2014年10月07日

高畑充希

椎名ひかり、に
唐橋ユミ、と騒ぎましたので
今度は高畑充希さん。

自分も知ったのは例の朝ドラ
「ごちそうさん」でした。
そん時はなんかイマイチ・・と勝手に
思っていたんですけど
いやいやどうして、あにはからんやetc・・
いいじゃないの〜(すみません、自分43歳です)

特に今やってる大河ドラマ。
軍師官兵衛で、官兵衛の息子「長政」の
嫁さん、「糸」姫として頑張っている。

この糸姫、出自は秀吉の古参の部下
「蜂須賀小六」の娘で
ドラマにもあったけど、秀吉配下の部下の家同士
結びつきを高めるための半分以上政略結婚。

なもんで、姫は一度蜂須賀の家から
秀吉家の養女となり、黒田家へ降嫁した。
養女とはいえ秀吉の娘なら無下にもできまい。
ところがこの発想が後に仇となる。

ご存じの通り、その後秀吉が死に
関ヶ原の合戦があって、徳川家康の天下がやってくる。
こうなると、黒田長政にとって「糸」姫がジャマだ。
秀吉の娘だし、実家は蜂須賀家だから
黒田家にとってあんまりメリットないし。
だから長政は蜂須賀の姫と離縁
家康配下の娘と再婚する。

糸姫にはなんか落ち度があったわけではないらしい。
無理やり離縁の上、実家(阿波)へ帰された。
そりゃ怒るよなあ、蜂須賀家。
てなわけで、黒田家と蜂須賀家は
江戸時代中、絶縁状態に突入するのであった。
だからオレ、黒田長政って嫌いなんだよなあ。
(ちな、武将で一番嫌いなのは細川忠興)

長くなりましたが、そんなことを念頭に
高畑充希ちゃんの笑顔を見ると
可哀想でならない。

でもこの騒動、家康の方がかなり無理やり
進めたものであるらしいんだな。


えーと、高畑充希ちゃんのお話でした。

ついでに武田鉄矢のバンド、海援隊より
二流の人
黒田官兵衛苦笑い〜。


************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。