2009年09月18日

あーいいこと書いてあるよ

「あーいいこと書いてあるよ」

あーいいこと書いてあるよ
論拠は多少乱暴ではあるけれど。
ある論評サイトより。

 自民党は・・国民を選挙民を舐めきった
 選挙戦術を続けたのだ。これはかつての
 大日本帝国海軍が緒戦の大戦果に
 胡坐をかいて大失敗をしたミッドウェー海戦
 と同じ姿なのである。
 爆装をした艦載機を甲板上に並べていた
 空母の上に米軍機の爆撃を受けたのだから
 大破沈没するのは当たり前であったのだが、
 これは要するに「時間との戦い」を無視した
 結果であった。背景には米軍を舐めきった
 驕りがあって、楽に勝てる戦いを
 落としてしまったのだ。
 山口多聞の言ったように、陸用爆弾を
 積んだままの艦載機を敵空母攻撃に向かわせれば
 良かったのでありそれ以外に戦術の選択は
 無かった筈だ。
  最悪の事態を避けて、敵空母と艦載機の攻撃力を
 消失させたあとで攻撃を続行すればよいからだ。
 攻撃は艦載機を使っても良いし巡洋艦と駆逐艦を
 急行させて水雷攻撃を行っても良い。そうすれば
 敵艦隊は壊滅できたのである。
 頭の固い奴は戦いには向かないのだ。
 勉強が出来なくても乱暴な奴であれば
 喧嘩には勝てることもある。


***********************

ちょっと補足説明するならば、

■ミッドウェー海戦
 太平洋戦争で日本の負けを決定付けた海戦。
 当時の飛行機は、陸(島)基地攻撃用爆弾か
 艦船攻撃用魚雷のどちらかひとつしか積めない。
 どっちを攻撃しようか司令部が
 命令を二転三転、空母の上で、爆弾か?
 魚雷か?と、係員がつけかえしまくっている時に
 米軍の飛行機の攻撃を受け、虎の子空母4隻を
 撃沈されてしまったもの。

もちろん、船を攻撃するなら、魚雷の方が命中度も
攻撃力も上。だが、時には「時間との戦い」を優先
させねばならぬ時もあるのだ。コトの完璧性を求めて
期を逸する愚は避けよと。
そんなことかまってないで、まず爆弾で敵船をたたき
後からトドメをさせばいいじゃないか、と
この人は言っているのであります。

「敵船を攻撃するなら魚雷でないと!」
別に陸用爆弾でも船を傷つけることは可能。
そう思い込む頭の固さが敵だったのですね。

コロンブスの卵ですね。
結局は目的が達せられればヨイ。



頭の固い奴は戦いには向かないのだ。
>勉強が出来なくても乱暴な奴であれば
>喧嘩には勝てることもある。

この辺の言葉を、最近、仕事やギャンブル
(主にマージャンであるが)で苦戦中の自分に捧げたい。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。