2015年10月04日

大巨獣ガッパ

「大巨獣ガッパ」

何をトチ狂ったか
NHKBSプレミアムシネマにて放映。
息子と一緒に飛ばしながら観賞実施。
全90分の作品が30分で終了する。
普段だったらオヤジのこのモノグサ観賞に
文句を言うハズの小学三年生の息子も
全然モンク言わなかった。
それくらい、特撮シーン以外は
見るべきところが無い、
ある意味すげー映画でありました。

あらすぢ
記者の黒崎らは社長の命を受けて、テーマパーク
の生物採集のため、噴火中のキャサリン諸島
オベリスク島に上陸。謎の石像に辿り着くが、
地震によって石像は崩壊、その跡には洞窟が
出現する。中には地底湖があり、巨大な骨や
謎の大きな卵があった・・。
卵から孵った子ガッパを、島民の反対を押し
切り日本へ連れ帰るが、子供が居なくなった
ことに気づいた親ガッパは猛烈に怒り狂い、
ついに日本に襲来する。
日活の唯一、最初で最後の本格的怪獣映画。

************************

石原〇次郎を使って当時、人気あった青春映画を
大量生産していた日活のスタッフ。
そんな彼らに日活の社長がまさに鶴の一声。
「今はどうやら怪獣ブームらしい
 とにかく怪獣映画を作れ!
 しかも短期で。なお予算はありません!」
天の声に逆らうよりは
映画の出来はともかく、作ってしまえ!
そしてまたいつもの自分たちのフィールドに
もどれば社長も文句言わんだろ・・。
映画の端々からそんな空気が伝わってきた。

ゴジラの東宝(1954〜)
ガメラの大映(1965〜)
ギララの松竹(1967年)

それじゃ一丁俺たちも・・
で、作られたのがコレ(1967年)



開始の三十分。これがまあ・・眠くって。
60年代に日活が連発していたらしい
青春映画路線ってこんなだったんだろうなァ・・
と楽しむことはできました。



大巨獣ガッパ

監督:野口晴康
脚本:山崎巌/中西隆三
出演者:
川地民夫
山本陽子
和田浩治
藤竜也
町田政則

音楽:大森盛太郎

主題歌:「大巨獣ガッパ」;美樹克彦

撮影:上田宗男
編集:辻井正則

製作会社:日活
配給:日活
公開:1967年4月22日
上映時間:84分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427078354

この記事へのトラックバック