2005年09月13日

西遊記 (国際放映版)

西遊記です。
「♪ぼーんふろむじえっぐおんざまーんってんとっぷ」
ですよ。ゴダイゴですよ。

「堺正章」さんバージョンでなければ。
「唐沢利明」氏でも「モッくん」でも
ましてや「慎吾くん」でもいけません。

あのワイザツさとワイルドさとひょうきんぶりと
それでいて最後にはぶつぶつ言いながらも
絶対助けてくれる存在。
目の上のフチドリメイクが
いかにもサルでした。

そして今でこそ名優「西田敏行」氏との
アドリブが絶妙な掛け合い漫才。
好きだったな〜。
「だってお前、豚はどこまで行っても「ブタ」よ?」
「アニキぃ〜」
なんてね。
とりあえず居てくれればいい「岸辺シロー」=沙悟浄
そしてツキナミな言い方ですが
死してなお輝き続ける女優「夏目雅子」=三蔵法師

ちゃちい特撮も、あれはあれで
「ひとつのファンタジー」として
充分楽しめました。

バトルはいざとなったらやっぱり

孫悟空最強!

「SONGOKU」
「♪俺は自由に生きる〜」
番組の挿入歌。堺正章さんが歌っていた。
一件落着時に故芥川隆行さんの
名調子「続きは次回の講釈で」
と入れ替わりに流れていた隠れた名曲。
但しこの歌は「西遊記U」で流れていました。
テストに出ますから間違えないように。

やっぱり未だファンは多いな

西遊記詳細


堺悟空.jpg

夏目雅子  三蔵法師
堺正章   孫悟空
西田敏行  猪八戒
岸部シロー 沙悟浄
高峰三枝子 釈迦如来
勝呂誉   観世音菩薩
中村敦夫  皇帝

*********************************

子供の頃、
夏目=三蔵の言うことは
なんでも正しいものと思い込んでいたが
大人になって作品を見返してみたら
どうみても悟空の言ってる事の方が正しい!
(っていうか三蔵さん、あんたの言っている事は
 それは女的わがままだよ!)
なんて思うこと度々でした。
悟空も大変だったんだな。

共感していただける方は
是非クリックをお願いします!
人気blogランキングへ


posted by PON at 23:24| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西遊記(国際放映版)をテレビで見ていた時は、まだ幼稚園の頃で、その当時楽しみに見ていた記憶があります。特に印象に残っている内容は、「三蔵法師が敵の罠か作戦で、猿の脳みそが必要となり、孫悟空が自分の頭を割る為にキント雲で空に上り頭から落ちたり、みんなで(猪八戒・沙悟浄等)孫悟空の頭を叩いたシーン」で孫悟空のドジだけど一生懸命さが好きでした。今でも自分が一番見たいテレビは、西遊記です。DVD化がされる日を心より祈っています。


Posted by 名田部 修弘 at 2005年10月09日 10:48
>名田部様

当ブログ主宰PONと申します。
ご丁寧にコメント有難うございました!

>「猿の脳みそが必要となり〜」
おお、そういう話あった気がします。
悟空が自分の頭の固さを嘆くヤツですよね。
八戒の武器(なんて言うんですか?)で
叩いてくれって頼まれて
「叩いてもいいけどもよ〜。こいつの破壊力は
シャレになんねーよ」とかなんとかいって
悟空には結局効果がなく、不思議に思って
八戒も試したら、お馬鹿二人ともフラフラに
なったりするやつ?
うーーんまた見たいです。
Posted by PON at 2005年10月10日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。