2005年01月12日

アメリカ人が一番好きな俳優

ヤフー記事に載っていましたので
ちょっと気になって転記しました。
またここで私についてカミングアウトしますと
私は基本的に映画が好きですが
趣味がマイナー過ぎであり、かつ
俳優にはあまりこだわりが無いのであります。
(といいますか詳しくない)
下記はアメリカのハリス・インタラクティブ社というところが
出した2004年度の結果だそうで。
そのままでは私がツマンナイので
その俳優・女優出演で過去に見たことのある映画を
思いつくままに記述してみようと思います。
私の趣味がむき出しになりますが
まっとうな映画ファンからすると
苦笑モノでしょう。
一般的な映画好きとどれ位差が出るか。

一部記憶違い、勘違いなんかもあるかもしれませんが
ご容赦ください。

1. トム・ハンクス
 「プライベートライアン」「プリティーリーグ」「グリーンマイル」
 「ガープの世界」・・じゃなくって「フォレストガンプ」
 「アポロ13」
2. メル・ギブソン
 「リーサルウェポン」「サイン」
3. ジュリア・ロバーツ
 「プリティーウーマン」「エリン・ブロコビッチ」
4. ジョニー・デップ
 「シザーハンズ」「パイレーツオブカリビアン」
5. ハリソン・フォード
 「SW」「インディジョーンズ」「エアフォースワン」
 「今そこにある危機」「刑事ジョンブック」
6. デンゼル・ワシントン
 「クリムゾンタイド」
7. ジョン・ウェイン
 「グリーンベレー」
8. クリント・イーストウッド
 「許されざる者」「ダーティハリー」「アルカトラズからの脱出」
9. ショーン・コネリー
 「007」「ザ・ロック」「レッドオクトーバーを追え!」
 「ドラゴンハート」「アンタッチャブル」 
10.ジョージ・クルーニー
  なし

あくまで俳優名をみて浮かぶ
(しかも私が過去に見たことがある)
映画名を記述したまでですから、
なんであの名作が列記されておらんのだ!
という問いは知りません。
が、やっぱトムハンクスは強い。こんな俺でも結構見てる。

結局私は「ミーハー」で「最近の映画をあまり見ていない」
ことがバレバレですな。
まあバレてどうなる物でもないです。

やはりこの中で私が一番好きなのは
9.ショーンコネリーです。
「ザ・ロック」がお気に入り。
くう〜かっこいいわ、やっぱり。
それはまたいずれ。
「クリムゾンタイド」も以前、JRがCMで
壮絶にパロっていましたが
(知っている人がいらしたら嬉しいです。お友達です。)
これもまたいずれ。

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20050112-00000003-eiga-ent
posted by PON at 23:47| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エド・ハリスが入ってないじゃないのよさ
Posted by Stuka at 2005年01月13日 23:22
コメント有難うございます。
NASA御用達の俳優ですよね。
ピノコさん。
でもランキンに入ってないんですから。
私も「ランス・ヘンリクセン」入れたいですよ。
Posted by PON at 2005年01月14日 00:04
トニPONにいさまの真髄を発見!!
「ザ・ロック」は神ですよ。
「クリムゾンタイド」も大好きです。
「ザ・ロック」と「クリムゾンタイド」の音楽が似ているなあと思ったらやっぱり同じ人が音楽を担当していたので「なるへそ」と思いました。
これからも「トニー・トッド兄貴」として、にいさんを応援していきます!!
Posted by ふぉんだ at 2007年08月20日 17:14
>ふぉんだ様

過去レス有り難うございます。
これからもどんどんコメントしたってください。
それにしてもよく見つけられましたね。
自分も忘れてました、この記事。

>トニPONにいさまの真髄を発見!!
有難う?ございます。

>「ザ・ロック」は神ですよ。
>「クリムゾンタイド」も大好きです。
そうですね。ジーンハックマンがでると
画面が苦みばしりマス。

>「ザ・ロック」と「クリムゾンタイド」
>同じ人が音楽を担当していたので
そうだったんですか。メモメモしなきゃ。

>これからも「トニー・トッド兄貴」として、
>にいさんを応援していきます!!
いえー。せんきゅう。

ザ・ロックのトニートッド演じる傭兵は
完全に悪役でしたが、一番筋が通ってましたね。
彼はさっぱりしてていい。悪だけどw

「俺たちは金をもらった時点で傭兵だ」
ハメル氏が見抜けず、計画がほころんだきっかけは
「理念」や「理想」ではなく、行動基準を
「金」に置いている人もいるんだって
とっても単純なことでした。
結局、ハメル氏は「おぼっちゃん」だったんですね。
Posted by トニー・トッドPON at 2007年08月21日 12:59
またまたお邪魔いたします!

深い・・・深いなあ・・・さすがトニPON兄貴!
トニトド演じる傭兵のお気持ちをきっとトニトドご本人よりもよく理解していらっしゃる。
さすがトニPON兄貴ですよ。

「理念」や「理想」ではなく、行動基準を
「金」に置いている人もいるんだってこと・・・その通りですね。
るしはさんもその点をついていたので、やっぱりPONさんとるしはさんはどこかで繋がっているんですね。
ハメルたんはそこのところをきちんと部下に説明しておくべきでしたよ。
Posted by ふぉんだ at 2007年08月21日 21:49
>ふぉんだ様
大歓迎です。何度でもお越しくださいませ。

>さすがトニPON兄貴ですよ。
ありがとーございます。
そんな気持がわかっても・・wって感じも
致しますがまあ、良しとしましょう。

>るしはさんもその点をついていたので、
そうでした。実はコレ、自分の意見じゃなくって
るしは氏から受けた影響を無意識の内に
パクっていたのかもしれません。

>やっぱりPONさんとるしはさんは
>どこかで繋がっているんですね。
るしは氏とはリアル友人でありますが
「繋がっている」っていう表現はちょっと
抵抗があるかな(笑)なんか「そっち」系
みたいで・・考えすぎでしたか。スミマセン。

>ハメルたんはそこのところを
>きちんと部下に説明しておくべきでしたよ
短期間でコトを起こすに、それこそ「同志」
だけでは物理的に足らなかったのでしょうね。
志なんてまったくないケド即物的に金で転がる奴も、
コマに組み入れざるを得なかったのでしょう。

イザとなればドンなやつでも
「准将」であるオレの言う事なら聞くに
違いない、イヤ聞くべきなんだ!・・と
ヘンなところで自分はアメリカ軍人であるという
所属意識から抜けきれなかったのかも。
これからそのアメリカ軍に叛旗を翻そうって
言うのに。

そんなところに、はめるたんの
とっても人のよさを感じてしまうPONです。
Posted by PON at 2007年08月28日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック