2005年06月20日

機動戦士Zガンダム〜星を継ぐもの Vol2

はい、第2部です。
「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐもの」を見たPONの
「感想」というか「揚げ足とり」と申しますか
まあもろもろの続きデス。

<揚げ足とり>
〜映画というよりはTV版から続くツッコミ

・ガンダムのオープニングもそうだが
 モロ見えるところに、開けてといわんばかりに
 ドアノブ?つけておくの
やめようよ。
 そろそろコロニーの外壁には「鍵」かけておこうね。

・「カクリコン」は実はヘタレ?
 あの場でMkUから降りる必要なかったのではあるまいか。
 ティターンズなら意地を通せよ。自爆でもしろよ。

・「ティターンズは既に宇宙へ上がった」とクワトロに力説する
 脇役連邦軍士官。てっきり「ワッケイン司令」かと思っちゃった。
 似てるぜ。

・「コロニー内でバルカン使うとは・・」とほざく人間が
 部下にバズーカ使わしちゃだめじゃん。

・ギレン閣下があんなに攻めあぐねた「ジャブロー」
 今更MSの集団で占拠しようとするのはいかがかと。
 (MSの単機あたりの攻撃力は飛躍的に向上しているとしても)
 ブレックスはそのあたり一生懸命ブライトに言い訳してたが。
 彼はその大任をブライトに押し付けて逃げた
 のではあるまいか。 

・偵察に人一人をわざわざ宇宙から降下させるなよ。
 ばればれだろ。

・MSクラッシャーのジェリドはジャブローでもマラサイを
 ぶっ壊したが、脱出する際に壊れたマラサイのパイプから
 空気?がシューっと。あれ空気パイプだったの?

ハヤトの声が「シローアマダ」になってた。
 確かに08小隊の彼が、ハヤトに代わってあそこにいたと
 してもおかしくはないが。
 TV放映から18年だものな。オリジナル声優をそろえるのも
 難しくなってきているよね。

・イカリゲンドウと並んで嫌な男、「パプテマス・シロッコ」
 なびかなかったまともな女「マウアー」
 でも「ジェリド」にはなびくのね。
 ま、人の好みはそれぞれだからな。 

・アムロが7年ぶりにマークUとはいえ「ガンダム」の元に
 帰ってくるシーン、このアニメのメカに意思は無いのだが
 「ガンダム」が真の主人の帰還を喜んでいる
 みたいでよかった。

・アムロはシャアと7年ぶりの邂逅で
 「シャア、確か俺はシャアと言ったな」
 とNTぶりを発揮していたが、
 それはPONでも判るぞ。
 戦場で金ピカの戦車に乗っている奴は
 誰であってもバカであり=シャアだ。

・まるでかつての恋人同士の再会のような演出はどうも・・。

アムロはスゲーよ。あの空間把握能力。輸送機をぶつけて
 アッシマーを足止めして、自分はきちんと脱出できるのだから。
カツだってスゲーよ。習志野の空挺部隊にすぐ入隊できるって。
 俺には絶対無理無理ちゃん。
・でもカツは既にこの時から「うるさいハエ」@ヤザン

結局、細かい揚げ足とりに終始せざるを得ないくらい、
今のところ、映画を見終わったあとに心に残る物がない。
基本的には3部作をまとめて見てから
評論すべき
なのでしょう。
知らない人間は寝てしまうでしょうな。

<音楽について>
三枝成彰氏の「逆襲のシャア」のBGMシンフォニーは
好きだったんで、今回、Zの暗いBGMが若干「逆シャア」的に
アレンジされていたのは良かった。
それから、数多のファンを敵に回すことになるが・・
ガクトとやら要らない。

・・結局「星を継ぐもの」とは
「機動戦士Zガンダム」というアニメ
そのものを指すのかも知れない。
星=スター(前作)を継ぐもの。
「ZZ」でも「ヒゲ」でもなく
間違っても「種」でもなく。

次回
「機動戦士ZガンダムU〜恋人たち」
2005年10月公開予定デス。
なんかフォウがサイコガンダムに
ベルトーチカがサイコガンダムMkUに乗って
ひたすらドツキあう話のようですよ。旦那。

「ZガンダムU」とは。
いよいよZU(ゼッツー)の出番か(嘘)



**********************
このブログ、面白かったら
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 21:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック