2010年03月21日

「K・Nの悲劇」高野和明

「K・Nの悲劇」高野和明

高野和明 講談社文庫

上司からもらった一冊。
高野和明氏の作品といえば
グレイヴディッガー」と
「幽霊人命救助隊」が既読です。

「幽霊〜」は面白かったので
続けて読んでみました

・・

あらすぢ
内容(「BOOK」データベースより)
若くして成功した夫との新しい生活。だが予期せぬ
妊娠に中絶という答を出した時から、夏樹果波の心に
異変が起こり始める。自分の中に棲みついた別の女
―精神の病か、それとも死霊の憑依なのか。
治療を開始した夫と精神科医の前には想像を絶する
事態が待ち受けていた。乱歩賞作家が描く、
愛と戦慄の物語。

************************

うーーん。面白かったし
読後感もなかなかなのだが・・

たとえを選ばず書きますけど、
われわれが普段は意識的に目を逸らしている
「タンつぼ」(肥溜めでも可)を
ずーーと見せつけて、自分達の生きている
この社会の薄汚れに気がつきなさい、
もっと問題意識を持ちなさいと
揺さぶりをかけられたような、そんな小説。

日頃は日本人が目を背けている部分
見ないことにして忘れたフリをしている部分
そこに敢えて焦点を絞った話。
それだけじゃ誰も読んでくれそうにないから
エンターテイメント風味で味付けしてみた。
「幽霊人命救助隊」と同じ。
根底に流れるテーマは非常に重いのだが
それをエンターテイメント小説として昇華してしまう。
その手腕はさすが。

************************

「医学はまだ、女性の体に生命が宿るという
 現象を解明しきれていない。
 母体の中で発生した胎児という異物に対し
 どうして免疫システムが寛容に振舞うのかさえ
 分かっていない
のだ」

「薬によって抑制できてしまう人の心―
 神経細胞というたんぱく質とその間に流れる
 電気信号に過ぎない。精神活動とはすべて、
 物質の相互作用に他ならないのだ・・」

KN.jpg

「修平は、女という性に震撼した。
 男の内面をいともたやすく見抜き
 弱みを知りつくし
 被害者であり続けることで加害者へと
 変貌してゆく女という存在・・」

「男女が出会い、小さな細胞が結びつき
 新たな生命が生まれる。それは心霊現象と
 同じくらい神秘的なことだった・・。」

・・うーーん。平和に暮らしていたい人(特に成人男性)
  にはお奨めはしません。
  ティーンエイジ〜20代前半で都会の夜の生活を
  限りなく謳歌している人たちにはいいかもしれない。
  あの人たちが小説を読むかどうかは疑問だけど。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(ミステリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年07月31日 13:36
>藍色様
TB有難うございました。
こちらからもTBさせていただきました。
またよろしくお願いいたします。
Posted by PON at 2010年08月11日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

K・Nの悲劇 高野和明
Excerpt: 若くして成功した夫との新しい生活。 だが予期せぬ妊娠に中絶という答を出した時から、夏樹果波の心に異変が起こり始める。 自分の中に棲み...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-07-31 13:17