2006年03月30日

沖縄グルメ漫遊記 その8 国際通り

長々と続けてまいりました
「沖縄旅行」シリーズも今回でラストです。

首里城を後にした我々は
それこそバスで10分ほど移動、
沖縄最大の繁華街
「国際通り」へ来ました。
ここは沖縄戦後復興を体現した街
「1マイルの奇跡」と呼ばれたところ。
(1マイル==1609.344メートル)

土産物屋、居酒屋、沖縄料理屋
そしてステーキ屋が目立ちました。
通り沿いは綺麗な店ばかりですが
少し裏通りに目を向けると
建物はいかにもアメリカン建築な
全部コンクリートで作った上に
外壁は原色でまとめてみました!
みたいな家が立ち並んでいて。

1マイルの奇跡3.JPG
「1マイルの奇跡」は恐竜まで復活させたり。
(他店ではガメラもいました)

あいにくの小雨模様。
土産(特に泡盛)を吟味しながら
のんびりと市場方面へ。

牧志公設市場(まちぐゎー)

公設市場2.JPG
「アジア」って感じです。
同じアーケードでも「新京極」とか
「中野ブロードウェイ」じゃーないんだな。

公設市場3.JPG
「豚のつら」(ぶたの顔皮(チラガー)
ガイドさんが是非写真に撮っておけ!って
言うもんだからさ。
ぶたさん、恨むなよ。

公設市場4.JPG
ビリジアンブルー!な魚。南国の海ですね。
これ食えんの?って感じですが。
まあこんな魚に限って肉は
白身だったりするモンですから。
食えますよ。多分。

公設市場6.JPG
2階が「食堂」になっておりまして
1階で購入した魚介類を調理してくれます。
PONが行った時には、農協ライクな団体さんが
イセエビのおつくりを出してもらって大騒ぎでした。
しかしこの「人いきれ」こそがアジアです。

我々はエスカレータあがった
突き当たりのお店「次郎坊」さんへ。

1マイルの奇跡10.JPG
来ましたよ。注文した料理と
やっぱり待ちきれない相方の手。
ハシが踊っています。
(左)もはや定番の「沖縄そば」
(右)「海ぶどうの海鮮丼」

公設市場8.JPG
そして「ゴーヤチャンプルゥ」です。
ゴーヤを惜しみなく使っているため
緑しか見えない。

その後、那覇空港からボーイング777で帰京。
行きと違って帰りは何故か各席に
「モニター」がなかった。残念。

楽しかったね!相方。

羽田.JPG
帰りの「羽田空港」で。
これなに??と思いまして。
隅々まで説明書を読んだけれども
結局分かりません。

こいつ(AED)の正体。

<お知らせ>
えー、このたび「沖縄シリーズ」が
めでたく完結いたしましたので
抽選で1名様に
沖縄で購入した「泡盛」ストラップを
プレゼント
させていただきます。

ご応募したい奇特な方はPONまで
ひとまずメールください。
PONから郵送させていただきます。
残念ながら外れた方にも
1名様にあれを差し上げます。
そうあれです。
(4/10締め切り予定です)

お待ちしてます!



************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

実はこの後も・・
帰りの電車の中で食べたんですよ。
我々は。

帰りの電ヤ2.JPG
最近、「駅弁」変わる新しいジャンル
「空弁」から
「ふぐづくし」

帰りの電ヤ3.JPG
だって、食べたかったんだもんなぁ。
しょうがないよね?相方。


posted by PON at 23:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。