2006年05月28日

ラーメンについて考える

偉そうに書くほどラーメンに
ウンチクもなければ、
食い歩いたりもしていない。
ましてや並んでまでして
ラーメン食べるくらいなら
マックのマックチキンでいい。
そんなPONが偉そうに書きます。

もしお店がラーメンで工夫する
(特色を出す)とするなら

「スープ」
「麺」
「チャーシュー」
「煮タマゴ」


辺りですよね?
「スープ」、「麺」、「チャーシュー」
各店とも百花繚乱。この辺は書き始めたら
キリがないので放っておきます

んで「煮タマゴ」
煮汁のおかげで「白身」が茶色なのは
もはや定番。
へたくそなお店ではゆですぎて
「黄身」が硬く、表面には緑の粉が
吹いていたりするが
やはり、黄色とオレンジ色混じりの
トロッとした「黄身」であって欲しい。

・・というか、ラーメンにおける煮タマゴって
各店ともあんまり特別な差は無いと思われ。
茹でるのにうまい下手はあるだろうけれど
タマゴはなかなか
「オリジナリティ」が出しにくい
分野。

地元に中華惣菜屋さんがありまして
そこには中国は満州地方から移住してきた
女性が切り盛りしてます。

そこでPONが初めて口にした食べ物
「茶卵」(ちゃーたん)

うめ〜。その辺の煮卵なんか目じゃない。
タマゴ好きは病み付きになります。

要するに「ウーロン茶」で「卵」を
煮詰めたものなのですが、
意外に、卵で「差」を出している
ラーメン店は少ないと思われるので
結構、いけるんじゃないかと。
煮詰まっている、ラーメン店主さん。
いかがですか?

中国では気楽に食べられる料理(調理法)ですが
日本人には意外と
まだなじみがない「具材」だし、
一点豪華主義のカップラーメンでも
従来の「煮卵ラーメン」じゃなくて
「ちゃーたんラーメン」として売り出せば
「けんちゃんラーメン」よりも
はるかにヒットすると思うけど。

実現したらどなたか
アイデア料ください。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


茶卵の作り方(茶蛋)

1.大きめの鍋にタップリと水をいれ、湧いたところに
  多めのウーロン茶葉を入れます。茶葉の量は
  葉が開いたときに、茶葉で底が見えない位。
  色は濃すぎて飲めないと判断できるぐらい。
  好みで八角、かすかに感じる程度の塩味を加えても。
2.茶汁が出来たら、必要な量の卵をいれ
  沸騰している状態にして20分程茹でる。
  卵が固まったら、取り出す。
3.カラが上手く割れたら、再び茶汁の中に戻し、
  1時間〜2時間程度弱火で煮込んで出来上がりです。
  卵の割れ目から茶汁しみ込みます。
4.出来た茶蛋を鍋から取り出し,水分を取り除き
  食べますが温かいより冷めた方がよい。


posted by PON at 23:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。