2014年08月07日

アフロ田中

「アフロ田中」

「ビッグコミックスピリッツ」で
連載していた(いまは休載?)漫画が原作。

当初は絵がヘタクソ&手抜き感満載
真っ白な中に荒々しい線だけが走る・・
そんなイメージの絵だったけど。
段々女キャラをそれなりに魅力的に
描けるようになってきてから
話に説得力(笑)が生まれるようになった。
なんだかんだ言って10何年連載してた
気がする。

ご存知な人も多いでしょうが
主人公、田中の人生の立ち位置によって
漫画の題が変わる。
「高校アフロ田中」(連載開始時)
「中退アフロ田中」(高校中退後)
「上京アフロ田中」(上京後)
「さすらいアフロ田中」(会社を辞めた後)
作:「のりつけ雅春」氏

あらすぢ
強烈な天然パーマのアフロヘアーがトレードマークの
田中広(松田翔太)は軽いノリで高校を中退し、自由
を求めて上京する。しかし仕事はきつく、24歳に
なっても彼女もできない現実に打ちのめされていた。
そんな折、学生時代の友人が結婚するという知らせが
届き、とある約束を友人と交わしていたことを思い出
した田中は、早く彼女を作ろうと焦っていると、隣に
完ぺきな美女・加藤亜矢(佐々木希)が引っ越して
きて……。

************************

映画を観てて痛い。
痛い映画、というのもあるけど
ジブンの過去をえぐられているようで
心が痛いw
思春期、特に道程街道真っ最中の頃は
あのキョーレツな焦燥感、判ります。

比較的初期のエピソードを映画アレンジ。
何せ映画は2時間しか尺がないなので
中退、勝手に自室プレハブ設置
そして上京まで行ってしまう。

原作では「メガネを外すと実は美人」的
漫画的手法で処理されてる
ロボ(本名:二階堂麗子)という女性キャラがいる。
彼女は、田中のおバカ仲間のなかで
最初の既婚者になる、井上(演:駒木根隆介)の
嫁で、極度のコミュ障(ホントはそれ程でもない)
で、出会いのバイト先の作業が正確無比で
ロボットのようだから、井上が内心そう呼んでいたが
いつの間にかオフィシャル呼称になった。

普段は、揃えた前髪で目のパーツが見えない。
ちらちらと要所では、それなりに美人らしき
描写が伺える。
これが実写ではどう処理されるのか
ちょっと興味があったのだけど
二階堂麗子を演じるのが「山田真歩」

あらまあ、「花子とアン」で
変人作家の象徴である宇田川先生
じゃないですか。
飛びぬけて美人でもないけど
道程の田中君が焦るくらいには
まともな容姿の女性なんで
ナイスキャスティングといえましょうか。
(デブでいるだけで暑苦しく
 そのうえ狡すっからい井上役の
「駒木根隆介」もナイスキャスト)

美人といえば、やはり
かわいすぎなのが「佐々木希」
演技力とかアドリブ力とか
過去ヤンキーだった噂とかどうでもいい。
絵面の”華”としてそこにいてくれればOK。
そんな美人が田中に惚れるというのは
これはもう映画以外の何物でもないけど
そういう映画なんだからヨシ。

そうそう、田中の道程を奪うことになる
いんらん娘も実写で見たかったなあ。
(田中の母親役が「辺見えみり」なのが・・
 彼女こそ”いんらん娘役”が
 ふさわしかったのでは)

もう一人、おバカ仲間で
卒業後、移動インスタントラーメン店を
自営する、これまたブ男の大沢みきお役が
インパルスの堤下。
これはまあ芸人枠として
フットボールアワーの岩尾でも
ハライチでもバナナマンの片っぽでも
いいかな、と。



ラストは青春ものとして
無理矢理「お涙ちょうだい」
俺たちの青春はこれからだ〜で幕。

アフロ田中
監督:松居大悟
脚本:西田征史
原作:のりつけ雅春『上京アフロ田中』

出演者
田中広 - 松田翔太
加藤亜矢 - 佐々木希(オリジナル)
大沢みきお - 堤下敦(インパルス)
岡本一 - 田中圭
村田大介 - 遠藤要
井上真也 - 駒木根隆介
ユミ - 原幹恵
吉岡幸子 - 美波
鈴木シンジ - 吹越満
西田シンジ - 皆川猿時
二階堂麗子 - 山田真歩
吉田さなえ - 井村空美
田端かおる - 伊藤修子
居酒屋合コンの女性 - あやまんJAPAN
教師 - 長塚圭史
サッカー選手 - 武田修宏
結婚式の司会者 - 佐藤二朗
田中の母 - 辺見えみり
旭工務店社長 - リリー・フランキー(オリジナル)

音楽:笹井章
主題歌:鶴「夜を越えて」
撮影:小林元
編集:相良直一郎
製作会社:「アフロ田中」製作委員会

配給:ショウゲート

公開:2012年2月18日
上映時間:114分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック