2015年10月01日

最近の護衛艦(軍艦)について

「最近の護衛艦(軍艦)について」

早くも10月突入です。

はた、と気がついたのだが
海上自衛隊のヘリ搭載型護衛艦と
呼ばれる奴には、船体後部に
ヘリ格納庫がございます。
その格納庫の出入り口は
フツーに蛇腹のシャッターなんだよね。

そりゃ民間の倉庫や店舗に用いられる
シャッターよりかは
はるかに頑丈なんだろうけど
シャッターはシャッターなわけだ。

シャッターならばどこまでいっても
装甲の代わりにはナラナイヨナァ・・(小声)

もう最近の軍艦は、
ブ厚い装甲で生き残ろう、とか
そういった考えを一切放棄、
当たってしまったらもうそれまで、と
実に割り切っていることが解かります。

ちなみに自分がお気に入りの護衛艦は
”はたかぜ”型です。
(バブルの頃、イージス艦導入前に
 建造されたミサイル搭載護衛艦。
 5隻作られるはずがイージス導入決定により
 たった2隻で製造終了しちゃった
 かわいそうな船。ヘリは搭載できません)



現代艦船にしては非常に”無骨”な感じで
後ろにも大砲背負ってる姿がなんとも。

海上自衛隊HPより。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


ラベル:護衛艦 はたかぜ
posted by PON at 21:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。