2016年03月04日

バカボンのパパ

「バカボンのパパ」

先日の営業中、車を流していて
アタマに差し込んできたフレーズが。

枯れ葉散る 白いテラスの午後三時♪

とくれば・・41歳の春だから〜
となるわけで
うん?バカボンのパパは41歳かあ。
現在44歳のPONはそうひとりごち。

44歳。
あのころ、自分で思ったよりも
ぜんぜん大人じゃないなあ。
あるいは自分だけなのか。

バカボンのパパと読む「老子」  角川SSC新書 (角川SSC新書)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 20:59| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの間にか年齢抜いちゃったシリーズではカツオよりも衝撃的ですよね。
まさかバカボンのパパより年上になっちゃうとは。
とかいって向こうのほうがオトナだったりして!?
Posted by コバヤシマサキ at 2016年03月06日 00:30
コバヤシマサキ様

そういえば・・この架空キャラと年齢を
比較してガックリするシリーズ、
(いつの間にか年齢抜いちゃった
 シリーズともいいますね)
御ブログでもやってましたよね?

>とかいって向こうのほうが
>オトナだったりして!?

ご存じの通り、バカボンのパパは
昔超天才だったのに
街でくしゃみした時に
頭のネジが一本だけ口から飛び出し
以後、あーなった、ていう設定だったような。

天才=オトナではないのでしょうが
バカボンのパパは
マンガもアニメも物語の後半だと
自分を上回る困ったキャラが続出するんで、
仕方なく?読者目線の傍観者的な
キャラに性格が変わってましたね。

つまり・・オトナなのかもしれませんな。
Posted by PON at 2016年03月14日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434078719

この記事へのトラックバック