2013年10月13日

結局 シェンムーって何だったの?

結局 シェンムーって何だったの?

父親が殺されたにも関わらず
お手伝いさんからもらう小遣いで
ゲーセンで遊び、ガチャガチャをやり
近所の奥様の立ち話に耳を傾け
横須賀のドブ板通りを歩き
ヤンキーをノシ、米兵をノシ
港で「荷揚げ」の仕事を経験。
「フォークリフト」でレースもやった。

ときどき思わせぶりにエスニックな衣装の
女の子がフラッシュバック。

中国では「三つの刃物」を職業を
マスターしていれば喰いっぱぐれがないとか
余計な情報を身に付けたのものこのゲームで。

(三把刀(さんばとう)
 昔の中国の華僑の間で使われた言葉。
 料理人(包丁)、裁縫師(鋏)、理髪師(剃刀)
 この3つの刃物のうち、どれか1つでも
 一人前に扱う事が出来れば世界中
 どこに行っても生きて行けると言う意味)

で、やっとホンコーンに上陸するも
第一部でせっかく集めた金やらコレクションやら
キーアイテム「紋章?」やらは
いきなり現地のストリートチルドレンだかに
ヒッタクリにあって全部失う主人公。
(とても武道家とは思えない)

で、慣れない異郷の地でいろいろあった挙句
舞散らばる「葉っぱ」を
動体視力と卓越したコントローラーさばきで
どうにかしなければならない・・というところで
さすがに嫌になって挫折。

その頃、ちょうど自分の人生にも転機があり
そのままドリキャスは
文字通りお蔵入りして現在に至ります。

なに?そのゲームと
知らない方はそう思われるかもしれませんが
そう、ファミコンの迷作「たけしの挑戦状」を
大がかりに作ってしまった(そして会社が傾いた)
そんな作品でした。



お、そうだ。当時シェンムーUを
某君から借りっぱなしだった。
今さら返されても困るかな。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


ラベル:シェンムー
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。