2015年05月27日

エアポート'77/バミューダからの脱出

「エアポート'77/バミューダからの脱出」
(Airport '77)

午後ロードショー<金曜版>にて放送。
”金曜版”ってよくわからんけれど
たしかに金曜日ってプチ豪華映画が
無料で観られる日ってイメージが
刷り込まれてきた我が世代。
そんなイメージ戦略なのかな。

三昔くらい前に流行った
”オールスターパニック映画”で
オールスターが雁首並べて
大変な事態に対応するハナシの姿勢は変わらず。
前作が「エアポート'75」
(ジャンボにセスナが衝突する奴)で
次作が「エアポート'80」
(コンコルドがミサイルに狙われる奴)

日本にもかつてありましたね。
総理は”山村聡”か”丹波哲郎”
科学者代表が”大滝秀治”
で、現場のプレイングマネージャーが
千葉真一とか渡瀬恒彦とか。

あらすぢ
「大空港」から始まった「エアポート」
シリーズ第3弾。ハイジャックされた
ジャンボ機が“魔のバミューダ三角海域”に
不時着。次第に沈んでいく機体からの
決死の救出劇を描くパニック映画。

************************

黒人男性はみなアフロの
OJシンプソンばっかりな時代の映画。

全2時間中、30分で状況説明、人物紹介。
犯人行動開始 → 墜落 
→ ごーかいな海水がヒコーキを襲う。

なお、ここまで
「魔の」バーミューダーいっさい関係なし。
墜落にあたってバーミューダーが
なんか悪さしたわけでもなく
生き残りがオカルト的なバケモノの
餌食になる・・とかいった要素もゼロ。

→ 航路を離れて墜落したので
 いつ捜索されるかわかんない
→ 発信機付折り畳みゴムボートをもって
  機長が一足先に脱出
→ 見つけてもらえた
→ さてどうやって救出するか・・・

犯人どもが結構おマヌケ。
ネタバレすると・・副操縦士も含めた
犯人グループは、理由をつけて機長を
コクピット外へ出させるや、催眠ガスを機内に散布。
機内の人間が眠っている内に
副操縦士がバーミューダー海域の無人島に着陸。
ジャンボに積んでる金持ちのドーラク宝物を強奪
犯人たちウハウハ・・という計画だった。
ところが、本土のレーダーから逃げるべく
超低空飛行をしていたところ
バーミューダー海域は霧が濃く
なにより副操縦士が操縦ヘボだったため
突然現れた海上石油掘削基地と衝突!
ヒコーキは海に墜落してしまうのだった。
犯人たちはほぼ全滅。目覚めた生存者たちは
機が海中にあることに気がつく。
残り空気はあとわずか。どーすんのこれ?

主人公の機長がスーパー過ぎだが
こういう人がいないと映画がいつまでたっても
終わらないからこれでいいのだ。

機長が発信機付折り畳みゴムボートを
海上で展開するため
一部水没している機内を通って
脱出口を目指すプランを披露する。

機長ひとりで行かせるより
二人で行けば成功率が二倍だろ?と
同行を申し出るお客さんに
クリストファー・リー=元吸血鬼!
(あるいは・グランドモフターキン)

そんな勇敢なダンナを罵る妻。
こいつがホントムカつくヒスオバハンで。
”仕事と私のどっちが大事”的な
回答を迫るこまった奴と書けば
わかっていただけるかと思うが

「あなたが行かなくてもいいじゃない。
 私たちが動く必要なんかないわ!」

返す夫クリストファー・リー
「そういう考え方が
 こういった事態を招いたんだ」

でも、嗚呼そんなスバらしい夫なのに
機長とは逆に、てんでマヌケな死に方を
披露することになる。
前世(吸血鬼もしくは帝国の最高幹部)の
行いが悪かったからだろうか・・合掌。

昔のオールスター映画なんで
ある程度の洋画通でないと
どこら辺がオールスターなのか
全部は解からないかもしれません。主に俺。

でも吹き替えの声優さんが
オールスター、というより時代を
感じさせます。
画面より一部抜粋いたしますと・・

榊原良子
千田光男
梨羽由記子
郷里大輔
西村知道
屋良有作
片岡富枝
堀内賢雄
沢木郁也
堀越真己
喜多川拓郎
大塚芳忠
羽村京子
弥永和子
此島愛子
阪  脩
藤波京子
村瀬正彦
坂口芳貞
渡部 猛
池田 勝
大木民夫
増岡 弘 

うーん。渋すぎオールスター。

この映画のウリ?としては
最後の方で海軍潜水艦救出部隊の皆さん
(マッチョばかり)のおケツが拝める。
オレは見たくないけど。


このイラスト、下手すぎ。
ジャンボが歪んじゃってるぞ。

エアポート'77/バミューダからの脱出
(Airport '77 )

監督:ジェリー・ジェームソン
脚本:デビッド・スペクター
   イケル・シェッフ

製作:ウィリアム・フライ
製作総指揮:ジェニングス・ラング

出演者
ジャック・レモン
リー・グラント
ブレンダ・バッカロ
ジョゼフ・コットン
オリヴィア・デ・ハヴィランド
ジェームズ・スチュアート

音楽:ジョン・カカバス
撮影:フィリップ・ラスロップ
編集:ロバート・ワッツ
   J・テリー・ウィリアムズ
配給:ユニバーサル映画
公開:アメリカ合衆国 1977年3月11日
   日本      1977年4月23日
上映時間:113分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419675641

この記事へのトラックバック