2007年03月27日

さらば友よ

本日「植木等」さんが亡くなられた。
ドリフの「いかりや」さんに続き
まさにPONにとっての「昭和」だった方が
次々と鬼籍に入ってゆく。
「藤岡琢也」氏も「高松英郎」氏も亡くなったし
年々寂しくなるって感じだな。
ご冥福をお祈りいたします。

************************

「Yheeeah!」

<あらすぢ>

奇妙な友情で結ばれている2人の男が
金庫破りに挑むことになるが、その裏では
美女の巧妙な罠が仕掛けられていた。
フランスのスターで二枚目の代名詞
アラン・ドロンと
ハリウッドスターで野生が薫る
チャールズ・ブロンソン共演の
アクションサスペンス。
劇的なラストシーンが見所。

ちょっと古い映画なんで
演出が陳腐だったり、
何を描写したいのか判らなかったり、
単に画像が汚かったり、
いかにももったいぶった
「ヨーロッパ」的描写が
正直、早く話を進めんかい!ってな
部分もあります。

ケチをつけ始めたらキリがないんですけど。
ラストに行き着くまでは
1960年代のヨーロッパ風景や
服装、もしくは自動車で楽しみ下さい。

この映画の「キモ」はラストにあり。

オチを言ってしまいますと・・
当初反目するブロンソンとアランドロンは
金庫破りを通して次第に意気投合するも
結局女に騙され、アランドロンの方は逮捕される。
ドロンと友人であることが
警察にバレてしまえばブロンソンも
逮捕されてしまうのだが
警察の執拗な追及にもかかわらず
アランドロンは最後まで口を割らない。
警察署内で連行されるドロンと
あくまで参考人として事情徴収を受ける為に
来署したブロンソンが廊下ですれ違うことに・・

連行された男が、通りがかりの男に
タバコの火をもらう。

くわえタバコの一方に
もう一方が手を包み込むようにして
火をつけるのだ。

ただそれだけ。
このシーンのために観客は
我慢して我慢して中盤、中だるみの映画を見る。

adieu.jpg

ブロンソンが低くつぶやき
「いぇーぃ・・・」

ドロンが叫ぶ

「Yheeeah!!」

君は永遠の「男」を見る。



フランス映画・1968年作品
監督: ジャン・エルマン
出演: アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン 他

あと、溢れんばかりに酒が注がれたグラスへ
こぼれないように、何枚のコインを投入することが
できるか?真似して怒られた。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

※以前に書いてあった記事を
 在庫整理も兼ねてアップしておりますが
 本格復旧はまだ先になりそうです。


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

MANDOM - Lovers of the World / 男の世界
Excerpt: It was the time that I was still a primary schoolchild third grader long long time ago. Speaking of ..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]
Tracked: 2007-03-30 11:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。