2011年11月27日

「バイオハザードアンブレラ・クロニクルズSIDE A」

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ SIDE A
(角川ホラー文庫) 牧野 修 (著) ¥580

ま、100円だったんでね。上下。
ゲームをとおりいっぺんクリアしたくらいでは
理解出来ない裏設定とかが解ればいいと思って。

あらすぢ
内容(「BOOK」データベースより)
黄道特急の中でゾンビ化した乗客に襲われる
レベッカとビリー。洋館で命がけの戦いをした
クリスとジル。それに続くラクーン市の壊滅。
これらの事件には、すべて巨大企業アンブレラ社が
関わっていた。そして裏で暗躍する男、
アルバート・ウェスカー。生物をゾンビ化させる
ウィルスと、ウィルス全滅をかけた人類との
知られざる戦いのすべてと謎が、今明かされる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
牧野 修
1958年大阪府生まれ。大学卒業後、雑貨屋主人、
コピーライターなど様々な職業を経験。
99年『スイート・リトル・ベイビー』で
第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作

************************

あのメンドクサイゲームをやらなくっても
バイオハザード0、1、2、3あたりを
追体験できる。
(ハンクも出てくる!豆腐の出番はさすがないけれど)
利点はそれくらい。

牧野センセイ・・なんてやっつけ仕事なんだろう。

一冊5ミリくらいしかない。
こんなの上下巻にしなよ。角川もさ。
それに一冊580円で販売。
まったくもってヒデエ会社だ。
というかゲームファンがなめられているんだ。
一般人は買わないだろうし、コアなファンなら
買うだろう・・と。



バイオハザードアンブレラ・クロニクルズ SIDE B
(角川ホラー文庫 (H66-12)) 牧野 修 (著) ¥580

んでこっちが下巻。・・これもつまんね。
ゲームのキャラの行動(ゲームシナリオ)を
ただそのまま書き下しただけだもの。
牧野さん、こんな仕事で一応小説家名のって
ギャラもらえる訳?

<あらすぢ>
内容(「BOOK」データベースより)
製薬企業、アンブレラ社の陰謀により死人が
ゾンビ化する世界。ラクーン市壊滅後、新たな
陰謀が、アンブレラのロシア工場にて計画
されていた。アンブレラ社の計画、
アルバート・ウェスカーの行動、すべての
思惑がひとつにつながる。黄道特急から始まった
バイオハザードのすべての事件が、今ここに
終結する。カプコンが世界に誇る人気ゲームの
ノベライズついに完結。

************************

ゲームをやったことのある人間なら
ああ、このシーンはバイオ2のあの工場での
エイダとの別れだな・・とか
たしかにゲーム上ではここにケルベロス(ゾンビ犬)が
配置されていたなあ、とか
意味もなく海洋生物ゾンビ(ネプチューン・・ゾンビ鮫)
が泳いでいて・・これまたたまたま水槽が壊れていて、とか
ゲーム攻略手順にひじょーに忠実ではあったけれど。

ゲームをやったこと無い人には、ほぼ拷問に近い本。
とても小説とも呼べない。

久々にバイオでもプレイしてその世界観を追憶したいけど
時間も無いし、ただ攻略本読むのもなあ・・って
キトクな人が仮に、仮にいらっしゃれば、そんな方には
よろしいかも。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。