2012年02月15日

ハワード・ストリンガー

「ハワード・ストリンガー」

ソニーでいちばん偉かったらしい
「ハワード・ストリンガー」さんが退任した。
つーかクビになったという話も聞くが。

彼、いったい何者だったの?
んで何やったの?
8億もかけてソニーにもたらした効果は?

Wikiで見たけど、アメリカではそれなりの
ジャーナリストだったみたいで、
ソニーがアメリカで展開している事業(主に映画)
とかいったショウビズで、それなりに功績をあげ
その上での抜擢だったみたいだ。

結局、経営者でもモノつくりの大家でもなく
ジャーナリストじゃん。
ひょっとしてアメリカの埋服の毒の計とか?
穿ってしまう。

ちょっと古い話だが

落ち目だった「三洋電機」の会長に
いきなり「野中ともよ」氏が就任したときは
さすがに驚いた。
たしか「三洋電機」もどこかの製紙会社同様、
創業者一族が幅を利かす企業だったが、
粉飾決算か、大幅赤字かそれとも不祥事だったか
いずれにしても・・
生まれ変わりましたよ〜
創業者色から脱皮しますよ〜
ってことで、外部から彼女をいきなり擁立したんだと思う。

自分にとって「野中ともよ」氏といえば
12チャンでワールドビジネスサテライトのキャスター
やってた人、という知識しかなかったんで、そんな人に
大企業の会長とか務まるのか?
と、ホントにそう思ったものである。

あれかな、一応TVニュースの中では
いちばんマジメな部類なんで、そんな番組で
彼女は与えられた原稿を読んでただけなのに
(多少は耳年増になるとは思うが)
彼女の口から経済ニュースを聞いているうちに
世の中のオジサマ方が、野中氏=経済通と、
カンチガイしてしまったのではあるまいか?

結局、大した実績も残せず(旦那の経営する
会社が100%三洋電機から仕事を受注するなど
アヤシイ話もあったようですけれど)
彼女は退職してしまった。

こんなの見てもよくわからない。
いわゆる「生え抜き社員」なんか
思いっきりやる気なくしそうな気もするけど。
とはいえ、大手銀行なんかは
次期経営者養成所の一面もあるからな。

とにかくストリンガーさん、名前は強そうでした。
お疲れ。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。