2008年01月22日

幻魔大戦 角川映画 Vol2

突っ込みどころがありすぎて
(それだけ楽しんだ証拠でもありますが・・)
アニメ映画版 幻魔大戦」続きます。

サイオニクス戦士 一覧

genma2.jpg
またまた拾いもの。

・生き残りのサイボーグ宇宙戦士「ベガ
 特技:物理攻撃、アンプ役、相談役
 声:江守徹・・かっこよかったですよ。

・トランシルバニア王国元王女、現スカウト
 「ルナ姫」特技:スカウト、白人。

・主人公、「東丈(あずまじょう)」
 いわゆるガンダムが無くても強いアムロ。
 特技:主人公ワザ全般、攻撃の核。日本人。

・破壊されたNYの
 黒人ギャング団首領「ソニー
 特技:壁抜け、テレポーテーション
 昔は「サ×ボ」と命名されていたらしいWiki情報。

・東丈に続く直球派超能力戦士「アサンシ
 特技:ターバンw、西アジア系
 今回、見返すまでずっと「アサシン」だと
 自分は思っていました。

・一番武闘派に見えるけど実は無能
 「サラマンダー」 特技:相手の心を読む。
 ネイティブアメリケン系

・「じじい
 特技:じじい。インド系

・「タオ
 特技:中国娘、レッスン1〜4の確認。

<番外>
・「東丈のお姉さん
 声:池田=メーテル=昌子
 特技:残留思念、一を聞いて十を知るヒト。
    あまりにも物分りが良すぎ
   (それが超能力というウワサも)

・「フロイ」(一応善側の宇宙意思生命体)
 声:美輪明宏、この頃から既に
  「オーラの泉」モード全開

オーラ(透過光が後ろでモヤモヤ)の表現を
アニメで最初にやったのがこの映画と聞く。
その後、さんざん流行りましたね。

幻魔一族つったって・・その陣容は
幻魔の地球攻撃軍司令官
(ガルマじゃないよ)カフーという中ボスと
下っ端魔族が2匹のみ。

サイオニクス(超能力)戦士が
8人集まっても、何かするわけでもなく
東丈の覚醒を待っているうちに
地球はほとんど廃墟になっています。

「善」と「悪」の宇宙意識生命体の
代理戦争なんですね。結局。
そのほかの種族はえらい迷惑。

フロイ(善の宇宙意識生命体)もさあ
もう少し味方陣容を増やしなさいよ・・
まったく(地球に限らず・・)

「竜」対「ただ飛んでいる人間」 
という戦闘をビジュアル化するのは、
相当苦労したろうなあ・・。

幻魔の大ボスが変身する
「火竜」なんだがこの鳴き声が
まんま「ガメラ」
流用OKなの?
大映が角川に買収される萌芽が
もうこの頃からあったのか?

「生体原子変換」
「サイキックマッサージ」
「円形誘導」
そしてトドメの
絶対零度!!」

もはや叫んだモン勝ちな世界。
そもそもサイキックな戦いって
まじめにビジュアル化したら、
当事者同士の内面で推移し
突然決着がつくはずで・・絵的には
面白くないのは判るんだけども・・。

最後のほうは、とにかく
今やっている説明を主人公たちに
叫ぶだけ叫ばせ、ビジュアルで
解らせる努力を放棄しているようにも
見えた。演出の放棄。

「ソニー」の子役は下手で聞いてられない。
同じく中国娘「タオ」役の原田知世も。

物語終盤、タオが東丈の再教育に着手するが

レッスン1
サイコキネシスによる体感温度の調整
レッスン2
持続作用による能力のセーブ
(車で言えばアクセルベタ踏みでなくて
 少しは惰性で走れってことらしい)
レッスン3
愛がエネルギー
レッスン4(ラスト):
ノヴァ現象
(周囲は主人公にこれを求めていたらしい
 要するに「スーパーサイヤ人」状態)

・・どこがレッスンやねん。

幻魔の地球攻撃軍司令官は
「高等知的文明が生き残りをかけて
 必死に抵抗する終末の悲壮感に
 たまらなく美を感じ、それが好き」
なんだそうで、ずっと宇宙を
破壊し続けてきたらしい。

幻魔の皆さんには暇なときに是非
「宇宙戦艦ヤマト」DVDのレンタルと
大日本帝国のかつての戦いぶりを
歴史で勉強していただきたい。
よろしく頼む。

で、最後は
ベントラ、ベントラ、スペースピープル」で
終了なわけです。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

さっき、調べていてビックリしたんだけど
あの「火竜」は、圧倒的な自己再生能力を持つ
「カフー」が変身した奴だとばっかり
思ってたが(この20年間!)
あれが幻魔大王そのものらしい。
なんだそら?

200年も一族を挙げ、自己と惑星を
武器に変化させてまで戦い続けてきた
ベガ一族の立場が・・嗚呼。


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーーー!!!
あの火龍が大王だったんですか!?そら知らなかったぞ!わしもずっとカフーだと思っていたのですが(途中からは映画そのものを忘れていたので、そう思い込んでいただけかも)。それはちょっと詐欺ではないでしょうか(笑)小説じゃあんな簡単にはいってなかったような???ちなみに小説はエロ小説でした(笑)あんなもん子供が読むもんじゃないっす。読んでいましたけど(爆)
フロイで美輪さんの存在を初めて知ったのですが、当時はびっくりしましたね。こういう人がいるのか〜と。パンフレット持っていたんですけど、今どこにあるかな〜?気になるなあ。
Posted by REALLIFE at 2008年01月26日 22:08
>REALLIFE様

>えーーー!!!
>あの火龍が大王だったんですか!?
ちょっと不安になってきましたw
普通に解釈すれば、あれは不死身のカフーの
最終兵器っぽいですよね?
自分がそう書いたのは下記の誰が書いたか
分からない、あらすじというか「だらだら書き」
を読んでしまった結果、そうだったのか!
と認識を改めてしまったからです↓

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17290/story.html

>小説じゃあんな簡単にはいってなかった
>ような???
上のあらすじには「幻魔」とは書いてあるけど
「大王」とは書いていないので、ザコ2匹に
加えて「カフー」までやられてしまったので
第三者の「幻魔」が後始末に登場した・・と
こういうことなのかもしれません。
好意的に解釈するならば。
カフーが地球攻撃軍司令官なら
彼=火竜は太陽系担当とかw

>ちなみに小説はエロ小説でした(笑)
まあ、平井氏ですからね。いい年こいて
めぞん一刻、しかも「響子」さんにはまって
しまったような御仁ですし。

>フロイで美輪さんの存在を初めて知った
自分もッす。ピーターにしてもいわゆる
オネエ系が社会進出していいのだということを
認識いたしました。

>パンフレット持っていたんですけど
>今どこにあるかな〜?気になるなあ。
自分も持っていますが、ここ数年の
どたばた(引越し他)でコレクションが
散在してます。探すの大変。

映画パンフを元にブログ記事もいいかな。
めんどい感じもするけれども。
Posted by PON at 2008年02月03日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『幻魔大戦』(1983)
Excerpt: 先ずは「しねま宝島」からの引用――。 もし貴方が原作の『幻魔大戦』の大ファンで、かつ映画を未だ見ていないのであれば、今すぐに映画の存在は忘れた方が良いだろう。何故ならば、これは原作に対する冒涜行為以..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2008-02-16 09:03

幻魔大戦 絶対零度
Excerpt: 幻魔大戦 そんな丈くんですが最後には周囲の熱エネルギーを自らの体に取り込む「絶対零度」なんてゆ〜 超能力を会得してしまいます 幻魔大王との戦いに勝利した後緑の水晶球となって永い眠りについ..
Weblog: 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜 上戸彩 山口紗弥加 木村了 北川弘美 宮迫博之 最新情報
Tracked: 2010-04-21 19:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。