2005年03月29日

「ガラスの雨」対策

「ガラスの雨」対策 都市の「盲点」…
国が総点検指示 福岡県西方沖地震


 福岡県西方沖地震では、オフィスビルから
割れたガラスが落下し、市街地の歩道に散乱した。
発生が人通りの少ない休日の午前中だったので、
通行人への被害はなかったが、大都市の
地震・防災の課題として“ガラスの雨”対策が
浮かび上がった。国土交通省は二十二日、
ビルの窓ガラスの耐震性を総点検するように
都道府県や政令都市に指示することを決めた。
(中略)
ガラスの落下が激しかった「福岡ビル」
 (福岡市中央区、十階建て)は、昭和三十六年に
完成。ビルを所有する西日本鉄道によると、
道路に面した窓ガラス約九百三十枚のうち
約三百六十枚が「一瞬で割れた」という。
 (中略)
現地調査した防災システム研究所(東京都港区)の
山村所長は「一番危険なのは、何か落ちてこないか
と上を見上げること。」


(産経新聞) - 3月23日より

何を今更郵便局・・って感じです。
ジェド豪士が指摘していたじゃないですか。
平賀=キートン・太一氏だったかな??)

「人間を最も効率よく殺傷するのはガラスの破片だ。」
「俺がテロリストならあそこに設置する」


そう言ってビルの吹き抜けのフロワーに爆弾を設置した
テロリストと対決する話がありました。
ビルの爆破が目的というよりも
真の狙いは爆風で効率よくビルのガラスを破壊、
下にいる人間に害を及ぼすという計画。
本当に悪魔の所業としてテロが描かれて
いました。
結局は、テロリストの改心と
ハーシーズチョコレートで難を逃れましたが。

まったく、エリートは漫画見ないのかねぇ。
えへん。
(別にPONが偉いわけではありません)

「パイナップルARMY」より。


posted by PON at 18:54| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
トラックバックいただいたので訪ねてきました。
ホントにガラスは怖いですが、それは既に30年も前に赤軍派などの過激派が企業ビルを爆破していた頃から言われていた事なんですよね。
当時は私の勤め先が銀座だったものですから、対策やら何やら結構大変だった記憶があります。
行政っていうのは昔の事を教訓にしないですね。
Posted by くまぱぱ at 2005年03月30日 22:26
初めまして。
トラックバックいただいたので訪ねてきました。
ホントにガラスは怖いですが、それは既に30年も前に赤軍派などの過激派が企業ビルを爆破していた頃から言われていた事なんですよね。
当時は私の勤め先が銀座だったものですから、対策やら何やら結構大変だった記憶があります。
行政っていうのは昔の事を教訓にしないですね。
Posted by くまぱぱ at 2005年03月30日 22:27
スミマセン。
接続出来ませんでしたというエラーが出たので再送信したら二つ書き込まれてしまいました。
お手数ですが、一つと、このコメントを消してください。
スミマセンでした。
Posted by くまぱぱ at 2005年03月30日 22:33
>くまぱぱ様
当ブログ主宰のPONと申します。
コメントいただきまして
有難うございました!
とっても嬉しいので
このままにしておいてもいいですか?
たくさんあった方がにぎやかですし。

また遊びに来てください!
Posted by PON at 2005年04月01日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。