2018年03月24日

超高速!参勤交代(映画)

「超高速!参勤交代(映画)」

年末にいきなり
「超高速!参勤交代」と
「超高速!参勤交代リターンズ」が
放映してたんで録画観賞。
まずは超高速!参勤交代から。

基本的にはコメディなんだろうが
笑いも時代劇としてもなんか中途半端。
全然ハジけていないのが残念。
それとチャンバラシーンが
必要以上に長く、もっと超高速な
展開が欲しかったところ。

あらすぢ
江戸時代、8代将軍・徳川吉宗治世下の享保20年
(1735年)。陸奥国磐城の小藩・湯長谷藩の藩主
内藤政醇は、1年間の江戸での勤めを終えて
湯長谷に帰国した。ところが、それから間もなく
江戸屋敷に居るはずの江戸家老・瀬川が、江戸幕府老中
松平信祝の命令を携えて政醇の前に現れる。
その命令とは、帰国を果たしたばかりの政醇に対し、
湯長谷藩が所有する金山の調査結果に疑義があるため、
事情説明のために・・
「5日のうちに再び参勤せよ」

************************
小藩のお殿様、佐々木蔵之介が
またいい人物で。
それもホンキで戦うと実は強いとか
ほとんど反則キャラ。
その”いいひと”ぶりが
自藩と本人を救うことになる。
このようなコメディ映画では
もはやお約束といえる。

一方、悪老中役に陣内孝則。
往年の萬屋錦之介バリにすごいメイク。

幕府が今回、佐々木蔵之介が藩に
無理難題を押し付け、さんざんに
引っかきまわしたのは
実は幕府内のこの獅子身中の虫を
排除しようとしたためらしい。

ラスト、すべてが暴露されても
なお悪あがきをする陣内老中。
すると彼より偉いらしい老中頭役の
石橋蓮司が、非常に物分りのよい顔で
弱者側にたち、その場を収めてしまう。

石橋蓮司が演じるキャラはいつも
その顔のとおり
”ワルに見えて極悪”か
”ワルに見えても実は・・”
の二択しかないけど
おお、今回は後者だったか、とか思った。
ところがである。

巨悪なんてものは
そうそう排除できるものじゃない。

石橋蓮司は陣内老中の叔父だったか
とにかく身内だったようで。
外にはいい顔をしながら
ウラでは、自宅謹慎→実質無罪という
超甘々の裁きをして終了。
やはり権力は身内に甘い。もりかけおそば。

事件はひとまず収束、一同が
ホッとしているとき、石橋蓮司の
さらに上のラスボスが登場する。

暴れん坊ショーグン吉宗である。
(演:市川猿之助)

将軍さんよ、今回の騒動が
江戸幕府のゴタゴタから始まったこと
それに無実の弱小藩が
振り回されてるだけなこと。
そこまで理解しているのなら、
せめて費用ぐらい面倒みてあげようよ。
最後に出てきていい顔だけされても。

でも吉宗は今回の騒動をねぎらいながらも
こう言い切るのだった。
我が幕府に弱いものはいらぬ」(意訳)

仮に蔵之介の藩が、話のように
上手く行かず、御家取り潰しになっても
それはそれでしょうがない、と
ふんでいた模様。嫌なヤツだな。

実際、本物の吉宗って”色黒の大男”
だったらしく、今だったら
結果にコミットしちゃう
マッチョインストラクターのイメージ?

さらにショーグンは続ける。
政(まつりごと)をおろそかにして
 土を汚してはならない


・・蔵之介藩の名産は上質の大根で
これの漬物を、毎年江戸に献上。
方々に評判でショーグンも好物らしい。

つまり”あの漬物が旨いうちは、
蔵之介藩も安泰だ。いつまでも
イイ大根が取れる畑と、
それを守る政治を大事にしろ”
どうもそんなことを
言いたかったみたい。

なにを今更、と思わなくもないが
政治にコミットしないといけないのが
ショーグン様
だからな。仕方なし。

けれど、ごめんな、ショーグン。
現在のニッポンと福島の大地は
かなり貴君を裏切ってしまってる。

この監督さんは、映画を通して
この台詞こそ世に放ちたかったのでしょう。

佐々木蔵之介藩がピンチは
ぜんぶ、殿様の普段からの言動が
そのまま助けとなって乗り越えられた。
月並みではありますが
「情けは人のためならず」ってコト。

超高速!参勤交代
超高速!参勤交代

あと、コレだけは。
いくら佐々木蔵之介殿様がいい人でも
道中知り合った飯盛女(演:深田恭子)を
側室にするのはちとやりすぎでしょう。
だって普通、”飯盛女”って
コールガールと同義なんじゃないか。

リターンズのほうはまだ観てません。
どうも彼らの帰路の話のようですが、
それはまたいずれ。

「超高速!参勤交代」

監督:本木克英

脚本:土橋章宏
原作:土橋章宏
製作:矢島孝
製作総指揮:大角正

出演者
佐々木蔵之介
深田恭子
伊原剛志
寺脇康文
上地雄輔
知念侑李
柄本時生
六角精児
市川猿之助
石橋蓮司
陣内孝則
西村雅彦

音楽:周防義和
主題歌:塩ノ谷早耶香「Like a flower」

撮影:江原祥二
編集:川瀬功

製作会社:松竹撮影所
配給:松竹
公開:2014年6月21日
上映時間:119分
製作国:日本
言語:日本語
次作:超高速!参勤交代 リターンズ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 映画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。