2005年10月29日

自分が初めて話した言葉

覚えていますか?
目と目が合った時を
初めての言葉を。
普通は覚えているはずが無いので
まあ周囲の方に言われて覚えている
方がほとんどだと思います。

PONは
「とーたん。ぼーにんぐ」
だったそうです。
説明が要りますか?そうですか。
超訳(@アカデミー出版)するならばたぶん
「父さん。ボーリングとか言う奴ですよ!アレ」
ですかね。
PONがご幼少のみぎりは
「ボーリングブーム」でしたから。
小学生が一番なりたい職業は
「プロボウラー中山律子さん」な時代です。
それはウソですが。

当時は自動車で街中を走るたび
屋根に巨大な「ボーリングのピン」
今以上に見かけられたそうで。
その頻度は今で言えば「カラオケボックス」並
だったのでしょう。
あの巨大な物体を見つけた他合、
良く判らんけれど
いつも自分を世話してくれる人(つまり親)に報告すると、
その人が喜ぶことに気がつき、
幼児PONはうれしくて
しきりに報告したのでしょう。

皆さんはどんな言葉でしたか?

カータン
更に更にどうでもいい話ですが
「ママと遊ぼうピンポンパン」に出てくる
マスコットキャラクター=河童のバケモノ
「カータン」が画面に出てくると、毎回
幼少のPONは火がついたように
泣きまくった
という、マイマム情報。
見せなきゃいいのに(笑)

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

「がんげんちょーのぶんぶんぶん
 こぶもいってみよー」


・・相方のファーストセンテンスです。
すごい幼児。
当時の相方(幼児)に何があったのでしょうか?
posted by PON at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック