2016年03月10日

パシフィック・リム(観劇済み)

「パシフィック・リム(観劇済み)」

結構前にTSUTAYAレンタル済み
だったのだが、ココへきて地上波初放映。
息子(9歳)と共に観劇する。
息子大喜び。妻あきれ顔。
俺ニヤニヤ。娘(2歳)・・おなかすいた〜。

パシフィック・リム/ 7インチ アクションフィギュア: アルティメット ジプシー・デンジャー with LEDライト [日本正規品]

あらすぢ
2013年8月、太平洋グアム沖の深海に異世界と
繋がる割れ目が生じ、そこから現れた怪獣
「アックスヘッド」がサンフランシスコを
襲撃。米国は陸空軍の総攻撃で6日かけて
これを撃破することに成功するが、その後も
別の怪獣が次々と出現し太平洋
沿岸都市を襲うようになったため、沿岸諸国は
環太平洋防衛軍(PPDC)を設立し、怪獣迎撃用
の巨人兵器イェーガーを建造して立ち向かう。
イェーガーの登場によって人類は一時的に
優位に立ったが、怪獣の出現ペースは少し
ずつ早まっていき、再び人類は劣勢に
追いやられていった。

************************

いやあ、相変わらず面白い。

マコ(演:菊地凛子)と主人公パイロットが
香港基地で格闘試合を繰り広げ
それぞれの力量を把握してゆく、あたりが
やや冗長かな。あの辺要らない。

今回は地上波初放映だとかで
芦田愛菜ちゃん、ハリウッド初出演!」とか
TV局必死だな、だったけど
いったい、誰に対するアピールなのだろう?

こんな映画、観たい人は放っておいても観るし、
嫌いな人は何したって観ない。
そこに”芦田愛菜”という要素が
出てきたところで、なんら変わらないだろうに。
”やらないよりは何でもやっとけ!”ってところか。

その芦田愛菜。
役どころは菊地凛子の子供時代で
回想シーン。我が国にもカイジューの
魔の手は迫っていて、香港とも沖縄の国際通りの
ようにも見える日本の街並みを、
ひとり逃げ回る女の子。
やべー踏みつぶされる、早く逃げて〜!
ってなときに遅れて登場するヒーローロボット。
イェーガー「コヨーテ・タンゴ」

パシフィック・リム/DX 7インチ アクションフィギュア/コヨーテ・タンゴ イェーガー

設定だと「コヨーテ・タンゴ」は
かなり初期(第一世代)に
日本が設計、製造したロボットのようで
武装も貧弱、しかも放射線遮断シールドが
ヘボイため、たくさん乗ってると
パイロットが病気になっちゃうシロモノ。

そんなイェーガーに搭乗してた
黒人パイロットが、後の
環太平洋防衛軍 (PPDC)の誇る
ロボット軍団の司令官だったのでした。
戦いの後、孤児になった芦田愛菜を
手元に引き取り、娘のように大事に育てた・・
結果がマコ(菊地凛子)だったのデース。

ここら辺がちょっと引っかかるんだよな〜。
日本びいきで日本のサブカルに大いに
影響を受けたというギレルモ監督ならば、
主役ロボの”ジプシーデンジャー”が
アメリカ製なのは仕方ないとしても
相方のロボは日本製で在ってほしかった。

監督。今更ながら、日本のスーパーロボットの
ラインナップはすげーんですぜ?


元祖マジンガーZにグレートマジンガー
コンバトラーにライディーン。
ガンバスターにエヴァンゲリオン・・。

益代&由美子 剣
マジック

唐突ですが。
芦田愛菜が逃げ惑った
異国情緒あふれる日本の街かどには
不思議なカンバンがいっぱいあって
ぜひ、あのシーンは再生を止めて
イジワルくチェックしていただきたい。

ロケットニュース24より
「パシフィック・リムにでてくる
 怪しい日本語」


あとはそう。
パシフィック・リム2も
動き出しているのかな。
観るのが楽しみなような怖いような。

パシフィック・リム [DVD]

パシフィック・リム
PacificRim

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラヴィス・ビーチャム
   ギレルモ・デル・トロ
原案:トラヴィス・ビーチャム
製作:ジョン・ジャッシニ
   メアリー・ペアレント
   トーマス・タル
製作総指揮:カラム・グリーン

出演者
チャーリー・ハナム
菊地凛子
イドリス・エルバ
チャーリー・デイ
ロバート・カジンスキー
マックス・マルティーニ(英語版)
ロン・パールマン
芦田愛菜

音楽:ラミン・ジャヴァディ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集:ピーター・アムンドソン
製作会社:レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザーズ

公開:日本 2013年8月9日
上映時間:132分
製作国:アメリカ合衆国

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

お解りになる人にだけ

解ればよいのですが・・
秋田書店
チャンピオンREDコミックスに
「真マジンガーZERO vs暗黒大将軍」
という漫画がございまして
このたび、大団円を迎えました。
いちいちネタバレは避けますが
あの最終回になんと
「ジプシーデ○ジャー」が
友情出演しているようですよ?
posted by PON at 20:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434775223

この記事へのトラックバック