2013年06月22日

るろうに剣心(実写)

「るろうに剣心(実写)」

「損得で動ける人ならば
 とっくに陸軍幹部になっているお人だ」


るろうに、ジャンプの人気漫画だったと
言うことくらいは知っていたけども
このたび、妻がレンタルしてきたので観劇。

映画のストーリーだけ見れば、
邦画の時代劇によくある展開である。
いや剣心に限らずジャンプ漫画の王道
「努力」「友情」「勝利」ってパターンは
そもそも東映任侠映画あたりに
あるんだと思う。

あらすぢ
幕末の動乱に揺れる京都に名を轟かせる一人の
暗殺者がいた。名は緋村抜刀斎。その神速の
剣技と驚異の暗殺成功率から『人斬り抜刀斎』の
通り名を持ち、幕府要人や佐幕派の武士達を
震撼させていた。

それから10年の月日が流れ、時は明治11年。
抜刀斎は剣心と名乗り、以前とは打って変わって
人の命を奪うを良しとせぬ
『不殺(ころさず)の誓い』を掲げ、
日本各地を旅しながら、か弱き人々を
剣の力で守り助ける流浪人(るろうに)として、
穏やかな日々を送っていた。
剣心が東京に流れ着いた頃、巷では二つの事件
が進行していた。一つは中毒性の高い新型阿片
の密売。もう一つは“神谷活心流 人斬り抜刀斎”
を騙る辻斬り。

************************

なかなか面白かった。
ただ、原作を読んでみようかな、とまでは思わず。

映画の内容はものすごく健さん邦画チック。
RPG的展開なところはいかにもジャンプっぽい。
中ボスも用意しているしな。

キャラクター別にキャッチコピーがあるようで・・。

◆優しいヤツほど気をつけろ。(緋村剣心)

「でゴザル」の連発には「ハットリ君かよ」、と
軽く突っ込みつつ、
主人公「剣心」を演じるのは「とんび」の佐藤。
やっさんが精魂込めて育てた結果が「剣心」。
さわやかで、華奢な体つきだが
(沖田総司役とかもやらされそう)
どうも彼の眼には違和感を感じる。
油断ならないというか、うまく言えないけれど。

まあいいや。彼の持つ獲物。
人を殺さないための「逆刃刀
どうもナマクラ刀のようだけど、
切れているときもある。
どうやって戦意が亡くなるのか。

 <Wiki先生より>
「逆刃刀」・・主人公・緋村剣心が所有する
 日本刀。通常の刀とは刃と峰が逆向きに
 打たれた構造。
 普通に使用すれば常に峰打ちの状態となり
 殺傷力を持たない非致死性兵器として機能。
 もちろん逆側の刃を使えば斬ることができる。

ここでいう「斬る」とは
殺すことであり、戦闘力を無くすだけなら
「斬る」ではないみたい。

ラスボス観柳斎のガトリング砲の前に
一瞬降参する剣心。
そのしぐさがちょっとかわいかった。

ワイヤーアクション多用、CG補正と早回し。
一応、スタントは使っていないとのこと。
比べては申し訳ないけれど
ジャッキーチェンの後継者は現れそうにない。



◆人の心が、いちばんこわい。(武田観柳)
見事なまでに敵役、悪徳商人。
明治維新のどさくさで大儲けした彼は
今度は「アヘン」を国内流通させて
闇の帝王になるべく暗躍する。

演じる香川照之氏はすっかり「ムキ歯演技」を
自分のものにしてしまった。
彼は知的な「ココ」のおかしい悪役が似合う。

◆死に様が、生き様だ。(鵜堂刃衛)
映画「サムライ・フィクション」にて
どこかとぼけた「剣豪」をホテイ氏が
演じたことがあるので
今回のシンバルキック氏(吉川晃司)が
悪の剣豪「鵜堂刃衛」を演じたことにより
ヤバい剣豪そろい踏みですな。

◆恐れを知って、愛を知った。(神谷薫)
ネットでは「剛力」姉さんの
キャスティング可能性が恐れられていたようでしたが
ふたを開けてみれば「武井咲」。
キレイどころですから旬の女優をってことで。
キホン誰でもよいのですけど。

◆愛なんか、愛なんか。(高荷恵)
ふらりと味方陣営に迷い込んできた
素性不明の美人、暗い影のある女「高荷恵」
演じるは「蒼井優」
中国では人気女優なんですって。
なるほど大陸が気に入りそうな顔・・に見える。
彼女、今後も更に年を重ねた方がいい女優になりそう。

◆正義が、どうした。(相楽左之助)
敵拠点への殴り込みを「剣心」独りじゃ
物理的に荷が重い。
でパーティーを組んだのが喧嘩屋
「相楽左之助」、演じるは
ちりとてちんの兄弟子「青木崇高」。
技術はないが怪力で勝負。
彼専用の中ボス(演:須藤元気)も
きちんと用意されています。



◆弱さは罪だ。(斎藤一)
元新撰組、現明治政府の警察官である
斉藤一役を江口洋介が演じる。
いちいちカッコいいではないか。

クスリ(アヘン)などを
日本国内に持ち込ませなかった
明治政府の統治者の
先見の明には頭が下がる。

◆かならず、帰る。(全体)

るろうに剣心
RUROUNI KENSHIN

監督 大友啓史
脚本 藤井清美/大友啓史
原作 和月伸宏
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
製作 久松猛朗
畠中達郎
茨木政彦
高橋誠
内藤修
喜多埜裕明
製作総指揮 ウィリアム・アイアトン

出演者
佐藤健
武井咲
吉川晃司
蒼井優
青木崇高
綾野剛
須藤元気
田中偉登
奥田瑛二
江口洋介
香川照之

音楽 佐藤直紀

主題歌 ONE OK ROCK
「The Beginning」
撮影 石坂拓郎
編集 今井剛

製作会社 「るろうに剣心」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2012年8月25日
上映時間 134分
製作国 日本

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ラ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【映画】 るろうに剣心
Excerpt: 懐かしいタイトルが実写映画化という事で、少年ジャンプ連載中に読んでいた自分としては嬉しかったですね。 剣術アクションは普通に見られるレベルだと思いますし、主な登場人物は押さえてありますし、ファンもあ..
Weblog: REAL LIFE
Tracked: 2013-11-02 00:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。