2007年05月21日

「ジュリエット」伊島りすと

「肉体は死体となった
 ・・雨水に溶ける。消滅する。

 −けれど。」


角川ホラー文庫シリーズお次は
「ジュリエット」伊島りすと氏です。

<あらすぢ>
 日本ホラー小説大賞。第8回大賞受賞作。
沖縄近辺と思われる孤島に、主人公親子が
やってくる。島にはバブル期に建設され、
ついに開業することのなかったゴルフ場があり、
主人公は管理人として住みこむことになった。
島ではタブーとされる「水字貝の魂抜け」を
家族全員が目撃したことをきっかけに、
彼らの周囲には不可思議な現象が起こりはじめる。


文体はたいしたもの。
この作者の経歴は調べていないが
新人とは思えない。
同人誌か、自分のHP上か、
はたまたラノベあたりで
細々と書いていたようなうまさがある。
しかし話は・・というと、
まあ一度読めばもういいかな?といった程度。

ホラー大賞に応募するから
とってつけたような「ホラー」「グロ」シーンが」
あったり。

一応、キーである「水字貝」参考までに。↓
スイジガイ



PON的スコープは
下の上。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

・結局、貝は関係ないのでは??
・その実体化した「思い出」とやらは
 結局消し方がわからんし、主人公一家が
 無事脱出、本土へ戻っても
 「奥さん」や「鳩」や「猫」たちは
 島でフツーの生活をすることになるのでは?
・奥さんは死因が「心臓麻痺」だから
 そんなにスプラッタにならず
 毎回、復活してくれるわけで
 本人の苦しみを無視すればそれもありか?
・崖から自殺した「おふくろさん」は復活しないの?
 思い出ではないの?
・理屈抜きにしても
 14歳の女の子のラノベタイプの「悲恋」系。


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PONさん、初めまして。
TBどうもありがとうございました。
こちらからもよろしくお願いします。

同年代なので「フローネ」とか「セーラ」に思わず反応してしまいました(笑)
Posted by すずな at 2007年05月22日 08:06
>すずな様
こちらこそ、自分の不躾なTBに対しまして
ご丁寧にコメント有難うございます。
御ブログにもリコメントさせて
頂きました。
これからは宜しくお願いいたします。
Posted by PON at 2007年05月27日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジュリエット(伊島りすと)
Excerpt: 第8回日本ホラー小説大賞受賞作品。そりゃ、たしかに「ホラー小説大賞受賞作」だったんだけど、このタイトルに騙されてしまったというのが、読み終わった後の私の感想でした。いやぁ〜、怖かった。気持ち悪かった。..
Weblog: Bookworm
Tracked: 2007-05-22 08:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。