2008年05月17日

進修館が9−0で勝利した裏に・・

2回途中0−66、試合放棄申し出る…埼玉県大会
4月16日8時0分配信 スポーツ報知

 熊谷公園球場で15日に行われた高校野球春季
埼玉県大会北部地区予選1回戦、進修館−川本戦で、
川本が0−66の2回裏1死から試合を放棄する
出来事があった。試合は規定により、進修館が9−0で
勝利した。けがなどによる部員不足での試合放棄の
例があるが、申し出による試合放棄は極めて異例の
事態だ。

 川本は先発投手を含む2人が正式部員で、他部からの
助っ人を集めて今大会に出場。初回に26失点、2回は
1死までに40失点していた。先発投手の球数が250
を超えたため、健康上の理由から飯田貴司監督が大会
本部に試合放棄を申し出た。

 飯田監督は「このペースだと4回で500球近く投げる
ことになる。他の選手も集中力を欠くことで、けがの
危険性があった」と苦渋の決断だったことを説明した。

************************

飯田監督・・「苦渋の決断」とは、自野球部に
正式部員が2人しかいない時点で、地方大会参加を
断念する際に持ち出す言葉ではありませんかね?

>2回は1死までに40失点していた。先発投手の
>球数が250球超えたため
それにしてもこのピッチャーもすごい。
250球も投げたんですか!
どんな球を投げたかにもよりますケド・・
多分もう終わりの方は、ホームベースまで届かない
全部「ボール」だっただろうなあ。
自動?フォアボール製造器。



なんか空しい。そして物悲しい記事でした。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(哀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。