2010年01月01日

友引全史第一巻「終末を越えて」メガネ著

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

マスライ5年目に突入のお正月。
正月にふさわしい記事のストックが
ありませんでしたので・・
今年は社会的に明るい年となりますことを
祈念いたしまして、正月からなぜか
「友引全史」です。ええ、なぜか。

************************

「友引全史第一巻「終末を越えて」メガネ著」

メガネといえば声優千葉繁を世に知らしめた
存在であり、アニメ版「うる星やつら」を
独自の世界へ導いてしまった当事者だ。
ちなみに本名は「サトシ」であるらしい。

彼はPONのお気にいり
「うる星2 ビューティフルドリーマー」
でも大活躍するが(毎度ながら物語の進行
とは関係ないところで)そんな彼の名台詞
をご紹介する。

ココまで長いともうセリフとかそんなレベルでは
なくって、モノローグ?

千葉繁さんはこの役で有名になった声優さんだが
演技時、そのあまりのハイテンションさに
息切れを通り越して、呼吸困難になったこともあり
以後、彼がスタジオ入りするときには
緊急時に備えて酸素缶が配備されたらしい。
むべなるかな。

うる星2 ビューティフルドリーマー」にて。
あたるやラムなどの主要キャラ以外、世界に誰も
いなくなってしまう。メガネは荒廃した町で
ラムと共に生きてゆく決心??をし・・

************************

私の名はメガネ。
かつては友引高校に通う平凡な一高校生であり、
退屈な日常と戦い続ける下駄履きの生活者であ
った。だが、あの夜、ハリアーのコックピット
から目撃したあの衝撃の光景が私の運命を大き
く変えてしまった。ハリアーであたるの家に強
行着陸したその翌日から、世界はまるで開き直
ったかのごとくその装いを変えてしまったのだ。
いつもと同じ町、いつもと同じ角店、いつもと
同じ公園。だが、なにかが違う。路上からは行
き来する車の影が消え、建売住宅の庭先にピア
ノの音もとだえ、牛丼屋のカウンターであわた
だしく食事をする人の姿もない。この町に、い
やこの世界に我々だけを残し、あの懐かしい人
々は突然姿を消してしまったのだ。数日を経ず
して荒廃という名のときが駆け抜けていった。
かくも静かな、かくもあっけない終末をいった
い誰が予想しえたであろう。人類が過去数千年
にわたり営々として築いた文明とともに、西暦
は終わった。しかし、残された我々にとって終
末は新たなるはじまりにすぎない。世界が終わ
りを告げたその日から、我々の生き延びるため
の戦いの日々が始まったのである。奇妙なこと
に、あたるの家近くのコンビニエンスストアは、
押し寄せる荒廃をものともせず、その勇姿をと
どめ、食料品、日用雑貨等の豊富なストックを
誇っていた。そして更に奇妙なことに、あたる
の家には電気もガスも水道も依然として供給さ
れ続け、驚くべきことに新聞すら配達されてく
るのである。当然我々は、人類の存続という大
義名分のもとにあたるの家をその生活の拠点と
定めた。しかし何故かサクラ先生は早々と牛丼
屋「はらたま」をオープンして、自活を宣言。
続いて竜之介親子、学校跡に浜茶屋をオープン。
そして面堂は、日がな一日戦車を乗り回し、お
そらく欲求不満の解消であろう、ときおり発砲
を繰り返している。何が不満なのか知らんが、
実に可愛くない。あの運命の夜からどれ程の歳
月が流れたのか。しかし今、我々の築きつつあ
るこの世界に時計もカレンダーも無用だ。我々
は、衣食住を保証されたサバイバルを生き抜き、
かつて今までいかなる先達たちも実現し得なか
った地上の楽園を、あの永遠のシャングリラを
実現するだろう。ああ、選ばれし者の恍惚と不
安、共に我にあり。人類の未来がひとえに我々
の双肩にかかってあることを認識するとき、め
まいにも似た感動を禁じ得ない。

メガネ著 友引全史第一巻「終末を越えて」
序説第三章より抜粋

************************

・・で、本当にめまいを感じてぶっ倒れるのだ。
パーマではないが、あの直射日光のなかひとりだけ
帽子もかぶらず「友引全史第一巻序説第三章」を
唱えていれば、それはそうなるって。

「退屈な日常と戦い続ける下駄履きの生活者」
「選ばれし者の恍惚と不安、共に我にあり」


いいなぁ。メガネらしくって。

しかもこの長さでありながら
友引「全史」の「第一巻」の「序説」であり
その第三章でしかないのだ!んで抜粋だし。
メガネ氏、末は史家か文豪だな。

「我々は、衣食住を保証されたサバイバルを生き抜き」

”衣食住を保証された”
大仰なモノローグの中に唐突に挿入される
言わなくてもいいこのひとこと。
こんなすっとぼけぶりがまたいい。

この長口上も実はそらんじていたワタクシ。
だから肝心な時にメモリ容量が足らなくなるんだよなあ。
さすがに近年は所々忘れはじめていますが。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 09:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。