2006年11月21日

新幹線の妄想

自分が電車(鉄道)に目覚めた頃
世界で一番速い電車といえば
我が国が誇る「新幹線」で
最高時速は「210km/h」だった。

超特急の中の特急だから
最速という意味で「ひかり」
対して各駅停車は「音」じゃ
あんまりだから「こだま」にした・・んだと思う。

いつしか時代は東京〜博多を
6時間強で結ぶことになり
そうなるとJRも「ひかり」をも
超えた優等電車を創設
する必要がでてくる。
ところが
「ひかり」より早いモノは無い、
というのがアインシュタインさんのお言葉
世界で一番頭が良い方が
そう言うのだからそうなんだろう。

結局、人類の知恵は
「ひかり」よりも早いモノを
「人間の精神力」に求めざるを得なかった。

(東条英機みたい・・)
そうです。それが「のぞみ」
たぶん、そんな経緯なんじゃないかな。

でも「ひかり」よりも早いモノが
実は存在するらしいのですよ。
古いアニメファンならご存知の
タキオン
あくまで仮説の域を出ていないらしいのですが。

「こだま」
「ひかり」
「たきおん」

そんな妄想をしていたとき
PONの頭の中で何故か
「たきおん」が「すぺるま」に
入れ替わっておりました。
(理由なんかありませんよ)

「すぺるま」
国家的プロジェクトの超特急列車名に
そういう名前をつけていたら
さすがに国家の品位を疑うけど。
フツー。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

「ノミ」のジャンプ力も
人間の大きさに変換すれば
数十メートルになるように
「スペルマ」の進行速度も
まんざら馬鹿にしたものでも無い
と聞いたような。


ラベル:超特急 新幹線
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。