2010年10月24日

「閉鎖病棟」帚木蓬生

「閉鎖病棟」帚木 蓬生

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい) 新潮文庫

なんか、題名からして、富士Q系のああいった
ホラー系、もしくはサイコ系とか、そんなあたりを
想像してしまったんだけれど。

ここでは本来の語義「閉鎖病棟」における物語。
決してお仕着せのお涙ちょうだいモノではなく
作者のあたたかな視線を通し、社会は
「精神患者」と、ひとくくりにして隔離して
終わってしまいがちだけれど、彼らにも彼らの
生活があり、決して許されることのない過去が
あるにしても、それぞれに理由があるのだという
あたりまえの描写が伝わってくる。

こういうの読んでしまうと、機知外による
機知外な事件が起こるたび、危険人物は
みな病院に閉じ込めておけばいい!という
暴論におもわず頷いてしまいがちな
・・そんな常日頃の自分に
自信が持てなくなってしまいます。
 
<あらすぢ>
九州地方のとある精神病棟。患者たちは、それぞれに
退院できない理由を抱えながらも、互いに助け合い、
日々の瑣末な出来事に希望を見出しながら、明るく
暮らそうとしていた。しかし、皆で回復をあたたかく
見守ってきた通院患者の女学生に起きたある事件が、
やがては殺人に発展してしまう。殺人を犯した者、
それを知っていた者、彼らが守ろうとしたものは
何だったのだろうか。

************************

【入院患者仲間にもそれぞれ過去があり・・】
「患者はもう、どんな人間にもなれない・・
 かつてはみんなは何かであったのだ。 
 それが病院に入れられたとたん、患者と言う
 別次元の人間になってしまう。
 そこではもう以前の職業も人柄も好みも、
 一切合財が問われない。骸骨と同じだ・・」

「どげな親でも子を思う気持ちは強か
 ばってん、子が親を思う気持ちは
 天から地までの段階があるけね・・」

【病院の主ともいえる秀丸さんはつぶやく】 
「刑務所の暮らしは、来る日も来る日も
 自分のしたことを考えないわけにはいかないように
 できとる。けどここ(病院)は違う。ここの
 暮らしは楽しいけんね。ある日どっとツケが来るんよ」

【主人公に届く手紙】
「病院は天国ではありません。チュウさん、病院は
 ついの棲家ではありません。いつかは自分の力で
 飛び立たなければならないのです」

それにしても秀丸さん・・カッコいいです。



日本が敗戦しようと、その前からもずっと人は
生活してきたわけで・・まさに総力戦であった
あの戦争は人々の生活に大小さまざまな影を
落としていたんだなぁ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

【先生のお話】

「精神病院への入院は大きく分けて3つあります。
 心の病気により自分や他人を傷つける恐れのある患者を
 強制入院させる措置入院、家族の要請による医療保護入院
 そしてご自身の意思で入院する任意入院です・・」
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック