2005年09月16日

亡国のイージス

見ましたよー。

<あらすぢ>
 ギリシヤ神話に出てくる無敵の盾「イージス」
名前を持つ護衛艦「いそかぜ」。その名のとおり
最新鋭の防空システムを搭載した護衛艦。
その護衛艦に沖縄米軍基地から盗まれた
 1リットルで東京都民1千万人を
死に至らしめることが可能といわれる
米軍開発の化学兵器「GUSOH(グソー)」が
某国の特殊工作員によって
持ち込まれたという情報が入る。
 「いそかぜ」の先任伍長の仙石(真田)は、
新入隊員の如月(勝地涼)が工作員ではないか?
と、部下を疑わなければならない状況に
苦しみながらも「俺の艦」を守りたい
という思いから、独自に調査を続ける。
誰を信用したらいいのか?
黒幕、某国対日工作員の「ヨンファ」
(中井貴一)とは何者なのか?その目的とは?

ひとことで言えば
「真田広之版 ダイハード」です。
いや、前評判ほどにはつまらなくなかったよ。
充分楽しめました。

・如月はもっと線の細い
 「ビジュアル系ギタリスト」のような
 カンジを想像していたのだが
 主役を演じる「勝地涼」氏は
 金八先生でいじめっ子役A君を
 演じていそうな、骨太なタイプ。
 自衛隊員だからな。そのほうがリアルかもしれない。

「中井貴一」氏はもともと線の細い演技ができる
 タイプではない(要するにラーディッシュ)ので
 かえって工作員の「不気味」さ。
 日本人と異なる「爬虫類」ぶりがよかった。

・一応、内閣調査室の調査員なのだが 
 劇中では単なるおっさんに過ぎない
 「岸辺一徳」氏の相変わらず
 おとぼけぶりもGood!

・もう一方の主役でもある、厚美DAIS局長
 「佐藤浩市」氏は
 そのまま「リゲイン」のCMに繋がるくらい
 苦悩する(疲れた)リーマンでした。

・内閣総理大臣「原田芳雄」
 猥雑で俗物な政治屋だが、決して無能ではない役。
 一昔だったら総理役は
 「山村総」氏だとか「三船敏郎」氏など
 大物俳優がやるところ。 
 原田芳雄氏なんて昔の映画だと
 下手すりゃ「鉄砲玉」役だよ?
 昔の映画なら2等兵役のような方々が
 いまは相応に歳を取られて社会の「幹部」役だもんね。

・航空自衛隊パイロット役の「真木なんたら」は
 意味不明。別に誰でもいいのでは?
 あれは友軍を殺さねばならない軍人の苦悩というよりも
 単にカッコつけているだけです。
 小説のように一度、相方が撃墜されていたら
 話も変わっていただろうけれど。
 唐突に現れ、唐突にカッコつけてた。

「寺尾聡」氏は顔が汚い。

パンフ(1000円!くそう。足元見やがって・・)には
各登場人物の背負っている背景、
なぜ彼らは行動を起こしたのか、
映画に至るまでの前日談、
はては自衛隊の豆知識、
兵器関連の専門用語の説明までがびっしり。

PON的には読んでいてウレシイけど
逆にいえばこういう文字による補填をしなければ
何を言いたいのか解らないセリフ
行動がある、全体的に説明不足
映画であったということ。
演出方法や脚本がヘボイと
文句言う人もいるだろう。
本来、映画とはその作品だけで
すべてが理解できるように
完結しているべきでしょうが
PONは、ここまでまとまっていれば
まあ及第点だと感じた。

自衛隊全面協力なのは時代を感じるが
・反乱首謀者が「いそかぜ」艦長ではなく
 副長に変更
されている事(原作では艦長)
・ヨンファはあくまで「某国」の工作員である事

この二つが映画製作者が自衛隊に遠慮して

「ひよった」

部分と思われ。

某国なイージス.jpg
「某国のイージス」でした。
おそまつ。

原作:福井晴敏
監督:坂本順治「どついたるねん」



**************************
このブログの存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

なんか頭でっかちが
理屈こねていたけれど。
自分の生まれた家を
理不尽な脅威(多くは暴力)から
守らねばならない言う考えは
PONも共感するけれど
亡国工作員に協力してまで
反逆しなければいけないほど
「日本」ってのはヒドイ国ですか?
まぬけな国だとは思いますが。
息子さんだって謀殺したのはDAISが悪いが
そもそも、たかだか大学生の論文に
そこまで影響力があるとは
思えないんだけどな。
でも国家も如月の見殺しはイクナイ!

マニアとして。
同僚艦「うらかぜ」が撃沈されるまでに
あがくシーンをもっとビジュアルで見たかった。
CICのレーダー画面で
座標点が消失するだけで表現するというのは
乾いた戦争という意味では、リアルだけど
見ていてつまらない。
敵に撃たれてから初めて行動せねばならない
自衛隊員の本懐
を見せて欲しかった。

もっとも、最近の軍艦はあらゆる武器の攻撃力が
上がりすぎてしまったため、開き直って
防御を止めてしまって
ミサイル一発でも
当たったら終わりなんだけどね。
誠に怖い話。

映画版「機動警察パトレイバーU」に
イメージがかぶる部分がありました。

それと工作員には
「はさみ」と「のり」が必需品。


posted by PON at 12:40| ☀| Comment(15) | TrackBack(25) | 映画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〉(要するにラーディッシュ)
に大ウケしていますw
人猫でございます。

原作のイメージを壊したくなくって
まだ観てないんですが
パンフ目当てに行こうかなあ、、、。

PS. 剣豪記事、書いてますw。
Posted by 人猫 at 2005年09月16日 19:10
よく見ろ日本人、これがミキプルーンだ。
Posted by Stuka at 2005年09月17日 07:17
TB有難う御座いました。
確かに「真田広之版 ダイハード」でありました。
如月に勝地涼を配役するのはかなりの英断だったと思います。
原田芳雄の総理は阪本組ならではの配役かと存じます。
Posted by Hiro at 2005年09月28日 21:41
TBありがとうございました。 
ブログを見せて頂いたら 
ご結婚されたようで、
おめでとうございます。
Posted by kazu at 2005年09月28日 22:31
TBありがとうございます。原作既読で観賞に望み、酷評の多い中、自分はとてもうれしく思えた映画です。勝地くんは、はっきり言って「タイプ」デス。わはは!(品なさすぎ)
ご結婚…とのコメントを見つけ、こちらのブログ内をうろついてしまいました。
遅ればせではございますが、おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに。女性の幸福は、ペアとなる男性次第でございます。はい。
Posted by あかん隊 at 2005年09月29日 00:08
TBありがとうございます!
おもしろかったけど
説明不足が目立ちましたね・・
おしい!!
Posted by ケイティ at 2005年09月29日 09:56
TB有難うございます!
エンターテイメントとしては楽しめた作品でした。
説明不足だったのがちょっと辛かったですが。^^:
Posted by ルーピーQ at 2005年09月29日 12:09
>人猫様
パンフいいですよ。貸しましょうか(笑)
小説の例えば名場面集だと思えば
そんなに腹も立ちませんって。
Posted by PON at 2005年09月30日 22:13
>STUKA様
GUSOH(グソー)って
伊良部島の民話に出てくる死後の世界
「後生」を語源としているらし。原作では。
「ク×ー」だったりしたら
そんなんじゃ国家は脅迫できないけれど
単に生理的に嫌だなーと
そんなこと考えた平和ボケです。
ミキプルーンなら脅迫できそうな
気もしてきた。
Posted by PON at 2005年09月30日 22:21
>HIRO様

>原田芳雄の総理は阪本組
ふんふん、そういう流れだったんですね。
あのキャラは政治屋の生臭さが出ていて
よかったと思います。
Posted by PON at 2005年09月30日 22:23
>Kazu様
結婚してしまいました。
今後ともよろしくお願いします!
結婚騒動記を何故か書く気になれず
ハネムーン時に機内で見た
映画鑑賞文なんか書いております。
うーーむ
Posted by PON at 2005年09月30日 22:25
>あかん隊様

>わはは!(品なさすぎ)
↑とっても気に入りました。
PONも今後使おうかな。
わはは!わはは!

>女性の幸福は、ペアとなる男性次第
グソーなんかよりよほど
即効性のある台詞ですねえ。
Posted by PON at 2005年09月30日 22:28
>ケイティ様
面白かったけれど
その面白さを理解するには
事前知識が欠かせない・・
総評では
こんなところなんでしょうね。

Posted by PON at 2005年09月30日 22:30
>ルーピーQ様
PONのようなおたくですと
一般人に判らない点が
自分だけたまたま判ってしまったり。
そうすると、今度は周囲に自慢したくて
しょうがなくなる訳ですよ。
そうすると、相方に
「静かにして!」って言われて
シュンとなるわけです。
Posted by PON at 2005年09月30日 22:32
PONさん,こんばんは.
返信が遅くなってすみません.

>PONは、ここまでまとまっていれば
>まあ及第点だと感じた。

私もこの映画を結構楽しく見ました.
真田広之と原田芳雄が好き気に入っているから,という部分もありますが・・・
「何で俺のときに」・・・この言葉が耳にこびりついて離れません(^^)v
Posted by dshu echo at 2005年10月02日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『亡国のイージス』
Excerpt:  豪華キャストの競演が映画の醍醐味。  同年、真田広之・中井貴一・佐藤浩市の共演も嬉しい。  個人評価 ★★★☆  『 映画雑感 』
Weblog: cinema days 『映画な日々』
Tracked: 2005-09-28 21:42

映画館「亡国のイージス」
Excerpt: 地元の映画館で勝地涼さんと谷原章介さんの舞台挨拶付の上映を見てきました!舞台挨拶の感想はこちらから。 海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力を得て作られたこの作品。小説を読んだ父と一緒に観にいったので..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-09-28 21:46

亡国のイージス
Excerpt: 某国工作員のヨンファと  「いそかぜ」の宮津副部長が結託。 訓練中の海上自衛隊イージス艦を占拠。    搭載された特殊兵器GUSOH。 首都圏に照準を合わせ、日本政府に要求を突きつける。  タイ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2005-09-28 22:28

亡国のイージス
Excerpt: なかなか良かったと思います。原作とは別なお話のようになっていると思いました。ちゃ
Weblog: cococo
Tracked: 2005-09-29 00:10

★「亡国のイージス」
Excerpt: 久しぶりに仕事休みの火曜日に映画を観る事が出来ました。 お子様向けアニメが多いこの季節・・・ あまり、得意分野じゃない軍事モノに手を染めるしかなく・・・ 観てみる事に・・・ まっ、日本の豪華俳優陣が名..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-09-29 00:14

亡国のイージス
Excerpt: 守るべき国の形も見えず、 いまだ共通した歴史認識さえ持ちえず、 責任回避の論法だけが人を動かす。 国家としての顔を持たない国にあって、 国防の楯とは笑止。 我らは亡国の楯(イージス)。 偽..
Weblog: Tranquil & Radical
Tracked: 2005-09-29 05:54

亡国のイージス
Excerpt:  ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2005-09-29 06:01

亡国のイージス
Excerpt: 感想…  真田広之・中井貴一・寺尾聡  世界に出して恥ずかしくない名優が出演!  文句なしの最高の演技を見せてくれる。    セリフがほとんどない安藤政信くんの演技がよかった!  物言わぬ..
Weblog: ケイティの映画的生活
Tracked: 2005-09-29 09:57

■亡国のイージス
Excerpt:  東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長(寺尾聰)は、先任伍長の仙石(真田広之)に、犯人が如月一等海士(勝地涼)であると告げ、乗務員を艦から退去..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2005-09-29 12:10

亡国のイージス
Excerpt: 「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常にあらず!」なんとまぁ、恐ろしい{/face_naki/} この話は、のんびり構えている「戦争を意識しない日本人たち」に対し..
Weblog: こっちゃんと映画をみまちょ♪
Tracked: 2005-09-29 12:27

亡国のイージス
Excerpt: 製作国:日本 公開:2005年7月30日 監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、チェ・ミンソ、吉田栄作、谷原章介、豊原功補、安藤政信、原田芳雄、原..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2005-09-30 00:22

亡国のイージス
Excerpt: 真田広之主演 アクション映画だと思っては大間違い。 アクションがないわけではないが、どちらかと言えば、登場人物達の人間劇である。 皆それぞれの思いがあり、葛藤があり、その中で、話が展開していく。..
Weblog: 「月の風」シネマ日記
Tracked: 2005-10-02 10:53

映画「亡国のイージス」
Excerpt: 気持ちが入った。任務を全うするために行動を起こす。その根性に魅せられた。 福井晴
Weblog: RAKUGAKI
Tracked: 2005-10-08 07:44

亡国のイージス 06年1本目
Excerpt: 亡国のイージス 本数リセット、06年1本目からいきます。 原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-01-14 01:55

篋≦?純???ゃ?若?吾?
Excerpt: 篁?綛眼?????????????√????????????祉??鐚?篏??????障???????????????????????娯?????????????????????????処???????..
Weblog: 罨ч※
Tracked: 2006-03-26 19:39

男臭い緊張感が張りつめる 「亡国のイージス」
Excerpt: 評価:65点 亡国のイージス 邦画の大作映画・豪華キャスト・厚い原作本、 と来ると、 豪華キャストを間違った使い方をして、一つ一つのエピソードを薄くし、原作本のうわっつらだけをなぞる、しょー..
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2006-03-26 20:41

亡国のイージス(評価:◎)
Excerpt: 【監督】阪本順治 【出演】真田広之/寺尾聰/佐藤浩一/中井貴一/勝地涼/吉田栄作/安藤政信/チェ・ミンソ/岸辺一徳/原田芳雄 【公開日】2005/7.30 【製作】日本 【ストーリー?..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2006-03-26 22:02

亡国のイージス☆独り言
Excerpt: 原作を先に読んでしまっても、猫はそれはそれ、これはこれって割り切ってるつもりでしたが 今回の『亡国のイージス』は、ちょっとスカーーンって抜けてしまった感が残ってしまいましたーー; やっぱり、上..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2006-03-26 23:17

「亡国のイージス」
Excerpt: 「亡国のイージス」 東京厚生年金会館で鑑賞 作品の影響か、スポンサーのサントリーがウイスキーの試飲をやっている為か、今夜はオヤジさんたちが多かった。いつもなら若い女の子でいっぱいなのでありますが..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2006-03-27 00:11

「亡国のイージス」
Excerpt: 兵器の恐怖は核だけではない。化学兵器、細菌兵器だって脅威なのだ。北朝鮮の核保有が叫ばれる中、日本の自衛とは何のための自衛なのか考え...
Weblog: Zionの丘
Tracked: 2006-03-27 01:25

亡国のイージス
Excerpt: 迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-03-27 10:34

【亡国のイージス】が魅力的なワケ。
Excerpt: 私って本当にラッキー♪ このブログによく登場してくれるデキル後輩が、【亡国のイージス】のプレミア試写会に連れて行ってくれましたー! 今朝のニュースでもチラっとやってましたが、スタッフ&キャスト10数名..
Weblog: Fun is ;
Tracked: 2006-03-27 12:59

亡国のイージス
Excerpt: story 人気作家、福井晴敏の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦を乗っ取り日本国家に空前??
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-06-14 20:00

映画・亡国のイージス〜四大スター競演!
Excerpt: 映画・亡国のイージス、見ましたが予想以上に面白かったです。真田広之・中井貴一・佐藤浩一・寺尾聰など主役級のスターが競演しますが、真田さんが主役のようです。自衛隊を舞台にした架空の話なわけですが、設定が..
Weblog: 名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など
Tracked: 2006-11-30 02:28

亡国のイージス(評価:◎)
Excerpt: 【監督】阪本順治 【出演】真田広之/寺尾聰/佐藤浩一/中井貴一/勝地涼/吉田栄作/安藤政信/チェ・ミンソ/岸辺一徳/原田芳雄 【公開日】2005/7.30 【製作】日本 【ストーリー】..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2007-06-11 00:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。