2017年10月03日

戦艦シリーズ 長門・陸奥

「戦艦シリーズ 長門・陸奥」

急に思いついたんで書きたいと思う。
戦艦シリーズ。
資料性ゼロ、書きなぐりの
未確認情報だらけです。

ニッポンが誇る戦艦っていったら
やっぱ「大和、武蔵」のような気もするが
あの二艦は当時の”秘密兵器”だったんで、

強国ニッポンをアピールする材料として
常に表舞台に立っていた戦艦がこのフネたちだった。
だもんだから当時の日本国民に
もっとも人気があった船は
「長門・陸奥」だったらしい。

でも宇宙戦艦ヤマトが
出発点
のジブンとしては
長門と陸奥はカッコ悪い!
まず二連装砲なのが嫌。
時期によってスタイルが違うけれど
あの曲がった煙突が嫌。

有名な話だけど、最後まで残った戦艦
長門は米国に接収され、ビキニ環礁へ。
水爆実験の的にされました。
その近くにはナチスドイツ海軍の
生き残り戦艦(あ?重巡だったかも)
プリンツ・オイゲン
並んでいたんだとか。
大西洋と太平洋が主舞台で
本来であればまったく出会わない
二艦が、南の島で出会ったのは
ドラマチックというよりも
理由が悲しくて泣けてきます。

あと戦艦陸奥。
このフネも不運の塊で、瀬戸内海で
待機中、突如自爆自沈してしまいました。
理由は今に至るも不明。
艦長をはじめ、かなりの数が死亡したようです。

火薬を使い、燃料(重油や石炭)満載するのが
軍艦ってものだから、
マッチ一本火事の元
なはずなんだけども
日本海軍に限らず、結構昔から
軍艦ってヤツは謎の自爆をしているようです。
”恥”なんで極力おおやけにはしないですが。
どの組織も。

吉村昭さんの本。
「陸奥爆沈」というドキュメント小説を
読んだことあるんだけど

いくらエリート組織といえ、
二等兵まで完璧ってのはありえませんからね。
陸奥の原因は今もって不明だけど
日本海軍だって明治の頃から
なんでこんなところで
吸っちゃうかね?

というところでタバコ吸っちゃう人、居るみたいです。

陸奥は爆沈して瀬戸内海に眠っていたから
戦後、引き揚げて、その手の施設で
スクリューや主砲などが展示されているけど
その主砲に使われた鉄、通称”陸奥鉄”が
さる実験施設で使われている。

というのも、今の技術で製鉄すると、
鉄は微妙に放射能を帯びるんだとか。
むろん人体に影響はまったくないけど
戦前に造られた陸奥鉄は”放射能”を帯びていない。

だから微量の放射能も実験の邪魔になる
さる研究施設において”陸奥鉄”が
役になっているんだって。

陸奥といえば、自分の世代だと
サヨク系が散々叩いた
原子力船むつ”って可哀想なフネも
いたっけな。

自衛隊の艦船名とかそうだけど
少しでもサヨクの人を刺激しないよう
”ひらがな”にするってのはなんかなあ。
”むつ”ってひらがなにしぃちゃうと
”お〇つ”みたいでね、なんか嫌。
やはり漢字でしょう。そこは。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 20:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。