2017年11月16日

カラスの親指(映画)

「カラスの親指」

これ結構前に観賞済み。
それなりに楽しんだとも思う。
(テルマエロマエに出るちょい前かな)
阿部ちゃん、変わらずかっこいいなあ。

あらすぢ
ベテラン詐欺師のタケと
少しマヌケな相棒のテツは、
ひょんなことから、
やひろ・まひろの美人姉妹と
やひろの恋人の貫太郎と
5人で共同生活を送ること
になる。

5人ともそれぞれに不幸な
生い立ちを抱えていた
こともあり、次第に奇妙な
連帯感で結ばれていくが、
そんな中、タケが過去に
起こしたある事件が
5人を一世一代の大勝負へと
巻き込んで行く。

************************

すごい姉妹だよ。
石原さとみ&能年玲奈。

この映画はたしか能年玲奈が
あまちゃんでブレイクする
直前の映画だったと思う。
この時点では彼女を知っている人のほうが
少なかったに違いない。少なくとも
ジブンはそうだった。

村上ショージなんて
映画に使えるのか?
と思っていたら、あにはからんや。
ところがどっこい、
とんでもハップン
歩いてじゅっぷん
これ以上はしつこいので止めますが。

これはもう観ていただいたほうがいい。
この映画の画を最初から最後まで
キレイにまとめている。
あの人、実はお笑いだけでなく
俳優も万能なヒトなんじゃないか。
少なくとも、なにをゆー、とか、
ドゥーンとかで
軽く見られるような人じゃない。
あ、そんなふうに見てたの俺だけですか。

少なくとも俺は、村上ショージが
お笑い番組で舞台に立っていたとき
チャンネル変えなくなりました。

映画の中身をPONが
すっかり!忘れちゃったから
いつものように好き勝手に
ネタバレやコキオロシができない・・
理由はそんなんばかりでもないのですけど
とにかくこれは観たほうが面白い。

カラスの親指 by rule of CROW's thumb
カラスの親指 by rule of CROW's thumb

題名の「カラスの親指」の意味も
最後に素敵に解かります。

カラスの親指

監督:伊藤匡史
脚本:伊藤匡史
原作:道尾秀介
製作:重村博文/小西啓介/鳥羽乾二郎
木沢裕一/油谷昇/高橋誠

出演者
武沢竹夫(タケ):阿部寛
入川鉄巳(テツ):村上ショージ
河合やひろ:石原さとみ
河合まひろ:能年玲奈
石屋貫太郎:小柳友
質屋の店主:ベンガル
競馬場の客:ユースケ・サンタマリア
豚々亭のマスター:戸次重幸
ノガミ:古坂大魔王
馬々亭の店員:なだぎ武(ザ・プラン9)
ヒグチの手下:上田耕一
ヒグチ:鶴見辰吾

音楽:林祐介/Sightow
撮影/岡雅一
編集/後藤あずさ
製作会社/「カラスの親指」
フィルム・パートナーズ
配給/20世紀フォックス
ファントム・フィルム
公開:2012年11月23日

上映時間:160分
製作国:日本

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。