美談が話題になりました。

取り消し学生53人*100万=5300万
ネット上では倒産間際にその姿勢は立派だと、
経営陣をたたえる論調もありましたが
なんかもう自棄だったんじゃないか?
という気もします。ちなみに学生には
すべて支払済みのようですよ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

【社長・役員】
□ ワンマン経営である。
□ 倒産歴がある。
□ 内紛がある。
□ 公職など経営とは関係のない肩書きが多すぎる。
□ 不在のことが多い。
□ 素行面で妙な噂がある。
□ 家庭が円満でない。
□ 仕事より優先しているものがある。
□ 極端に労働組合を嫌っている。
□ ブレーンが機能していない。
□ 社長・役員に活力がない。
□ 業界での経験が不十分。
□ 市場動向、コスト意識など発想に客観性がない。
□ 経営バランス感覚が不十分。
□ 意思決定が遅い。
□ 公私混同が目に余る。
□ 従業員をけなすようなことがある。
□ 意志が弱い、人が良すぎる。
□ 有能な幹部が退職している。

【従業員】
□ 従業員の退社が目立っている。
□ 経理担当者が不在がちだったり退職している。
□ 従業員の社長や幹部に対する悪口が増えている。
□ 中堅社員の酒を飲む機会が増えている。
□ 所在なげにしている従業員がいる。
□ 接客や電話応答に身が入らない。

【商品・技術・サービス】
□ 商品構成にバランスが取れていない。
□ 企画・開発力が劣っている。
□ コスト競争力が劣っている。
□ 商品クレームが恒常化している。
□ 納期が守られていない。
□ 成熟商品である。
□ 在庫に極端な増減がある。
□ 類似商品が多く出回っている。
□ 荷動きに不審な点がある。
□ 在庫管理が適正でない。
□ 特定の取引先への安売りがある。
□ 業種・取引高に不審がある。
□ ダンピング、出血受注をしている。
□ 商品が季節的要因に左右されやすい。
□ 過大な設備投資がある。
□ 過度な安売りをしている。
□ 設備投資の分だけ売上が増えていない。
□ 検収が甘くなっている。
□ サービスがないがしろになっている。
□ 原材料の入手に苦慮している。
□ 得意先の安定度がない。
□ 市場が限定(狭すぎる)されている。
□ 単品技術を過信している。
□ 押込販売をしている。
□ 買い急ぎや売り急ぎがある。
□ 仲間取引が急増している。

【財務・資金繰り関連】
□ 売上高の横這い、減少が3年以上続いている。
□ 3期連続の赤字となっている。
□ 売上増に疑問がある(粉飾)。
□ 財務諸表に急変がある。
□ 売上に占める交際費が多い。
□ 金利負担の増加に疑問がある。
□ 1年以内に月商の2分の1位以上の焦げ付きが発生している。
□ 借入金が月商の3倍以上である。
□ 保証債務が目立って多い。
□ 取引行との関係が悪化している。
□ 取引銀行の格や数が適正ではない。
□ 小口の支払いを手形で支払っている。
□ 決済日が増加している。
□ 仕入先からの受取手形がある。
□ 手形が市中金融に流れている。
□ 多重リースの疑いがある。
□ 減価償却が適正ではない。
□ 融通手形の噂がある。
□ 税金の滞納がある。
□ 当座預金の出入りに不自然な増減がある。
□ 売掛金の回収サイトが長期化している。
□ 商工ローン、消費者金融を利用しはじめた。
□ 不動産の担保権者に個人名が入っている。
□ 担保権者が目まぐるしく変わっている。

【その他】
□ 本業外への投資が目立っている。
□ 事務所やトイレが清潔ではない。
□ 不審な人物が出入りしている。
□ 同業者組合に参加していない。
□ 政治家、芸能人、暴力団とのつきあいがある。
□ 会議が急に多くなっている。
□ 人材育成がないがしろにされている。
□ 極端な経費節減をいい出している。
□ 安易な転業をしている。
□ 規模の割に子会社(関連会社)が多すぎる。
□ 関連会社間での利益調整がある。
□ 同業者や近隣での噂に不審なものがある。
□ イメージ先行型の社名変更が頻繁にある。
□ 広告の急増、激減、誇大広告がある。
□ 強力なライバルが出現している。
□ 商号変更や本店所在地の移転が多い。
□ 扱い商品が目まぐるしく変化している。
□ 取引先が急に変更されている。
□ 構造不況業種である。
□ 銀行や信用調査機関などへの照会が多い。
□ 極端な秘密主義である。
□ 社会的制約、法的規制が進んでいる業界である。
□ 立地条件に不利がある。
□ 海外進出がうまくいっていない。


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(哀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。