2014年10月21日

閣僚が続けて辞任

小渕大臣が辞任した。

ものすごく気位の高い
お嬢さん、って感じだ。
マスゴミや野党からの追及に対して
真正面からぶつかってゆく。
ご当人はその姿勢こそヨシ!と思ってるのだろう。
「私は悪くない。
 正々堂々していればいいの
 ミスったのは後援会なんだから・・」
なんか行間にそんな気持ちが聞こえるような答弁。

あれじゃあ大臣として、国会議員としての
資質がない。残念ながら。だからやめて良かった。

あそこはトボけなきゃ。徹底的に。
それができないようでは、
経産相としてオリジナリティある仕事は無理。
海千山千の経営者や官僚相手に、
持論を押し通すこともできない。
(持論を持っていればの話だけど)
言われるままにハンコを押すくらいが関の山で
ましてや外国相手に交渉事なんか任せられない。

それと”うちわ”で辞任した法務大臣も。
「いいわよ、辞めます。
 もともと法務大臣なんか
 総理にお願いされてやることになったんだし・・」
ってな空気。

ミンス党もなに考えてんだろ。
「ヨシ!鬼の首を二つもとった!
 これで次の選挙では党勢を取り戻せる」
なんて、ガチで考えているんだろうか。
だとしたらオメデタすぎる。

今この情勢下で安倍内閣の足を引っ張るってのは
それこそ日本がキライだからとしか思えない。
これからもネチネチと任命責任やら
追及するらしいが
国会なんだからもっと大事なことを
話し合わないと。

まして直接追求したのがあの”レンホー”さんだ。
特定アジアの闇の手でもあったんじゃないかって
勘ぐりたくもなる。

別に彼女らを擁護するつもりはないけど
政権へのダメージは大きいとか
事に寄せてマスゴミは訴えているが
それ程のことか?



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 20:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(哀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。