2006年03月26日

「獣たちの夜」押井守

久々に「小説」のご紹介を。
こんな風に書くとPONがまるで
まったく本を読まない男のようですが
この際、はっきり申しましょう。
ジャンルは偏っておりますが
自分は結構、読書家です。
通勤に片道1時間30分かかっていますので
帰路に「本・雑誌」の類は必需品なのです。
え?朝はどうかって?
無論、寝ているに決まっていますでしょう!

さて、この「獣たちの夜」ですが

「攻殻機動隊」「イノセンス」
「うる星やつら2」「映画パトレイバー」等々

往年のアニメファンが泣いて喜ぶ作品群を
次々に監督した「押井守」氏の小説なのです。

<あらすぢ>
1969年、学生運動華やかなりし頃の日本。
親に反発する気持だけでデモに参加した
高校生「零」は、機動隊に追われて逃げ込んだ
路地裏で恐るべき殺戮現場を目撃する。
犯人はまだあどけないセーラー服姿の
女子高生だった。次の瞬間、彼女は
鈍く光る長刀を零に向かって振りあげた!

まあ、この女子高生が何者なのかとか
なんで殺したのかとか、誰を殺したのかとか
それは読めば分かります。
正直PONもその辺はあんまり
期待していませんでした。

この作品にめちゃめちゃ惹かれたのは
劇中に出てくる怪しげな刑事
「後藤田」の存在。
押井カントク作品を御覧のかたならば
お分かりですね?
そうです。どこから読んでもこの「後藤田」
あの「パトレイバー」に出てくるレイバー隊の
「後藤隊長」
そのものなのです。

この小説世界は「パトレイバー」とはまったく
連結していない世界で時代も合いませんが、
あの後藤隊長が
レイバー隊に飛ばされる前は「公安」にいたこともある
というウラ設定もあるくらいですし。
読んでいるうちに、後藤隊長ならば
こんなことしていてもおかしくないかも?
なんて気がしてきます。
なんと言っても「押井」カントクは
自分の言いたいことを全部
「後藤田」に言わせてしまってますし。

いやあ、「押井カントク節」全開ですよ。
そう、わかるヒトにだけわかる説明するならば
「後藤隊長」と「うる星のメガネ」と「篠原遊馬」と
「栗山千明」が喧々諤々
ってカンジ。

あと、押井カントクが自ら経験したものと
思われます1960年代の
学生運動の薀蓄も学べます。
昔のヒトは熱かったんだなあ。
どうでもいい知識も増えます。
思えば、「押井守」ってカントクは
もともと引き出しを
一個しか持っていない
のかもしれません。

「後藤田」刑事。
敵なのか?味方なのか?果たして・・。

現在は「角川ホラー文庫」に収録されてます。
ブック×フで100円なんて時も。

押井守 著
角川ホラー文庫
H−88−01
定価600円(税別)
ISBN4−04−366601−2



************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

主人公達と焼肉をつつきながら後藤田は語る

「火葬は死体を完全に行動不能な無機物である灰にするという
 点において、まさに究極の死体処理法と言える。それが証拠にだ。
 火葬を行う文化には肉体を持つ亡霊は存在しないし、
 またそういう文化は亡霊を作らない為にも火葬を行う。
 火葬の習慣は亡霊に対する先制攻撃だと考える学者もいる
 くらいだから・・・・オイ、火ィ強すぎないか。焦げてるぞ」

真相を知りうる老人に遭遇して曰く

「老人は民間団体の財団といったが、考えてみれば
 マフィアもヤクザもまた民間団体には違いなく、
 そして彼らも無駄な血は流さないが
 無駄ではない血は盛大に流すに決まっている。
 どんなに洗練された外見を有していても・・」

ヒトの凶暴性を評して

「人間の持つ独自の殺人性は、自然の武器を持たない
 基本的におとなしい雑食性の本性から発現した。
 それゆえ全ての食肉獣が持つ同種内における
 殺傷力の濫用を防止する安全機構が欠落している・・」

いや、我ながら妙なところばかり
引用してますが、
彼の作品で誰かがつぶやいた台詞が
小説上で形を変えてさまざまな場所に出てきます。

とにかく
「後藤隊長」節および「うる星アニメのメガネ」節
「押井」アニメに見え隠れする
キリスト教的世界観、が好きな方にはお勧め。
プチ、インテリになれますよ。


posted by PON at 16:47| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「後藤隊長」と「うる星のメガネ」と「篠原遊馬」と
>「栗山千明」が喧々諤々ってカンジ。

凄い、この作品の内容を2行で表現しきってるよ!
さすがはPONさんだ!
ちなみに本作は再構成されたTVアニメ版が放映中ですが・・・

押井節微塵もナシ!

ん〜残念残念。
Posted by るしは at 2006年03月28日 03:18
この小説、押井さん自ら私小説だと言ってましたね。

劇場版パトレイバー2の小説、「TOKYOWAR」とかを読むと押井さんの文才もなかなかだと思ってしまいます。
Posted by あみか at 2006年03月28日 12:49
>あみか様

当ブログ管理人、PONです。
このたびはコメントいただきまして
有難うございました。
御ブログを拝見させていただいたのですが
もろもろ私のストライクゾーンでした。
是非、リンクさせていただきたく。
是非とも宜しくお願いいたします。
Posted by PON at 2006年03月28日 23:07
>るしは様

>さすがはPONさんだ!
はは、照れますな。

>ちなみに本作は再構成された
>TVアニメ版が放映中ですが・・・
そうらしいですね。今回の記事を書くにあたって
検索していたら初めて気が付きました。

>押井節微塵もナシ!
万人受けしないからなあ。
どうせあれでしょ?
怪奇ロマン+萌え要素のアニメなのでは?
Posted by PON at 2006年03月28日 23:11
リンクですか、嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by あみか at 2006年03月29日 07:52
>あみか様
ご承認有難うございました。
早速リンクさせていただきました。
今後も宜しくお願いします。
Posted by PON at 2006年04月10日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。