2011年08月20日

昭和のアニメまんが つぶやき その5

「昭和のアニメまんが つぶやき その5」

<ここまでのあらすぢ>
早い話、オヤジの思い出話。
1966〜1979年まで年代順に追います
今回は【1977年 昭和52年】

※基本的に当時観ていなかった番組は
 そのまま残すのみとす(コメントなし)
※他にも番組と思いますが適宜省略。
※資料性ゼロ。酒飲み話だと思って下さい。
※ファンの人がいたらスルーしてくださいまし。

************************

【1977年 昭和52年】
タイムボカンシリーズ ヤッターマン
→これはねぇもう。改めて語ります。いつか。

あらいぐまラスカル
→これ見てアライグマを飼いたくなったものだが
 奴らは所詮「クマ」なんで

ジェッターマルス
→自分は「鉄腕アトム」ブーム(白黒からの)
 から完全に外れていたんで。そんなに
 昔の子供が熱狂したならば、アトムのリメイク
 なんだろ?観ようじゃないか、なんて当時
 考えてたんだけどねぇ。時は2014年♪
 おいおい、ほんとか?

合身戦隊メカンダーロボ
→正義の味方ロボとはとうてい思えない
 記号≒トゲトゲを持つヘンなロボ。
 毎度毎度いいところで、空から敵のミサイル
 がやってきては邪魔する、という妙な設定。
(だからミサイルが到着するまでに敵メカを
 殲滅する必要があるのだ)
 大人になって調べたら、なんと地球は既に
 宇宙人に占領されてて、敵の衛星から飛んでくる
 ヤツが例のミサイル。しかも弾頭は核!
 ロボは人類最後の希望として作られたので、
 もうヤケクソ。原子力で動く!敵ミサイルは
 地球で原子力が稼動すると感知して発射されるん
 だって。子供にはワカランなそんなの。

惑星ロボダンガードA
→身長200M。一応松本センセイデザイン。
 帽子(主人公が乗るヒコーキ)をかぶらないと
 完全ハゲ頭。話の半分はロボット版巨人の星。
 正体不明(でもみんな知ってる主人公の父)の
 鬼教官に主人公がずーっとしごかれる話。
 ロボット全然活躍しない。

あしたへアタック!
バーバパパ

→東京12CHで突然アニメ化。
 いまでも絵本業界で細く長く生き抜いている。
 CMプランナーあたりがファミリーをアピール
 したいとき、ネタに詰まると時々出してくる。

超合体魔術ロボギンガイザー
→さすがに合体する位のロボは「科学」の
 チカラではないのか? いえいえ
 このロボなんか「魔術」・・。なんだかなっ!

氷河戦士ガイスラッガー
→キャラデザインが多分、石ノ森センセイ。
 キライなんだな。昔から。申し訳ないが。

超電磁マシーンボルテスV
→細かく観ていれば、色々と話は違うんだけど
 10CHで週に一回に、5つのメカが合体して
 敵と戦うという番組が「コンバトラー」以来
 ずっと放送している。この時間、子供は
 こういった番組を観なければいけないらしい
 ・・という義務感が。そこに面白いツマンナイ
 はないのだ。5歳くらいの周囲への認識なんて
 そんなもん。

シートン動物記くまの子ジャッキー
→ジャッキーといえばビューティーペアと
 この番組。やたらと干し肉が食べたく
 なったものだがそれはビーフ・ジャーキーである

アルプスの音楽少女ネッティのふしぎな物語
→存在そのものを一ミリも覚えていない。
 こんな番組あったんか。なんか当時の子供
 番組名をひとまず繋げてみた、そんな感じ。
 「明日のタフネス元気にかけろ!」みたいな。

超人戦隊バラタック
→前述の「ガイスラッガー」とハゲしく混同
 している自分がいる。ロボがカッコ悪杉。
 ドリル持ってますがなにか?

おれは鉄平
→たぶん観ていた。たまーにね。ハリスの風と
 混同していたのかもしれない。あと国松さまの
 お通りだい・・とか。

一発貫太くん(過去に記事あり)
→これは観てました。学研まんがひみつシリーズ
 「一発寛太くんの野球のひみつ」も持ってたし。
 でもイチローになりたかったなら、この時期
 そんな本を読むよりも外で素振りでもすべきだった。

アローエンブレムグランプリの鷹
→♪ひーあんどとー(ヒールアンドトー)
 ふるすろっとー。
 なにげにこの頃は「スーパーカー」ブームと
 被ったんだよなあ。 

新巨人の星
→あんなに大騒ぎした飛雄馬が復活。
 ヤマトもそうだけど「新」がつけば
 世界観にリセットをかけられることを知る。

風船少女テンプルちゃん
→これ好きだった。特にOPとED。
 話の内容は、主人公テンプルちゃんが幼少時
 親の手違いから風船で世界放浪へ。
 旅の途中で楽団を結成。無責任な両親探して
 大空大道芸人を続ける・・たしかそんなだった?

家なき子
ルパン三世(新)

→これが赤ジャケットルパン。ルパン好きを自認する
 自分ですが、実はリアルタイムでは観てなかったのです。
 ヘビロテでやってた4CH夕方の再放送枠で。
 提供は「夕月かまぼこ」「メガネドラッグ」あと
 「文明堂」。黒船モコモコとかもやってたな。
 なにその番組?

超スーパーカーガッタイガー
とびだせ!マシーン飛竜
まんが日本絵巻
恐竜大戦争アイゼンボーグ

→兄妹サイボーグ「愛」と「善」が合体して
 飛び出る巨大ヒーロー。だからアイゼンボーグ。
 解りやす。ドラマ編はアニメでバトルは特撮。
 しかも円谷プロ。そう「ボーンフリー」の
 後番組だったんです。敵は天才恐竜(見た目は
 フツー?のティラノザウルス)だったと思う。

無敵超人ザンボット3
→これもリアルタイムでは観てなかった。友人には
 熱狂的なファンがいて、クローバーの合体オモチャ
 持っていたなあ。自分はスパロボで知ってビデオで
 見たクチ。いやはや人類側は壮絶。なのに敵側は
 遊び感覚で地球侵略していたあたり、力量の差が
 如実に伝わった。

激走ルーベンカイザー
→なんか激走してたよ。うん。

若草のシャルロット
→後半はなんとなく観るの止めちゃったんだけど
 OP曲は好きだった。

まんが偉人物語
女王陛下のプティアンジェ

→2〜3回観たけど終了。たしか小生意気な女が
 ♪アンジェにお任せ〜とか歌ってたな。探偵モノ?

野球狂の詩
→ドカベンもそうだけど水島漫画は全部嫌いでね。
 (特に絵柄が)

またまた続きます。
次回は【1978年 昭和53年】



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック