2014年11月10日

気になる漫画

「気になる漫画」

最近はかなりご無沙汰になってしまった
漫画であるが・・一応気になっている奴を
忘備録的に記述しておきます。
中には完結してしまったやつもあるみたい。
なんか・・自分の飛びつく趣向が解かって
面白い。アブねー奴のようです俺。

「武装島田倉庫」 
鈴木マサカズ 作:ビッグコミックスペリオール
・異界へ!高純度荒廃未来冒険譚、堂々開幕。
  前代未聞興奮必至!荒廃未来冒険譚
 (ディストピアアドベンチャー)、始まる!!
 長い長い戦争が終わりを告げ、17年の時が過ぎた。
 地上に残されたのは化学兵器や放射能によって
 汚染された街で運送屋に就職する主人公・・。

→椎名誠の原作小説をコミック化したもので
 あるらしい。原作も未読なので何とも言えない。



「蜜の島」
 小池ノクト 作:モーニング KC
・死んだ戦友・貴船の遺言−−。それは
 「東京にいる妻と子を、妻の故郷の島
 まで送り届けてくれ」というものだった。
 貴船の妻は既に亡く、南雲は幼い娘ミツを
 連れて“島”を目指すが・・。

→初回だけ雑誌で読んだ記憶がある。
 絵柄が古くて(敢えてだろうが)いかにも
 戦後すぐのエログロカストリ?デカタンス
 ワールドが期待できそう。いいよね。
 他人が勝手に入れない地方の孤島。
 そんなとこ行きたくないけど。



「亜人」
 桜井画門 作:good!アフタヌーン
・「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。
 高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、
 その直後に生き返った。それは、彼が亜人で
 あり、人間ではないことを意味する。

→まだ連載中なのかな。コンビニの漫画棚でも
 新刊が出るたび並べられているから。



「鋼鉄奇士シュヴァリオン」
 嵐田佐和子 作:ビームコミック
・最終回の“その後"を生きるヒーローの物語。
 最強の敵・デスユニバースを倒し、町に平和を
 取り戻したヒーロー・シュヴァリオン。
 メンバー達はそれぞれ日常へと戻っていくが、
 ただひとり、リーダーの烈人(れっと)だけが
 人間の姿に戻れなくなっていた・・。
http://ameblo.jp/toraieisu/entry-11515564576.html

→いいなあ。コミックビーム。テルマエも
 そうだけど、クチビルだけでなく「O村」編集長の
 漫画を見抜く眼力が凄いのかもしれない。



「蒼き鋼のアルペジオ」(コミック版)
 Ark Performance作:ヤングキングコミックス
・突然、世界各地に「霧の艦隊」と言われる
 謎の超兵器を搭載した戦艦群が出現。人類は
 その艦隊になす術無く敗戦するが、人類に味方する
 潜水艦が現れる・・。

→これを自分が知ったのはある日突然
 ホビージャパン上で痛車ならぬ痛軍艦の
 作例が増えたから。痛すぎる座は艦コレに
 譲ったようだが。Ark Performance氏は
 絵がうまい。



「pupa」(ピューパ) 
 茂木清香 作:月刊コミック アース・スター
・ずっと2人で生きてきた長谷川現と夢。過酷な現実の
 中でも支えあい続けてきた兄妹は、未知のウィルス
 「pupa」によって更なる絶望に堕ちていく。感染
 した人間を醜い怪物に変えてしまうpupaウィルスに
 侵された夢の怪物化を止めるため、現は自分の身体を
 妹の生き餌として一生捧げ続けることを決断する…。

→”究極の兄妹愛”なんだって。何度でも生き返る
 アニキは怪物化する妹にその身を捧げるらしい。
 不死身でも生きながら喰われているときの
 痛覚は健在らしいから・・いやはや。
 連載は終わったのかな?



「ミュージアム」
 巴亮介 作:ヤングマガジン
・超戦慄猟奇サスペンスホラー、絶望大解禁ッ!!!
 雨音に抱かれし、“6月の蛙男”現るッーーー‥‥‥。
 ”私刑”という名の無慈悲な裁きを執り行うために。

→もともと短編で終わらせる趣向だったようで
 もう連載終了した様子。カエルのお面を被った
 犯人が、私刑で死刑にする。死刑は猟奇的で
 方法様々だが、後から見ると理由がそれなりに
 一貫してあるんだとか。犯人的には。



以上。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。