2013年06月07日

へうげもの

「へうげもの」

作者、山田芳裕氏の絵柄
(大げさなくらいパースの効いた絵や
 本気なのか冗談なのか判らないデフォルメ)
が、あまり(全然)受け付けなくって
正直敬遠していたのですが。
講談社の文庫本が
某古本屋で一冊100円*4冊となれば
まあ買ってみても良いかと思いまして。

あらすぢ
『へうげもの』(読みはひょうげもの、
ラテン文字表記はHyouge-mono)は、
山田芳裕による日本の漫画作品、
またそれを原案としたアニメ。
講談社刊『モーニング』にて隔号連載中。

時は戦国時代。戦乱の嵐が日本全土に
吹き荒れる一方で、様々な文化・芸術が
花を咲かせてもいた。戦いに明け暮れる
武人達の間隙を縫い、「美」を愛する
数寄者(すきもの)たちは、武人達と同様に
己の命を懸けて至高の「美」を追い
求めていた。

利休の死後、その後を継いだ弟子の
古田織部は・・

************************

う・うーーん。微妙。
文庫4冊で、千利休が自身のハラキリに通じる
不穏な動きを見せるところまでは読むことができた。

面白いとは思うけれども、自分には
定価を払ってまで読む程には感じられなかった。
中古本で充分。



相変わらず、知らないからこその
怖いものシラズで
好き勝手に書かせていただきますが・・
自分は千利休そのものがキライ。
(この漫画においての「千利休」のこと)

嫌いついでだ、「細川忠興」も嫌い。
(こちらは史実の方が嫌い)

この漫画の存在によって、ゲームノブヤボプレイで
古田織部を重用するかといえば・・否であるし。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。