2005年07月13日

彼の敵は世界

「ヒトラー最後の12日間」

家政婦は見た「ヒトラー家」の秘密、
といったところだろうか。
(ウソです。書いてみただけです)
PONは見ていません。見る気満々ですが。
混んでいるだろうなぁ。
見てないのに記事にしてしまったのは
東急線の車両内でポスターを見てしまったからです。

ヒトラー映画.jpg

「彼の敵は世界」
チンケかもしれませんがよく出来た
コピーだと思いますよ。
これまでもそしてこれからも「自分の敵は世界」という
人間は居なくならないでしょう。
そういう人間は日常レベルなら「陰に篭もる」か
「カンシャク」または「ヒステリー」。
よりアクティブなら「発作的犯罪」に手を染め、
行くとこまで行くと
社会的義憤に己の勝手な怒りを重ねて「テロ」活動、
といったところでしょうか。
ところが神のいたずらか本人の実力か
「世界を敵に回すことの出来る」地位
ある男が就いてしまったことがいけなかった。

ドイツ人ってすごいな。
平気で歴史の総括できるし。
(もっとも、あの時代は「ヒトラーの個人的」大犯罪であって
 今のドイツ国家は、むしろ彼の「被害者」ですらあるのだ!
 というように、ドイツ人は、自分達の過去を「切り離して」
 見ているようにPONには思えます。
 だからこそ、ここまで客観的に出来るのかも。)

今のところ渋谷「シネライズ」でしか
公開しないらしい。
7/9から全国順次ロードショー。
Zよりも実は見たいね(笑)

オフィシャルサイト

http://www.hitler-movie.jp/

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 22:08| ☔| Comment(7) | TrackBack(10) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
家政婦は見た「ヒトラー家」の秘密、って表現が
ちょっとツボに入りました^^
ヒトラー自殺の謎を解決したらおもしろいけど。
日本のやった戦争が侵略戦争だ!と声高に叫ぶ
やつがいてるけど、19世紀初頭まであった植民地
政策を侵略と呼ばずなんと呼ぶ?
日本の戦後教育も根本的見直し必要です。
Posted by とべっち at 2005年07月16日 14:05
>とべっち様
マスターオブライフ主宰、PONと申します。
押しかけTBのご承認と、TBR、コメントまで
頂きまして有難うございました。

「ばんぺい君」じゃあないですか。
よく出来てますね!ガレキ?食玩?
懐かしいな。PONは「逮捕しちゃうぞ」以来
読んでいたんですが、金欠時にそこまで出ていた
全巻を売ってしまい、残念ながらそれっきりです。
スミマセン。趣旨から外れてしまいました。

また宜しくお願いいたします。
Posted by PON at 2005年07月16日 18:32
ばんぺい君、気付いてもらってうれしいです。
これはちょっと前に出た「アフタヌーン」の付録
に付いてた海洋堂製フィギュアです。
泣く泣く手放す、その気持ちとてもよくわかりますよ。
「逮捕」、今は新装丁版で出てますね。
Posted by とべっち at 2005年07月17日 00:56
コメントありがとうございました。

おっしゃるように、
「あの時代は「ヒトラーの個人的」大犯罪であって、今のドイツ国家は、むしろ彼の「被害者」ですらある」という感覚はあるのかもしれませんね。
この映画をそうとらえる人もいると思います。
イスラエルなんかではナチを美化していると批判されているようです。

「家政婦は見た「ヒトラー家」の秘密」は笑ってしまいました。(笑)
Posted by リスケ at 2005年07月17日 10:58
TBありがとうございます。
あやまってTBを消してしまいました。申し訳ございません。
映画館は人がすごかったです。
やはりヒトラーという人物に関心があるのでしょうね。
これからもちょくちょくお邪魔します。
それではまた。

http://www.dennoukukan.com/
Posted by べん at 2005年07月18日 22:01
>リスケ様
当ブログ管理人、PONと申します。
「戦争とは始める理由には困らないが
 やめる理由を探すのは難しい」
とかなんとか言いますね。
ドイツ兵士の乱痴気騒ぎなどを
延々と描くことで、そういう救いの無さを
表現しようとしているのかも知れませんね。
・・っとそういえばまだ見てなかったんだ。
早いとこ行かねば(笑)
またよろしくお願いします!
Posted by PON at 2005年07月19日 12:31
>べん様
ご丁寧にありがとうございました!
再TBさせていただきました。
ついでに公式?HPにも。
(未見の人間がこれ以上、
 この映画について語れないんですよ(笑))
今後もよろしくお願いいたします。
Posted by PON at 2005年07月19日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画感想「ヒトラー〜最期の12日間〜」
Excerpt: 映画感想「ヒトラー〜最期の12日間〜」 【評価】★★★★ 【感動】★★ 【笑い】★★★ 【エロ】★ 【凄味】★★★★★ 試写会が当たったんで行ってきました。 いやー、凄い映画。凄い。いろ..
Weblog: 三匹の迷える羊たち
Tracked: 2005-07-16 10:08

ジーク・ハイル!『ヒトラー ??最期の12日間??』
Excerpt: 彼の敵は世界 世界震撼。 すべてを目撃した秘書が明かす、衝撃の真実。 20世紀でもっとも忌むべき男なのか、カリスマ的指導者だったのか すべてが謎めいていた男、アドルフ・ヒトラー。 彼が自..
Weblog: ALL GREEN
Tracked: 2005-07-16 14:06

映画: ヒトラー 最後の12日間
Excerpt: 邦題:ヒトラー 最後の12日間 原題:The Down Fall 監督:オリバー
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2005-07-25 02:38

ヒトラー 〜最後の12日間〜
Excerpt: 市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、 「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」 映画の日、夜の部。この日4本目で最終。 「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-08-05 02:07

殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt: 8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-08-16 17:32

ヒトラー・最期の12日間 独裁者だって大変なのよ……。。
Excerpt: ●ヒトラー最期の12日間を渋谷シネマライズにて鑑賞。 1942年、トラウドゥル・
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-08-16 22:45

「ヒトラー 最期の12日間」@新宿武蔵野館
Excerpt: 今日は秀君がお休みだったので2人で「ヒトラー 最期の12日間」を見てきました。かなり見たかったんだけど、試写会にとうとう行く事が出来なくて、でもどうしても見たかったの。会社は今あまり忙しくないのでお休..
Weblog: 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
Tracked: 2005-08-27 10:46

映画: ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 製作・脚本:ベルント・アイヒンガー 出演:ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ 『ヒトラー 最期の12日間』オフィシャルサイ..
Weblog: [K]こあら日記
Tracked: 2005-09-26 16:59

ヒトラー〜最期の12日間〜−映画を見たで(今年124本目)−
Excerpt: 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン 評価:90点(100点..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2005-10-01 23:46

映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面
Excerpt: 以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2005-12-17 01:49