2006年05月23日

ガメラ対深海怪獣ジグラ(昭和版)

何の因果か唐突に始まりました
「昭和ガメラシリーズ」ですが
これがラスト。
「ガメラ対深海怪獣ジグラ」

怪獣ブーム終焉
邦画の衰退が重なって
PONが物心つきまくった頃には
「怪獣映画」新作がしばらく
作られなくなってしまった頃がありまして、
昭和ガメラ映画、ほぼ最後の作品です。
ゴジラでいえば「メカゴジラの逆襲」あたり。

怪獣映画の復権は、日本経済の復活と
怪獣映画を見て育った世代が社会での
雌伏の時期を乗り越え、
何かしらの力を持ち始める
ほぼ10年後を待たねばなりませんでした。

<あらすぢ>
海が大好きな海棲宇宙人が
地球の海を欲しがり、
知性があるのに何故か巨大化、
武器ではなく肉弾戦

僕らのガメラに立ち向かおうとする。
だから「えらいこっちゃ」です。

この映画は・・あんまり
話題が無いんですね。
子供心にも詰まらなくって
印象が無さ過ぎたからかも知れません

鴨川シーワールドに行ってみたいと思った。
・海中シーンを撮影するときは
 水槽をカメラの前に置けばいいのか!と
 素晴らしい(と当時のPONには思われた)
 発見をしてしまった。
・鮫は陸に上がったら負けだろ?
・宇宙人に操られた「女性」が
 ビキニ姿で「京王稲田堤駅」
 (1971年開業)前を駆け回る。
 たかが「子供」を人質にしたいがために。
・一介の防衛隊員が「よし人類は降伏する」なんて
 決断するなよ。
・「科特隊」のホシノ少年もそうだが
 いいかげん、子供が公的組織の乗り物に
 勝手に乗り込んではいけません。

昭和ガメラ7.jpg
ジグラが放つ怪光線、その名も
「細胞活動停止光線」
当時のPONには意味も解らず
「未来」を感じていましたけれども。

そうそう、深海怪獣「ジグラ」で思い出した。
この怪獣にそっくりな生物が実在します。
その名は

ミツクリザメ

図鑑で見つけたPON少年は瞬時に名前を
覚えてしまった。今でも言える。
それくらい印象的だった。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
前の記事から続けてガメラご苦労様です(笑)しかしよくまあこのような映画を。私は子供の頃にゴジラもガメラもTVで見ましたが、もう何がなにやら?でして、こうやって怪獣の名前とか聞いても、全く思い出せないくらい、きれいに忘れています(笑)
Posted by REALLIFE at 2006年05月28日 21:16
>REALLIFE

>しかしよくまあこのような映画を
やった。
オールラウンドプレイヤーだと思っていた
REALLIFEさんの
インハイ(弱点)が判りました!
怪獣方面ですね?
だからどうしたって気もしますけど(笑)

>きれいに忘れています(笑)
それが普通ですよ。
言い訳しますが、PONも怪獣映画を楽しむ
というよりは、映画を通して当時の自分を
思い出す作業・・といった性格が強いですね。
Posted by PON at 2006年05月29日 12:45
おじゃまいたします。いつも楽しく拝見させております。特に怪獣ネタがだいすきなhiyokos654321です。「怪獣わが半生」というブログをたちあげています。
これからもご活躍くださいね。
Posted by hiyokos654321 at 2006年06月26日 02:16
>hiyokos654321様
初めまして!コメントとっても嬉しいです。
どうも最近(昔から?)一人で
壁に向かって物言っている気がして
しょうがなかったんで、
コメントをいただけるだけで嬉しいです。

御ブログを拝見させていただきましたが
よろしければリンクさせていただけませんで
しょうか?
宜しくお願いいたします!
P.S.息子さん、薫陶の賜物ですね。
   すばらしいゴジラです。
Posted by PON at 2006年06月26日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

i-revo 「昭和ガメラ」8作品の有料配信を開始
Excerpt: i-revoが、映画「ガメラ」シリーズ8作品の配信を開始しました。 http:/...
Weblog: テレビとネットの近未来 ブロードバンド・ニュースセンター
Tracked: 2006-06-02 15:57

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』(1971)
Excerpt: この映画が公開された昭和46年という年は、『宇宙猿人ゴリ(後に『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』→『スペクトルマン』と改題)』、『帰ってきたウルトラマン』、『仮面ライダー』が相次いで放送を開始し、第二次..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2009-01-21 22:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。