2017年11月27日

「疾走」 重松清

「疾走 重松清」

疾走 重松清 

気色悪い表紙。
ちょっと調べたら
外国の前衛芸術家の作品らしい。
こんな表紙で題が「疾走」。
「失踪」の方が
判らなくもないけれど。

疾走 上 (角川文庫)
疾走 上 (角川文庫)

あらすぢ
犯罪へとひた走る14歳の孤独な魂を
描いて読む者を圧倒する現代の黙示録。

一家離散、いじめ、暴力、セックス、
バブル崩壊の爪痕、殺人……。
14歳の孤独な魂にとって、この世に
安息の地はあるのか……。
直木賞作家が圧倒的な筆致で描く
現代の黙示録。

***********************

・・だそうですがw
表紙と題の理由は
読後におぼろげながら判ってきた。

どっちかってーと今までは
”ココロあたたまるお話”
”中年さしかかり世代への応援歌”
といった小説が多かった作者が
オレだってこんな小説も書けるんだぜ?
と猛然とトライしてみた、そんな感じ。

地方都市で家族四人
普通の生活をおくるつもりで居た
少年が、いろいろあって家庭崩壊。
突然、社会に裸で放りだされた少年の話。
昔「短くも美しく燃え」なんて
映画や曲があったとおもうけど
こちらのほうは全然美しくない。
ただただ「短く燃え尽きた」。

宗教は暴力や貧困といった社会的悪意から
積極的には救ってはくれない。
穴に落ちた人間を見守ってくれるくらいだ。
でも見守ってくれている事を力に換えて
自力で立ち上がれる人も居る。

読んでいる間はページをめくる手が
止まらず、なるほど疾走感はあるけれど
読後感はあんまりよろしくないんで
私は再読しようと思わない。

無理にこの本から教訓を導き出すならば、
やくざはどこまでいってもやくざ。
近寄っちゃだめだよ、ってコトかな。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


ラベル:重松清 疾走
posted by PON at 21:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。