2016年04月01日

犯人に告ぐ(映画版)

「犯人に告ぐ(映画版)」

何回かBSでやってたうちの一回を
録画鑑賞。
昔、原作を読んでそこそこ面白かったし
トヨエツさんが主演じゃないですか。
こりゃ観るしかないな、と。

犯人に告ぐ [DVD]

あらすぢ
ノンキャリアながら警視として、神奈川県警本部
管理官の地位にあった、主人公 巻島史彦は、
とある誘拐事件の捜査ミスの責任を負わされて
捜査会見を行うが、上層部の指示により過失を
一切認めなかったため、マスコミの激しい攻撃に
晒された事から逆切れし、足柄署に左遷された。

6年後、「バッドマン」を名乗る犯人による連続
幼児誘拐殺人事件の捜査が難航。警察や自分に
批判的なマスコミ関係者を嘲弄するメッセージを
送る犯人に対する世間の怒りは、警察に対する
非難となって現れていた。この事態に危機感を
持った県警上層部は、捜査責任者がマスコミを
通じて目撃情報を求めると共に、犯人自身に
呼びかける「劇場型捜査」とも言うべき
起死回生の策を取ることとし・・

************************

小説には味方勢力(警察)の中に
さすがに犯人の一味ではないものの
出世競争やら女がらみの男のシットやら
いろいろあって、主人公(トヨエツ)の
足を引っ張る輩が出てくる。

そんな”獅子身中の虫”編はバッサリカット。
まあ映画だから。ビジュアル的に
向いてないし、まずは英断かと。
でも最後までトヨエツに盾突く
(というか邪魔しまくる)上司は
存在してまして、犯人探しよりも
警察内部の内ゲバを見せつけられてる、
といった感も。

それにしても・・神奈川県警にとって
足柄警察署
(非実在。おそらく松田警察署がモデル)
が左遷先ってのはどうなの?

「劇場型犯罪」という言葉があるんだから
「劇場型捜査」があってもいいんじゃないか?
小説もそれに基づく映画にしても
コンセプトがソコだから
これはもう何言っても仕方ないのだが
仮にも官警(演:トヨエツ)がさあ
TVで犯人に向かって

犯人よ、今夜はふるえて眠れ!”

なーんて言っちゃうのは
そりゃあんた、足柄警察署に
左遷されちゃうような素地を
元から持っている方なんだなあ・・と
言わざるを得ない。

犯人に告ぐ

監督:瀧本智行
脚本:福田靖
音楽:池頼広

出演者
巻島史彦 - 豊川悦司
曽根要介 - 石橋凌
植草壮一郎 - 小澤征悦
津田良仁 - 笹野高史
杉村未央子 - 片岡礼子
早津名奈 - 井川遥
巻島園子 - 松田美由紀
韮沢五郎 - 崔洋一
迫田和範 - 石橋蓮司
小川かつお - 池内万作


配給:WOWOW FILMS
公開:2007年10月27日
上映時間:117分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434881709

この記事へのトラックバック