2015年02月06日

ダイ・ハード2

「ダイ・ハード2」

12チャンネルの「午後のロードショー」
クリスマス映画スペシャルだとかで
「ホームアローン」なんかと並んで
放送していたので久々に観賞してみる。

関係ないがこの「午後のロードショー」枠
ジブリとコナンしか放送しない日テレや
レインボーブリッジを封鎖しては
海猿が活躍するフジテレビ等、
映画の本質を忘れちゃってる
放送局ばっかりの中、さすがの12CH。
映画が娯楽であり、テレビのスペシャル
コンテンツであった名残を今に残す。

そう、B級だろうがなんだろうが
とにかく”映画”と名がつくものは
すべて垂れ流し。そんな垂れ流しの中から
掘り出し物を見つける
のが楽しいんじゃないか。

あらすぢ
ロサンゼルスのナカトミビルをテロリストが
占拠した事件からちょうど1年後のクリスマス
すっかり有名人になったジョン・マクレーンは
妻のホリーを迎えに雪の降るワシントン・ダレス
国際空港にやってきた。空港内で不審な男2人組を
見かけたマクレーンは、荷物室で2人が何やら
不穏な動きをしていたところへ声をかける。
すると男たちはいきなり拳銃を発砲してきた。
マクレーンは応戦して銃撃戦になり・・。

************************

もう25年前の映画ですよ。
そういや楽しみにしてたなあ。
あの”ダイ・ハード”の
続編がまた観られるってんだから。

今観ても充分面白いんだが
あの頃はそんなものかとスルーしてたのに
実は割とふざけた描写も多い。

たとえば・・輸送機に閉じ込められた
ブルースウイルス。
輸送機の外は敵の兵士が
雨あられの弾丸。
あげくに破れた窓から
投入される手りゅう弾!
慌てふためくブルース。
ハラハラする観客!
でも全然爆発する気配を感じさせない手りゅう弾。
こんなブルースウイルスの運命や如何に!?

結局、彼はバクハツするコクピットから
脱出装置を使い、座席ごと脱出に成功。
近場に座席ごとパラシュートで着地するや
ようやっと味方勢力もやってきて
テロリスト一味は逃亡。
九死に一生を得る。

さっすがあ我らがブルースウイルス。
そこまで爆発しない手りゅう弾を
一体どうやって手なずけた?
っつーかそもそも輸送機のコクピットには
脱出装置なんか無いでしょうに。

どかーん、ぼかーーん、といろいろあって
例のエンディング。
(漏れ出す航空燃料に引火すると
 ほんとあの導火線のように
 燃えるもんなんだろうか?)

ブルース・ウイルスが叫ぶ。
イッピー・カイエー
なんだそれ?
(検索してみたら
 カウボーイが使っていた感嘆符
 " Yippie-ki-yay"なのだそうだ)



そしてエンドロール。
綺羅星のごとくズラズラと並ぶ声優さんたち。
(みな鬼籍に入ってゆくなあ)

堀勝之祐
内海賢二
石田太郎
田中信夫
江原正士
田中亮一
麦人
増岡弘
納谷六朗
佐々木優子
秋元羊介
久保田民絵
西村智道
小野健一

以下略

どうですかこの豪華声優陣。

関係ないけど
ブルース・ウイルスと
デミ・ムーアの娘、
機会があったら
画像検索してみてください。
かなり残念すぎるセレブ娘ですよって。

ダイ・ハード2
Die Hard 2: Die Harder

監督:レニー・ハーリン
脚本:
ダグ・リチャードソン
スティーヴン・E・デ・スーザ
原作:ウォルター・ウェイジャー
『ケネディ空港/着陸不能』
製作:
ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
チャールズ・ゴードン
製作総指揮:マイケル・レヴィ

出演者:
ブルース・ウィリス

音楽:マイケル・ケイメン
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:スチュワート・ベアード
配給:20世紀フォックス
公開:アメリカ 1990年7月4日
   日本   1990年9月21日
上映時間:124分
製作国:アメリカ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413093207

この記事へのトラックバック