2017年11月18日

アイアムアヒーロー (映画)

「アイアムアヒーロー」

漫画世界をよく再現していたと思う。
主人公 英雄役の大泉洋なんか
漫画がそのまま立体化したんじゃないか?
そんなふうにも思える再現度。

英雄の彼女であるてっこを
”片瀬那奈”が演じている。
ZQN化するや、パンツいっちょ
エクソシスト張りに駆けずり回る。
つーことは、あの見えているパンツは、
片瀬那奈のモノという
理屈になるわけだが
さすがに全然うれしくない(当然だ)

あらすぢ
漫画家アシスタントとしてパッとしない
日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。
そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させる
ウイルスに感染して襲い掛かってくる。
慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を
手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと
呼ばれる感染者であふれていた。
出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と
逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNに
かまれて半分ZQN半分人間という状態に。
比呂美を連れてショッピングモールに
逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)
という勝気な看護師と顔を合わせる。

************************

うーーん。

原作漫画は一応全巻読んだ。

原作つき映画によくあるように
長い原作を圧縮した上
オリジナルエンドに持ってくか?
あるいは何部作かに分けるか
そんなトコなんだろうなと
思っていたら、この映画は後者の模様。

原作の時系列でいえば某御殿場の
アウトレットモールでの激闘を
山場に持ってきて今回は終了だった。

好評だったら続編を作るつもり
なのだろうか。
このままのペースだと、続編では
箱根湯本→早川→小田原あたり。
某早川で悲劇が待っていて
トドメは小田原城で、例のアレが
”じゃーーーん”ってな所で終了だろうか。
2部だけじゃなく3部まで
必要になるぞ。
どっちにしても、埼玉とかでの
クルスの話や、台湾、ベルギーの話までは
盛り込めそうにない。
でも、この一作目に主人公英雄は
あまり認識していないが実はかなり縁の深い
漫画家”中田コロリ”が出てきている。
(演じるはラーメンズの人、片桐仁。
 これがまたそっくり)
ってコトは、第二の主人公として彼も
出さないわけには行かないだろうし。

ソンビの群れに地下駐車場で
追い詰められてしまった
英雄と女性2名とモールの生き残り達。

ここから先、もう話は展開しない。

アイアムアヒーロー
アイアムアヒーロー

生き残るため、覚醒した英雄は
壮絶な死闘の末、動くものの無くなった
駐車場で、肩で息をしながら立ち尽くす。

見ていた長澤まさみがつぶやく。
あ、ヒーローだ・・
でエンド。

ここまでは、映画向けに無理に話を
変えたりせず、原作の中から
印象的なシーンを忠実に映画化してた。
気に入った方は、
ぜひ原作をお読みください的な感じで
終了。
ここで映画化完了ってことでもいいかも。

アイアムアヒーロー
監督 佐藤信介
脚本 野木亜紀子
原作 花沢健吾『アイアムアヒーロー』
製作 山ア倫明、城戸史朗
製作総指揮 山内章弘

出演者 
大泉洋/鈴木英雄
有村架純/早狩比呂美
長澤まさみ/藪/小田つぐみ
吉沢悠/伊浦
岡田義徳/サンゴ
片瀬那奈/てっこ
片桐仁/中田コロリ
マキタスポーツ/松尾
塚地武雅/三谷
風間トオル/千倉
徳井優/アベサン

音楽 ニマ・ファクララ
撮影 河津太郎
編集 今井剛

制作会社 東宝映画
製作会社 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会
配給 東宝

公開 2016年4月23日
上映時間 127分
製作国 日本
言語 日本語

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。