2007年12月23日

超時空要塞マクロス(PS2)

このゲームはPONが珍しく最後まで
クリアしたアクションゲーム。
超時空要塞マクロス

まく1.jpg
(C)1982,1984,1987 ビックウエスト
(C)BANDAI 2003
(C)SEGA/SEGA-AM2 2003


たまに、当ブログでも書きますけど
ゲームって奴は、必ずしもリアルに再現
していればいいってモンでもなくて
実物はこんなだからって
限りなく「実機シミュレータ」のように作ると
そのゲームから「楽しさ」はなくなって
プレイが「苦行」に近くなると思ってます。

というのも、このゲーム(といいますか、主役の
戦闘機変形ロボ=バトロイドバルキリー)が
もう根底からムチャクチャだからです。

敵機から銃弾の直撃を5〜6回
受けたくらいではピンピンしているし
ノーマル装備で大気圏に突入できるし
大気圏離脱まで出来てしまう!!
そんなぁ・・大気圏で燃え尽きてしまった
ザクパイロットの立場は??

当然?燃料残量も考えません。
(マクロスアニメ設定では、無補給で
 地球一周くらい軽いそうです・・)

バルキリーが搭載して乱射するミサイルは
「マイクロミサイル」と称しまして
特段、アタッチメント等を装備せずとも
ノーマル形態で500〜600発搭載!
「マイクロ」て言っても、ミサイル
600発搭載はさすがにどうかって思うw
自機を小さく切り取って、ちぎっては投げ
ちぎっては投げ、そんな感じか?
まともに搭載場所を考えるだけ損。

でもだから、マクロス名物「板野サーカス」と
「納豆ミサイル」を思う存分
楽しむことができるわけです。
書くまでもありませんけど、実際の戦闘機では
対空ミサイルを6発も搭載すれば大したモンです。
でもそれじゃあ、ゲーム後半で
敵軍100万隻 VS 1隻なんて狂気な戦い
いくら「敵はアイドル曲に弱い」という
致命的な?弱点があったとしても戦えませんし
第一、面白くない。

まく2.jpg
 右下の白い線が「納豆ミサイル」
 ・・糸を引いて飛ぶミサイルだから

ドッグファイトをせず、
ミサイルのプラットフォームに
徹していても全然オッケーです。
楽しければよし。実際、楽しいし。

ゲーム最初の方では
グラージといって敵軍のメカが
「ボスキャラ」として君臨しています。
これも慣れるまでは、倒すのに結構
苦労する奴なはずですが、
最終決戦で、500万隻&敵機無数を
相手していると(ミサイル乱射していると)
RESULT(戦闘結果)では
知らないうちに、リガードX7機とか
撃破したことになっていたり。

敵の雲塊に向かってただひたすら、
ピピピピ・・とロックオン&発射という手順を
繰り返しただけにすぎないのですが。
けれども、なんか爽快感がありましたし
大会戦を前にした高揚感、そして
激戦を生き延びたあとの達成感はありました。

まく3.jpg
 「愛は流れる」って反戦歌なんだよね。
 戦場でそんな歌を流す軍隊ってどうかw
 「愛おぼえていますか」のほうが
 やっぱ燃えるな。

これが、戦闘機はミサイル6発が限度とか
攻撃を受けたら、どこかしら壊れるべきだとか
忠実に再現していたら、つまんなかったろうなあ。
何より敵軍(ゼントラーディー軍)大軍相手に
相手にすらならなかったろうし。

ってなわけで、このゲームは
フライトシミュレータではなくって
お気楽に楽しめる、荒唐無稽なアクションゲームと
お考えください。

ただひとつ残念なことには
最近のガンダムゲームはどれもCGによる
OPもしくはリメイクムービーが
よくできているけれど
このゲームはいまいちであること。
ゲームクリアのごほうびであるはずの
ムービーが少ないこと。

結局、バルキリーは「ミサイル最強」な
戦闘機なんで、ミサイルが撃てない
ロボット形態=「バトロイド」になる必要が
全くないのもなんだかな(苦笑)
マクロス艦内に侵入した敵機を
やっつけるミッションでも
無理やりガウォークに変形して
ミサイル撃ち込んでましたから。
(ロボット時に使う武器
 「ガンポッド」がオート照準じゃないんで・・)

ヤック・デカルチャ!
(敵の宇宙人が使うゼントラーディー語で
こりはびっくり」くらいの意)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

ゼントラーディー軍は
一個艦隊が500万隻、
それが銀河系だけで1000個艦隊以上、
標準戦艦のサイズは全長2000m、
主力兵器であるリガードの生産工場は三億個

というメチャメチャな設定です。
けど人類が生き残れたのは・・

ゼントラーディー軍とは
戦うためだけに生み出された
戦闘種族で、要するに童貞軍団であり
サブカルチャー(アイドルとか)に
まったく免疫がなかったこと。

人類だけが別の進化を遂げて
最終兵器「核」すら持っていたこと。
ゼントラーディーは強大な軍隊こそ
持っているが、個々人は竹槍武装に近い。
高度な武器は持っていないのである。
(生産は自動工場。壊れたら直さず捨てる!)
といった奇妙にアンバランスである・・
そんな裏設定もあるわけです。
一応、理屈は通してあるんだな。

ちなみにバルキリーが
必要以上に超万能なのは
OT(オーバーテクノロジー)に
よるものらしく。
かつて存在した宇宙人から
勝手に技術を借用したためなんだとか。


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。