2006年06月11日

途中で飽きちゃった漫画 Vol.3 からくりサーカス

「途中で飽きちゃった漫画」
が続きます。
結構あるんですけど。
古いところでは
「らんま1/2」とか
「3×3(サザン)アイズ」とか。

「らんま1/2」なんか
「うる星やつら」「めぞん一刻」という
2大ムーブメントに少し
乗り遅れた世代だったんで
今度こそは!と
高橋留美子さんの
新作に期待したものの・・とほほ、な
結果となってしまいました。
それでも意地になって(なるなよ)
せめて、連載終了までは!と買い続け
全巻初版本でコンプリート!

ところが
今度はこれが売れなくって。
(売れなくは無いけれど、安く買い叩かれる)

漫画なんてものは所詮、大量生産品。
いくら「こしまき」「帯封」が残っていようと
「初版本」であろうと、価値は無いのです。

特にブック×フが全国展開してからは
漫画の中古値はほぼ全国一律。
1冊30円とか、現在連載中の
現役漫画であっても50円とか。

「古本屋は素人にはできない。
 価値ある本を見抜く目を
 養う必要がある
からだ。
 それゆえ、アルバイトの導入など自殺行為。
 よって古本屋という業種の
 チェーン展開は不可能

というのが業界の常識だったと
聞いたことがありました。
ブッ×オフの急成長は
それ(本の買取をシステム化)を
画期的方法で実現したからだ!と
かつて威張っていた気もしますが、
何のことは無い。

結局はユーザーを無視して安く買い叩き
それでも売ってくれる人からのみ買い取る
と、開き直っただけでした。

えーーと何のお話でしたっけ?
おお、「からくりサーカス」だ。

サーカス.jpg
小学館サンデーコミックス 作:藤田和日郎
1〜41巻発売中

オートーマータ軍団への総攻撃と、
「ナルミ」が実は生きていて
サーカスで主人公の男児と再会するところ、
シロガネとオートマータ軍団発生のいきさつ
までは面白かったんだけどね〜。
主人公自らが、人形を操れる
ようになってからは
読む気力が無くなりました。

前作「うしおととら」
広げた風呂敷を丁寧にたたんでいく、
後半のサイコーな盛り上がりを
また期待していたんだけどなぁ。

長いね。いい加減。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。