2016年05月18日

デタラメ手話(いまさら)

これだから
世界(もちろん日本も)は面白い。
タマサンカ・ジャンティさん。
調子に乗ってむこうのCMなんかにも
出ちゃったようだけど。
今は何をしてんのかな。

<英デーリーグラフ社の記事より>
「さあ、パーティーを始めようぜ。
 大きな魚、小さな魚、段ボール箱! 
 確かに演説は退屈だ。
 でも大丈夫。もうすぐキスがやってくるから」

<別の記事に載ってた無意味な単語の羅列>
「秘密の皇帝 らせん階段 カブト虫 
 イチジクのタルト ジョット カブト虫 
 廃墟の街 カブト虫 特異点
 エンジェル ドロローサへの道 紫陽花 
 カブト虫」

ほら、南アでマンデラさんの法事の時
オバマ大統領の横で
ずっとデタラメ手話してたあの男ですよ。
久々に思い出したもので
今更ながら、忘備録として。

手話ってやつも日本語や英語と同様
国ごとに違うらしいですね。
つまり共通じゃない。
だからこのデタラメ手話男のやった手話が
本当はどんなものだったのか、
それが判るのは英語圏でそれも
手話が理解できる人たちに限られるわけで。

・・無理に英語圏の手話に当てはめると
上のような解釈になるが、本当は単に
デタラメだったのかも。

日本手話のしくみ練習帳 DVD付

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。