2007年12月24日

ヘアヌード写真集と俺

なんともうクリスマスイブ。
「聖夜」と入力したら、早速
「性や」と変換したIME2007くん。
ならばハダカねたで行きます。

Xmas.JPG

めりくり。

************************

ヘアヌード」写真集
妙な言葉だ。
「毛」「裸体」の「写真集」だもの。
ホントへんなの。
この言葉は、どこかの男性雑誌編集長が
適当にいいだしたのが「はじまり」だとかで
典型的な「和製英語」。

この当時は「脱がせ屋」ってのがいたらしい。
単にAV女優が脱いでもインパクトないから
宮沢りえを超えるインパクトを求めて
とにかく「え?あの人が??」という
有名人をスカウトしまくったようだ。

「ウォーターフルーツ」
樋口可南子

ソフトバンクのCMは
なんか昔壮絶なオイタをしまくった
女性(=樋口さん)が、今は静かに
主婦しているみたい

ちょっとどきどき。
この写真集で実質「ヘア解禁」に
なったとされたらしい。
加納典明も逮捕され損だ。

「菅野美穂」写真集
NUDITY
版元は「R(ルー)出版」とかいった。
この、バカ売れが約束された写真集の
売り上げを吸い取るための出版社を
ワザワザ設立したって感じに思えたが。
今もどこかにあるんだろうか?
人気上昇中のアイドルがいきなり脱いだ!
ってんだから驚き。

この頃、自分は本屋でバイトしていたので
これが発売されたときはよく覚えている。
店の(お客は)朝から厳戒態勢。
午後の荷物で入荷することが
何故か知れ渡っていたので
のほほんとしていた俺ら店員とは逆に
いわゆる、アイドルマニア系のみなさんが
荷開けする我々の挙動一つ一つを
観察(監視)していた。
店員が先走りして確保してしまわないか
それが心配だったようだ。
PONも確か文庫本を開けているときに
ジト目で監視していた客に
2度ほど声をかけられた。
「それ、写真集入ってないすか?」
失礼なやつだな〜とは思ったけど
軽くあしらっていると、店長から
仕事になんないから
お客さんを仕切るように命令され
20冊分の当たりとその倍の空クジを作った。
で、午後一の抽選会。俺が超テキトーに数を
作ったくじだったが、なんと並んだ
男どもの数と偶然一致。
しかも一番最後の客に20冊目が当たった。
よかったよかった。

こちらとしては写真集の購入権利が
余ってしまっても非常に困る。
クジに外れた男どもは今なお恨めしそうに
自分を見ていたくらいだからだ。

今でもそれなりに高いんじゃないかな。
かつては神田の古本屋が、写真集売買価格の
スタンダードだったが、今はネットの時代だから。

遠野物語
これは「藤田朋子」の写真集。
他店で売り切れが出始めた中、PONの
バイト先では売れのこってたんだよね。
客筋がよい店だったこともあるかも。
7〜8冊くらい。
そこでPONが急遽POPを作って
「値上がり確実!10年後を見ていて下さい」
とテキトーにブチあげたら、
近所の商店主が続けざまに購入していった。
書いたとおりだったね。
今でも結構な値段だと思う。

「葉月里緒菜」写真集
これが発売されたときは
コンビニで仕事していた時代で
ヘアヌード写真集が田舎のコンビニにも
配本されたことにビックリ。
深夜に本を持ってきた配送のニイちゃんが
見てみましょうよ?というので
口車に乗って開封、一緒に見た。
(ヤロー二人で深夜に何やってんだかw)
その胸の薄さに二度ビックリでした。

宮沢りえ
すんません、朝日新聞の広告に
衝撃を受けて、発禁になる前に!と
予約までして買ってしまいましたことを
今ここに告白するものです。
(その後、引っ越しを繰り返すうちに
 二束三文で売ってしまいましたが)
でもきれいだったし、正直「宝物」を
手にしたような気分でしたよ。
(国の強制でも出版社の自粛でも
 どっちでもいいから発禁になる前に
 手に入れとこうという気分がどっかに
 ありました。あの頃)

「石田エリ」写真集
彼女、実はウルトラマン80の
ヒロインであった(女性防衛隊員)
こと知る人ぞ知る話。
その後は某釣りバカの奥さんも演じた。
もう亡くなったそうですが名写真家
ニュートンさんにわざわざ撮らせたみたい。

「ヘアヌード」写真集で思い出すのは
それくらい。その後はもう、彼女も脱いで
この子も脱いで・・ゲッあんたはいいよ!
なんていいつつ、下火になっていったのは
ご存知の通りです。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。