2008年04月24日

三国志

自分で言うのも何だが三国志のことを
このブログで取り上げるコトになろうとは・・
決して「ネタ枯れ」ではありません。

高校時代、いつも信長の野望シリーズばっかり
やっていたPONもさすがに飽きてきたことがある。
毎度毎度、近畿地方を征服したら、関東、東北
四国、中国、九州と、日本列島の征服パターンに
飽き飽き。あんだけやればそれも当然。

これから非常に、不謹慎なことを書く。
また、特定アジアの方々で万が一このブログを
読む方&理解できる方がいらしたら
少し聞き流していただきたい。

毎回毎回プレイヤーとして日本国中を占領、
その過程において重要な戦国武将を
大事に大事に育て、まさに
戦国オールスターズの家臣団を造り上げる。
(マイキャラが「北条氏康」、軍団長に
 「織田信長」「武田信玄」「松平元康」
 切り込み隊長「上杉謙信」とかね
 ・・めちゃくちゃなのは理解してますけど。
 また味もへったくれもなくなることも承知の助)

そんだけの家臣団を育てながら、日本一国を
平定したからそれでハイ、エンディング〜ってのは
あまりにどうかと毎度思ってた。

軽い考えで言わせてもらえば、日本最強チームで
世界相手に戦いたいって事デスよ。
どうしようもないですね。男の子って。

一番ニアなゲームは同じ光栄から出ていた
「蒼き狼と白き雌鹿〜ジンギスカン」
ですが、それはもう「世界統一」ともなれば
国内統一の10倍の規模とそれに伴う
めんどくささがあっても頑張れるよ、
この家臣団とならオレ、と何度思ったことか。

実はこの発想はかなり危険で、ゲーム会社
コーエーも20年くらい前にPCゲームを細々と
作っていたころと比べ、あまりにも社会認知度が
高くなりすぎている。

要するにリスクが大きすぎなのだ。
日本国内を統一した戦国武将が
 オールスターで世界統一に乗り出す
」って
それって、史実じゃないですか。
それを知ったら黙ってないよなぁ。
特定アジアのかの国が。

「蒼き狼と白き雌鹿〜ジンギスカン」は、
日本で言えば鎌倉時代(1192〜)の設定だから
多少、生臭さが消えているのからひとまず
存在が許されているのかもしれない。
(当時、逆に大陸から攻めてきたのを迎撃した
 くらいですから・・元寇と神風ですね)

・・でどこからか「三国志」から離れた話に
なってますが。そうそう。「信長の野望」シリーズに
あきて数回だけ「三国志」をやってみた。
たしか三国志Uだったと思う。

カリスマと100で政治が90くらいの
オリジナル女性君主を作成、地理カンもないけど
中国地図の端っこに独立国をおったてて
ゲームスタート。
まず周辺国情報を、と早速偵察開始。
すると、比較的近くのライバル国に
「呂布(りょふ)」という武将がいる。
こんな自分でも、「呂布」が、三国志最強の
暴れん坊であることくらいは知っていたので、
ダメもとで君主自らスカウトに出馬してみた。

すると、呂布さん。弱小国家ながら、
カリスマだけは100の美人君主のもとへ
速攻で寝返ってくれた。
「呂布は強いけど、(バカで)美人に弱い」
ナイスガイという認識が、今でもPONの中に
ある由来である。

呂布の強さで、草刈り場のように
他国を切り取りはすれども、政治屋武将が
少なくて統治ができず、カリスマ国は
全面崩壊の道をたどった気がする。
そんな思い出。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。