2007年11月15日

プロジェクトX Vol.2

プロジェクトXも
最後の方はなんか単に企業の自慢話とか
日経新聞の「私の履歴書」のように
社会の各所にいらっしゃるお偉方の
自己満足、自慢話ばっかりだった。
(XX君は帝大同期でかつて一緒に登山活動、
 歌声喫茶で歌った中で、彼は大蔵省へ
 自分は民間のなんとか商事に入社・・
 なんて奴ね。そんなの知るかっての。)

絶対、黒縁めがね、七三分けで
靴下はスケスケ黒なんだぜw

これだけ、あの世代を
ばかにしておいてなんだが、
一方でこうも思う。

自分はおこがましくも転職希望者の
面接をすることが多い。
年齢も下はフリーター、元ニート、元引き篭もり
上は大手企業を早期退職した方まで。
とにかく毎日、椅子の上を様々な人生が
通り抜けていく。

すべていっしょくたに
語ってはいけないとは思うし、
何事にも例外もある、と前置きしたうえで・・

早期退職された方や、30年以上勤めあげて
定年退職された方などには、なるほどーっと
思う方がたくさんいる。こういう人が黙って?
日本を支え続けてきたんだんなあと、素直に
感心できる方に出会う。年齢も60を
過ぎようというのに、まだまだこれから!
社会との接点を無くしたくない、と考える人たちの
何と立派なこと。
いい加減、後進に道を譲れや・・と
揶揄してしまいたくなるくらい元気だ。

俺らの世代にもないものがある。
したたかさ、ずぶとさ、安定感・・
そんなところが見方によっては「オヤジ」と
呼ばれてしまうわけだが。これは
ある意味仕方がない。

一方、年齢が下の人間達だがこちらは
年々レベルが下がっていると感じる。
例えばほんの数年前まで、同じ年齢の
10人に1人ぐらいは、何らかのはずみで
道に迷っていただけにすぎない逸材が
居たものだが
今ではそういう人物に巡り合うまで
ざっと言っても倍の20人は
面接しなければならない。

時間を守らない、ドタキャンする
TPOによる服装の使い分け、言葉遣い等々・・
なんかどれ一つとってもおかしい。
中国、インド、イランに抜かれるのも
仕方がない。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
産経の「溶けゆく日本人」という連載も同じようなテーマですが、読むたび悲しくなるので、この頃は、「大げさに言っている」と思うようにしています。
でも、同じような話はそこかしこで聞こえてきますね。
こんな日本に誰がした。
Posted by サンダース at 2007年11月17日 23:04
いやはや、PONさんのお仕事ならではのお話ですね。実情をモロに感じていらっしゃる。ある意味、恐ろしい現場にいるんだと思えます。
やっぱり教育っすね教育。軌道修正しないとホントにおかしくなりっぱなしになりそうで不安です。
Posted by REALLIFE at 2007年11月18日 16:33
>サンダース様

>産経の「溶けゆく日本人」という連載
http://www.kanshin.com/keyword/1118001
ほうほう、情報有難うございます。
調べたらでるわでるわ。

>読むたび悲しくなるので、この頃は、
>「大げさに言っている」と思うように
そうですね。そう思いたいですよね〜。
でも現実です。あるいは国民の我慢が限界に
きているのか?もはや年代も関係なくなって
きているのかなあ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000004-mai-soci

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071120dde012040002000c.html

>こんな日本に誰がした。
学校(先生側も、父兄側も)が
もうダメになってる。
それと子供達が社会から疎外されている。
子供が電車内で何やっていても大人は
注意しない(自分もそうだけど・・)

「溶けゆく」という言葉は正にぴったり。

こういう世代(社会)を見てきた
次の世代は彼らを「反面教師」として
まともに育って欲しいものですね。

苦労は人を育てるけど
苦労がないもんな今は。
Posted by PON at 2007年11月21日 13:05
>REALLIFE様

>実情をモロに感じていらっしゃる。
>ある意味、恐ろしい現場にいるんだと
>思えます。
ありがとうございます。
しかしREALLIFEさんも、業務上
新人が来ると感じるのではありませんか?

彼らはキャンセルの連絡すらできない。
想像力がないのかなぁ。
あるいは文句(怒られるの)が怖いのか。

相手は「企業」が営利でやっているんだから、
俺は客だし、そんな義理はない・・
てな風に考えているのかも。

彼らには周りはすべてマックか
コンビニなんですよ。言葉を発することなく、
客として威張っていられるって感じですか。

「感謝の念」「想像力」「思いやり」
非常に重要な要素だと思いますが
毎日テレビ見ればこんなものを持っている
人間なんか、社会では馬鹿を見るだけだ、と
思えてきますから。持たない人間が増えますよ。
そりゃあ。

>軌道修正
たぶん、もう手遅れです。正直なところ。
Posted by PON at 2007年11月21日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。