2009年11月06日

「深く静かに沈没せよ」おおのやすゆき

「深く静かに沈没せよ」おおのやすゆき

「ドイツの技術力は!

世界一ィィィィィィィ!! 」


深く静かに沈没せよ
「ああ栄光と愛と正義と平和と自由の戦死たち」
※協力:大滝よしざえもん
(日本出版社/1993年)

戦争モノというか、完全ミリタリーマニア
向けギャグ漫画。当時、本屋で立ち読みして
これはオモロイってんで即購入したもの。
数年前の財政難の折、コミックまとめ売りした
なかにあった気もしますが。

後で検索してみたら、結構知っている人いたみたいで
その筋のマニアでは割とネタになっていた様子。
某三色本屋で100円で売り出されていたら
もう一回くらい購入してもいいかな。

【収録作】
「ああ熱砂の蒼空に荒鷲は羽ばたかない」
・・いきなりで申し訳ないが、実はあんまり
  覚えていない。「荒鷲は羽ばたかない」
  といった人をくった題名がもう中身を
  ある程度、表していると思う。  

「輝け!第1679回 日米対抗貿易不均衡合戦!!」
・・これ面白かった。この漫画が描かれた当時の
  日本はバブル前夜。世界中にエコノミック
  アニマルの尖兵である日本商社マンが
  活躍してまして、JAPAN AS No1
  の「おちょくり」方がハンパじゃなかった。

「忘れ得ぬ幻の航空母艦列伝」
・・これも面白かった。史実風に描かれていたので
  知らない人が読んだら(まずそんなことないだろうが)
  ホンキにするかもしれない。
  旧帝国海軍大型空母「赤城」はもともと
  戦艦を改造したものなので、実は目立たないトコロに
  20センチ副砲が残されていた史実が有る。
  同じくアメリカ海軍空母サラトガも艦橋の前後?にも
  副砲が装備されていた(これまた史実)

  お互いの飛行機を飛ばしあってアウトレンジ戦法が
  常識化した当時、空母同士の殴り合いなんて有りえず
  空母に副砲なんてデッドウエイト以外の何者でもない。
  そのぶん燃料なり補充部品なり少しでも搭載するのが
  スジなんだが、取り外すのに金も手間もかかるので
  そのままになっていた。

  濃霧のため、この空母二隻が艦隊からはぐれ
  なんかのはずみで(←この辺が一番マンガ)
  接近遭遇してしまったから、さあ大変。
  目視できる距離での殴り合いに突入。
 
  われわれは、空母でありながら砲撃戦を
  演じあった二艦の勇姿を忘れないだろうw

「深く静かに沈没せよ」
・・どんなだったけなあ。内容。
 「ドイツの技術力は!世界一ィィィィィィィ!! 」
  という名言を残したヒゲ面Uボート艦長
  初見参漫画だったような。この艦長、後にも
  出てきます。

「世界に冠たるドイツ陸上戦艦ここにありて」
・・ドイツ軍の珍兵器を結構まじめに
  取り上げた内容だった気がする。
  殊更おちょくらなくても、充分笑えるからね。
  まじめと狂気が結婚した産物の珍兵器って奴は。

・無人誘導対戦車自走爆雷ゴリアテ
 これは結構有名。ドイツ軍はラジコンを
 兵器にしてたのです。無人だけど爆弾を
 搭載しているんで怖いよ。

・超重戦車マウス
 これも有名。普通の戦車三台分くらい
 巨大な戦車なのに名前が「マウス」
 どの国の軍人も一度は考えるんだね。
 大きい兵器=強い兵器、と。

・装甲列車ミドガルドシュランゲ
 貨車に、戦車の砲塔や、対空機銃をとりつけ
 編成の中央に装甲蒸気機関車をおく。
 無蓋車には戦車も搭載。イザとなったら
 列車から降りて戦争する。 

 鉄道網が発達しているヨーロッパでは
 装甲列車というのも、まあアリと考えられた様子。
 けど、鉄道だからねえ。線路がいるからね。
 戦争に勝っているうちは鉄道に「装甲」とか「武装」
 とかイラナイし、負けてきたら、線路壊されて
 終わりだし。その辺、素人でもわかるけれども。

 中国大陸では日本軍も保有、運用していたようです。
 「装甲列車」

・音波砲、風砲、竜巻砲、太陽砲
 この辺も実用的ではなかったようだけど
 研究はされていたらしい。
 負け気味の国が一番恐れるのは、やっぱ
 空からの攻撃なんで。
 音波砲なんか実際効果があったみたい。
 ただし、音波砲の前でかなり長い間
 敵がじっとしていてくれないと
という条件付。

・竜巻砲は名前の通り。空気と水で竜巻を
 発生させ、ヒコーキを落とす。発想だけでも
 すごい。

・太陽砲って、ソーラーシステム(C)連邦軍?

・週刊空母カサブランカ
 カサブランカ級空母ってのは実在した。空母と
 いっても「護衛空母」といって正規空母の1/5
 の搭載量だけど、空母には違いない。
 アメリカがその工業力を見せつけ、一週間に
 一隻は就役していた、正に週刊空母。
 同型艦50隻以上。日本、勝てるはずがない。

ハボクック
 元首相が「日本は不沈空母、神の国、よくやった
 感動した」(いろいろ混ざってますが)と
 看破したように、空母の最大の欠点は沈んでしまう事。
 だったら沈まない空母を作ってしまえばいい・・と
 考えた奴がいる。
 
 平らなテーブルのような氷山を極から持ってきて
 表面を加工して溶けないようにする。
 もし爆弾攻撃を受けたら、穴に水を張って
 寒いところへ戻ればタチマチ修復完了。
 結局計画倒れでしたが。 

「喜劇・駅前戦争殺人列車出発進行!」
・・この話も好きだったなあ。先ほど書いた
 「装甲列車」をトコトンまでパロった物。

300_c01.jpg

 あしか作戦(イギリス本土上陸作戦)が
 お流れになりそうな戦況。頼りにならない
 空軍は無視して、栄えあるドイツ陸軍は
 先頭にドリル装備、自力でトンネルを掘れる
 装甲列車を開発する(うそですよ)。
 一応陸上戦艦なんで責任者に海軍から例の
 艦長も招聘。たった一編成でイギリスへ
 進撃を開始する。

 その名も「鉄の豚野郎号」!名前が凄すぎ。
 ドイツなら充分あり得そうだ。

 とにかくスタンドアローンで敵地へ殴りこみだ。
 なにが起きるか判らない。だからあらゆる状況を
 想定、前のマンガにも出てきたイイカゲンな
 ジャパニーズ営業マンにも協力してもらい
 どんどん貨車を連結。なんといっても列車であるから
 編成自在。
 どれくらいメチャクチャな装甲列車であるのかは
 ゼヒ、作品で確認していただきたい。
 実は自分もあんまり覚えていないのだ。

「ドイツの技術力は!世界一ィィィィィィィ!! 」

「独立自衛隊西へ」
・・こんなのあったっけ?

イギリス兵の描き方もおちょくっていていい。

とにかく!お茶だ!!

そんな彼のもうひとつのマンガが
「西武新宿戦線異状なし DRAGON RETRIEVER」
なのだが、語るスペースが無くなったので
また後日。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

「ちいさなのんちゃん」 永野のりこ

もう11月・・。

マスライです。

***********************

ちいさなのんちゃん

永野のりこさんの作品は、作品発表時期と
なにより見る人を選ぶんですが・・
とにかくオタクでアレなんですけども。
アレがアレでアレなのですよ。まきざっぽ。

・みすて・ないでデイジー
・GOD SAVE THE すげこまくん!
・電波オデッセイ
・土田君てアレですね!
・ちいさなのんちゃん

主にこの辺を読んでおりました。

永野のりこさん30の質問

「ちいさなのんちゃん」

ほぼ唯一、普通の人が読んでも楽しめるコミック
ではないだろうか。産経新聞の日曜版文化欄だかに
掲載していたらしい、作者の子育て日記。

あくまで、読者である私の想像なのだが、
もともとこの作者は非常に引っ込み思案で
幼少時からイヂメも含む壮絶な青春を
送ってこられた様子。彼女を支えてきたのは
当時のオタク文化(主にウルトラマンとマンガ)
であり、長じて立派なオタクのハシリ
兼プロの漫画家になり、一女をもうける。

その長女の育児マンガ日記こそ
「ちいさなのんちゃん」である。

chiisanaNonchan.jpg

オタク漫画家が子育てするとどうなるか?
日常生活が淡々と描かれていました。
さすが漫画家。感受性をとっても大事にした育児。

・どんぐり拾いのお話

・流氷の妖精クリオネは、見かけよりだいぶ
 ヤバイ変形をしてエモノを捕食するのですが
 それをTVで見てしまった二人の対応

・特に印象深いのが・・
 「ちいさなのんちゃんが大好きだったボールプール
  なんであの頃もっと連れて行って
  あげられなかったんだろ。
  あの小さかったのんちゃんはもういないのに・・。
  うぇーーん(母である作者の涙w)」
 と、ただ作者が自分の胸が締め付けられる思いを
 述べる回。当然ですがのんちゃんは死んでません。
 彼女が成長し幼児施設を喜ぶ歳でなくなったという
 だけなんですが(苦笑)

私も息子がすべてをなんでも素直に喜んでくれる
今のうちに、できる限り連れて行ってあげようと
常々思ってるのですが、ここら辺にその一因があります。

母親の影響を多大に受けオタクエリート教育を
うけたのんちゃん。

例えば手塚治虫氏の傑作漫画
ブラックジャック映画版を親子で見に行った折なぞ
名シーンの連発に揃ってTT(涙ダバダバ)状態。

「・・のんちゃん、見た?
「うんうん・・えぐえぐ」 
「・・いま、手塚先生が通り過ぎていった気がするぅ」
「うぇーーーん TT
ってなモンである。

なんだかなあ、という気もするけれど
子育ての愛情の深さはよーく伝わり、
ほのぼのとした気持ちをPONに残りましたが、
そのうちこのコミックの存在は
PONの日常のなかに埋没してゆきました。

連載中はワリとリアルタイムにエピソードが
綴られていたようだけど、やっぱこどもの成長は早く
連載終了&単行本化したころには
リアルのんちゃんは高校一年生(16歳)になってた。

連載終了後ののんちゃんのその後なぞ
当方、当然知るわけがないです。



先日、Wikiで「永野のりこ」さんの検索を
していたところ、衝撃的な事実が発覚した。

>上記の彼女の子供はオタク系バンド「Little Non」の
>ボーカル、ノゾミとして活躍。産経新聞火曜日に
>連載されていた子育てエッセイ漫画
>『ちいさなのんちゃん』の主役でもある。
>因みに彼女も後述の「おかっぱ少女」として描かれている。

おお?
オタク系バンド「Little Non」
ボーカル、ノゾミ??

いかにも、ノゾミはのんちゃんである。
これは見てみないと。
のんちゃんのその後を。

公式サイト↓
http://www.littlenon.com/

Wiki↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/Little_Non

そうか・・あの、のんちゃんがねえ。
おおきくなりやがって・・(カリ城)



***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

電波オデッセイ
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

「バトル・オーバー・北海道」小林源文

中川昭一氏が死去とは。
親子二代、いろいろ憶測できそうですが。
奥様の言葉
「選挙に負けるとはこういうこと
 なんだとわかりました」

に、なんか青い巨星を思い浮かべた私。
お悔やみ申し上げます。

マスライです。

***********************

「バトル・オーバー・北海道」小林源文

突然ですけど「バトル・オーバー・北海道」
コミックですよ。東西冷戦時の産物。
戦争漫画の大家、小林源文氏の作品です。

この人の漫画は全編戦場。Vooooon!とか
Zapp!とかVowVow!!とかとか
まあそういう音響がとどろく中、ほとんど
「戦車の戦車による戦車のための戦争」
とり行われます。
中でもドイツ軍による戦車戦が描けさえすれば
幸せのようですね。
オレのケツを舐めろ!とか
パンツァーフォー!とかそういう世界。

個人的には小林氏の作品はあまりに状況説明が
無さ過ぎで、場面転換や、セリフも唐突に感じられ
マニア向け超不親切漫画だと思ってまして
あまり積極的には読まなかったPONですが。 

高校生の頃、さんざん遊んだ「大戦略」のマップに
RED BEAR」ってのがありまして。
ご存知、北海道を舞台にした防衛戦マップ。
カラフトからRED BEAR、つまり旧ソ連本軍が
北方領土からは二線級ソ連軍(だいたいはWTO軍)が
攻めて来るんで、プレイヤー(自衛隊)は
戦力差2:1の圧倒的不利な状況下、日本防衛のため
全力で頑張るってゆー燃える設定。
(アメリカ軍の応援もありますが、拠点は三沢。
 しかも空軍力のみ)

冷戦時代、自衛隊は旧ソ連を仮想敵国とし、
北海道に攻めてくるかもしれないよ!と
国内を煽り、予算を獲得してきた歴史があります。
当時の人間には、戦争があるとしたらまず
北海道で、というのが常識だったのです。

このMAPで遊んでいる最中に発売されたのが
この漫画「バトル・オーバー・北海道」でした。
だから内容は「ソ連軍が北海道に攻めてきた!
そのとき自衛隊は?」というそのまんまです。

本州からの応援が通るはずの、青函トンネルは
スペツナズ(旧ソ連特殊部隊)が急襲、
排水ポンプが破壊され水浸しにつき使用不可能。
旭川の第二師団とか、帯広の第五師団とかも
本州よりは対機甲戦力(要は対戦車能力)がある
とはいえ、普通科(歩兵)が中心。

日本唯一の機甲師団第七師団を動かすにしても
なにしろ虎の子なのでなくなったらどうすんだ!
と政治が本末転倒で足を引っ張る。

一方、旧ソ連軍は相変わらず戦車を中心とする
機甲スチームローラー作戦

自衛隊は、旧軍のノモンハン事変のように
ここでも世の無理解&無能な政治のために
体ひとつで、戦車と戦うハメになるのです。
この辺、非常にリアルでお気の毒です。

ノモンハンと違う点は、自衛隊はソ連軍を殲滅する
必要はなく、橋を爆破し、トンネルを崩し、バリケードを
つくり、とにかく一秒でも時間を稼いで、
日本および世界が本腰を入れて
悪の帝国(と当時は呼ばれた)ソ連撃退に
動き出すのを待つこと。

自衛隊の新兵が民間の財産に手を出すのは・・と
躊躇していると、今は戦時だ。
民間は協力すべしとかいって
先輩がライフルで自販機を破壊。
ジュースをゲットしたり。
破壊された商店街から、ウォークマンを
確保したり。
(これは日ソに限らず)

一番、面白かったのは、戦争前には
非常に勇ましい言動で世間をあおり、
威張ってきた右勢力のみなさん。

ソ連の急襲を受け、ろくに反撃もせず
あっという間に降伏。
敵軍司令官に向かい
「我々は熱烈な愛国者であり、
捕虜として当然、仕官待遇を要求する」

と主張。
ソ連司令官は
「いいたい事は判った・・ヤレ
だだだだ・・で全滅するとこw

ゲームでもPCがどんどん投入してくるソ連軍
「T72」やら「T64」に対して
「61式戦車」や「60式無反動砲」もしくは
「重歩兵」だけで対抗するのは厳しかったですよ!!

サッポロから部隊をえっちらと移動させ
自ターンになったので、さて前線を構築しようと
画面を見ると、あれ?わが軍部隊がない?
気のせいではないのです。
敵ターンのうちに瞬殺されて影も形も
無くなってしまってたんですな(遠い目)

とにかく、リアル世界で実現しなくてよかった。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

「パギャル!」 浜田ブリトニー

「パギャル!」 浜田ブリトニー

浜田ブリトニーという漫画家のギャル漫画が
笑えなくなってる(もともとそんな面白くないが)

パギャル!
 ビッグコミックスピリッツにて、ギャル語を
 用いる渋谷のギャルの生態を描いたコミック。


だってあれ、情報格差、経済格差が生み出した
バカ女(3人組)の物語だもの。読んでて痛い。

漫画なんで、ディフォルメされているし、
ホンキにしすぎるのも自分でもどうかと思うが
それにしても、あの登場人物達に近い精神構造と知識の
持ち主は確かに一定数存在すると思う。

うすら寒い。
彼&彼女らみたいな人どうすんだろ。
これから。

以前、報道で見たんだけども、情報化社会といっても
今の30歳くらいを境に、PCを使う世代と
携帯しか使えない世代に分かれると。

極端かもしれないが、中には携帯のほうがいい
とのたまう女すら。
「パソコンってウィルスとか怖いじゃないですか〜」
だって。

実際、入力親指の速さは驚異的だけど自宅にPCが
ないヒトっているからなあ。なのに「事務職」希望。
事務職が携帯端末だけでこなせればイイのにね。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

「サバイバル」 さいとうたかを

本日は防災の日。

************************

「サバイバル」

さいとうたかを氏のコミック。
「1976〜78年 」少年サンデーで連載していた。
この頃の少年サンデーは、その更に前にだけど
「漂流教室」なんかも連載していたように
どちらかといえば「うる星〜タッチ」のような
軽いラブコメ路線ではなく、線が太い漫画が
主流だった。
「男大空」やら「青春動物園 ズウ」やらね。
あ、あと「スーパープロレスラー列伝」も。
俺も古いなぁ(苦笑)

そんななかの漫画「サバイバル」。
当時の少年サンデーがいわゆるジャンプ方式
(人気のないマンガほど後に掲載される)
だったかは知らないが、とにかく大御所
さいとうたかを先生の「サバイバル」は
わが道を行くかのように、サンデー後の方の
ページで、我々マンガ小僧が飛び込んでくるのを
いつも待っていた。


あらすぢ
洞窟を探検していた鈴木サトルとその友人たちは、
突然の大地震に襲われる。サトルだけは何とか洞窟
から抜け出し助かったが、しかし、外は信じられない
光景であった・・

毎週、サンデーの最後を飾るマンガが「サバイバル」
ってのも結構ヘビーなモノがありますよ。

一生懸命読みました。自分が第二のサトルになった時
困らないように。結果として得た知識としては・・

・「カスミアミ」を使えば、貴重な食料たる小鳥を
 比較的安易に確保できるが、今の日本では禁止されている
 幻の猟法

・生ゴミを捨てるときは地中深く
 (絶対に野生動物にあげてはいけない)

・所詮ねずみには敵わない

・実は地味なキノコにこそ毒が多い
 (↑これは最近の学説では違うらしい)

・カラスは嫌な奴

・川魚はよーーく焼くこと

・・あんまり役に立つ知識を覚えていないな。

独りのサトルは、トライ&エラーのなかで
自然から学び、痛い目に何度もあいつつ
ひ弱な都会っ子から立派なサバイバーになってゆく。
中にはどうして自分(サトル)がピンチを
切り抜けられたのか、本人は解からないままに
次の問題に突入したりするが、心配無用。
必ず、どこからかサトルをみている神の声
(もしくは作者の声、ナレーションともいう)
が、解説してくれるのである。かなり適当だが。

「・・この時少年がとった無意識の行動が
 彼の命を救うことになる」
「たまたま父から聞いていた知識が役に立った」
「彼は、ネズミの本当の恐ろしさをまだ知らない」
「彼の取った行動は実は古くからマタギの間で
 伝承されてきた手法なのである」
などなど・・

サトル少年のサバイバルとは、毎度たまたまの
選択の上に辛うじて救われているに過ぎないことを
サトル本人はともかく、イヤでも読者は知らされる。



あ、あとイザとなったら気絶するてのも大事。
目覚めると、あんなにダメだった状況が
一挙に好転していた例も、中にはあったような。
人事を尽くして天命を待つってヤツですか。
ちょっとチガウ・・。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

アンパンマン 考察

「アンパンマン 考察」

ついに、PONの身辺にまでやって来た。
いまや「きかんしゃトーマス」に続き、ちびすけの
お気に入りである。
先日、嫁が借りてきたビデオ(全8話いり?)を
初めて息子と鑑賞した。

アンパンマンといえば、OPテーマのワンフレーズと、
ネット上のパロディ「アソパソマソ」、
それから昔、アスキーのコミックで誰かが描いていた
「アーパーマン」と「シャブおじさん&タバコさん」
ぐらいか。我ながらカタヨリ杉な前情報しか
持ち合わせていなかったが、これまで子供を持たなかった
人間のアンパンマン情報なんてそんなモンでしょ?

子供の憧れの存在をあそこまで貶めるとは
まったくもってけしからん。

「アーパーマン」は頭がビニル袋で中身は秘密
ゴッサムシティのような街の路地裏にて発作で
苦しんでいる人に中身を分け与えるゲス野郎。
「シャブおじさん」はそのまんまで(検閲削除)
タバコさんなんか、ドロンジョが吸っているような
煙管フカシまくりの美女。まあ不二子ちゃんだ。

ドラえもんやサザエさんもそうだが、みんなが
知っている「よい子のまんが」は、チャカしやすい
ね。

閑話休題。

アンパンマンのOPをちびすけと歌っていて
ギモンに思ったのが・・有名な出だし
そうだ、恐れないで、みーんなのために
のあと

「・・愛と勇気だけが友達さ!」

だけ」って言い切るのは、果たしてどんなもん
だろうと思う。

「ジャムおじさん」・・製造者
「バタコさん」・・製造者助手
「チーズ」・・畜生
「バイキンマン」「ドキンちゃん」・・敵陣営

「友達」が何でも話せる対等な関係なんだとしたら
おなじヒーローである「カレーパンマン」
「ショクパンマン」は彼にとってはライバルであって
友人ではない様子。
てなわけで、彼は主要レギュラー陣に友人はいない模様。

それでいいのか?アンパンマン。

あのリリーフカーのような「アンパンマンカー」の
デザインもちょっとひどいと思う。
アンパンマンの頭部がそのまま巨大化。
後頭部が伸びてタイヤがついただけ。
(なにも大河原邦男さんやカトキハジメさんに
 デザインしてもらえとは言わないけれどさぁ・・)

APM号.jpg
これはおもちゃだがまあこんなモンだ。

で、アンパンマン。行き倒れの人間にオノレの頭を
食べさせることで救うっていう、冬のアルプス
セントバーナード犬並みの活躍で有名なとおり、
彼の頭は「食品」なのである。であるから
汚れや特に「水ッ気」にヨワイ。確かに水ぶくれの
アンパンは食えたモンではない。
濡れたら最後、彼はヘタレる運命なのだ。

その弱点を適確に狙い、バイキンマンは毎度なんらか
の手段でアンパンマンを行動不能にし、巨大な水鉄砲で
頭部を攻撃→アンパンマンとたんに戦力外→
誰かがジャムおじさんへ通報→頭部交換→形勢逆転。
まあこれが基本プロットになる。

初戦敗北→誰かの助けを受ける→最終的に勝利。
アンパンマンの戦いはガメラ並みだ。

先ほどの「リリーフカー」は、ジャムおじさんと
バタコさんが、通報を受けてから!新作した頭部を
もって現場に急行するときに使用する。
リリーフカーのデザイン以上に問題なのは
「頭部交換」のプロセスだ。大人の頭部並みの大きさ
(いちおう人間であるジャムおじさんの頭部と
 同様のサイズであるから)であるNEWアンパンマン
頭部をバタコさんは、倒れているアンパンマンに
むかっていともなく投げる。しかもどんな状況からも
全弾命中で頭ドッキング。バタコさんスゴイ肩。

PO.jpg
パイルダーオーーン。

勇気100倍!アンパンマーーン!」となるわけ。

そばで観ていた嫁がポツリ。
「古いあたまはどこに行くのかしら?
 あれ、産業廃棄物よね。」

・・まあいいやw。てなわけで、ちびすけとともに
結構楽しんでいるPONでありました。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

ほかにも・・
ラベル:アンパンマン
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

鬼龍院冴子探偵事務所 とか

「鬼龍院冴子探偵事務所 とか」

最近、お気に入りのギャグ漫画につきまして
短評というかご紹介を。

鬼龍院冴子探偵事務所
三上龍哉

なんつーか、絵柄は昔の漫画「イオナ」で
「GS美神極楽大作戦」みたい。しかしながら
「GS〜」ほど真面目にギャグ漫画をしていない。
その脱力感がいいんだろう。観たそばから忘れて
ゆくようなそんな内容。

スゴイのかスゴクないのか、理屈抜きで
いつも結果オーライな美女、鬼龍院冴子と
探偵事務所の助手を無理につき合わされている
高校生(自分にも名前がわかりません)+ヘンな
キャラクターで構成。超常識人である高校生の
ツッコミがよろしい。

みんな生きてる
原克玄

ちょっと変わった動物が身近にあふれている、
動物と人間が普通に会話する世界。

ヤドカリスライス三部作(ヤドカリスライス=ヤドカリ
が前部、中部、後部にスライスされてしまい、なぜか
各部とも生きていて、中部の「ぼく」が、前部兄と
後部弟を探し旅をしながら人々に出会う・・という、
今こうして書いてみても、この漫画を観た事ないヒト
には「さっぱり」だろうなという話)が面白かった。

以上「スピリッツ」で連載。

アゴなしゲンとオレ物語
平本アキラ

昔は安定して面白かったのだが、
最近はシュール&オゲレツに走りすぎて
つまんなくなってきてる。

その分、安定して面白いのが・・

セクシーDANSU☆GAI ユビキタス大和
ルノアール兄弟

セクシーギャグとか銘打っているが女性のコメディ
ではなくって、新宿2丁目系がお喜びしそうな
主人公、ユビキタス大和
(プリンとした桃尻とセクシーダンスが売りの男性)
の話。彼と彼のことが超お気に入りで雇用主の
蕎麦屋の店主、その息子でほとんど話が進む。
息子は常識人で、であるからこその突っ込み役
だが、息子がマジに可哀想に思えてしまうほどの
二人の暴走ぶりは一見の価値あり。絵でかなり
好みが左右されるけど。

もっとも、正直なところ、スタートダッシュの疲れか
ここのところあんまり笑えないという回もチラホラ
ある。

以上「ヤンマガ」で連載中。

最近のこういった「ギャグマンガ」は、いわゆる
近年のお笑いブームの影響をかなり受けていると思う。
(あるいはダウンタウンやとんえるずのコントを
 観て育ったに違いない)
キャラのたった妙な奴が繰り出すボケを
適確にツッコむ。適度にノリツッコみも織り交ぜて。
芸人がそのままコントにできるもんな。

これでちょっと可愛い女の子が脇役で描ければ、
ほぼ小ヒットは間違いないでしょう。
後はどれだけお笑いのネタストックが続くかというだけ。

こういう、一話完結系のギャグ漫画のほうが
前後の話を知らなくてもいいので非常に助かる。
PONのように読んだり読まなかったりの人間に
とっては。

けど個人的に、ヤング○○系のコミック雑誌
「モーニング」「ヤンジャン」とかその辺の分野にて
集英社系のはいずれも面白くない。
なんでだろ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

「食べれません」
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

ゆうメンタルクリニック

「ゆうメンタルクリニック」

ごくフツーの「メンタルクリニック」なのですが
ホームページの漫画がいかにも現代風。
この病院の先生直筆だったらおもろいが。
かつてここに通院していた漫画家の卵さんが
描いたのかも。

取り急ぎご紹介しておきます。

ゆうメンタルクリニックHP

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

最近ワカンナイ事

最近ワカンナイ事

漫☆画太郎 のファンっているのだろうか??

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:漫☆画太郎
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

仮面ライダーと人類社会が戦う漫画

「仮面ライダーと人類社会が戦う漫画」

「Hybrid Insector」
ハイブリッド インセクター
(画面をクリックしていってください)

前にもご紹介したけれども・・もう一度。

「20世紀末に起きた大戦で私は多くの仲間たちを失った
 それでも…… それでも私たちは人類のために闘った
 やがて人類を脅かす存在
 すなわち 私たちの力の矛先が消滅した瞬間

 正義の使者として私たちを受け入れるために
 人類が付けた呼び名は朽ち
 かつて仮面ライダーと呼ばれた存在は生物学上
 「混成 昆虫(ハイブリッド インセクター)」と
 区分けされ最後まで人間として扱われることはなかった

************************

仮面ライダーを『混成昆虫』として駆除する人間側
狩られる仮面ライダーという、ショッカーという組織が
壊滅後のストーリーだ。

陽の「仮面ライダーSPIRITS」
陰の「ハイブリッド インセクター」

すみません、多分このシーンを描きたくって
作者はずーっと頑張ってきたんだと思われます。
一番、オイシイところいいとこドリします。

勢揃い2.jpg
冗談みたいなカッコの大首領を前に・・

変身後.jpg
”変身!!”
左から(言及せずともポーズでお解りかと思いますが・・)
1号、2号、V3、RM、X、アマゾン、ストロンガー
オリジナル7人

ニッカボッカっていうか、ももを張らせてふくらはぎを
シャープにする人物の描き方ってカッコいいね。

本当に怖いのは「悪」の組織でござい〜と
わかりやすく存在する奴らよりも
正義の味方陣営の「上層部」が
誰にも気がつかれないうちに
ひそかに狂ったとき、あるいは
悪に乗っ取られていたとき・・なのだ。
それを誰も感知できていない。
その怖さ。

実は、このマンガの怖い点はもうひとつある。
プロの漫画家である彼らが
趣味で描いていらっしゃるのだが
どうも、石ノ森プロとか東映なんかに
承認を得ていない様子。
著作権とかうるさすぎる昨今
彼らが本気になって騒ぎ始めたら
さすがに勝ち目は無い。

作品に対する愛情、情熱、リスペクト、オマージュ
とやらは既に通じない世の中ですからね〜。

プロがそんなんで大丈夫なんだろうか??
その、脇の甘さが少々気がかり。他人事ながら。

最後まで読みたい。読ませてください。
アップ禁止とかになりませんようーに。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

学研まんが「ひみつ」シリーズ

先日、息子と出かけた市営図書館にて。
また見つけてしまった。

ご紹介しましょう!
学研まんが「ひみつ」シリーズ

DCF_1393.JPG
「明太子のひみつ」

絵柄もイマドキの漫画チック。

正確には「学研まんがでよくわかるシリーズ」
らしいが。それにしても「明太子」の秘密とは。
いったいどの辺に「ひみつ」があるのか。
150%、業界の差し金かな。


差し金した業界

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

藤子・F・不二雄ミュージアム 開館

「藤子・F・不二雄ミュージアム 開館」

おお、待ってました。
ついにこんなミュージアムが!

************************

藤子・F・不二雄の博物館11年秋開館
2009/1/19

 川崎市多摩区の旧向ケ丘遊園地跡地に2011年秋、
漫画界の巨匠である藤子・F・不二雄さん(故人)が
生み出した「ドラえもん」「21エモン」などの作品を
モチーフにした体験型ミュージアムが誕生する。

 11年9月に開館予定の川崎市立
「(仮称)藤子・F・不二雄ミュージアム」は、原画
約5万点を入れ替え展示するほか、藤子・F・不二雄氏の
部屋の再現、短編作品を上映するシアター、漫画作品を
そろえたギャラリー、ホールやレストラン、売店なども
設置され、延面積2800平方メートルという大型施設
になる。

 藤子作品を管理する藤子・F・不二雄プロが運営を担当。
館内の最高収容人数は約1000人、年間入場者50万人を
見込んでいる。

************************

横浜の某所にある「アンパンマンミュージアム」では
アンパンとかを非常にスバラシイ値段で販売しているとか。

ドラえもん「ドラ焼き」がお土産として発売されるのは
間違いないところでしょう。
中村屋さん、営業に行っとけ。

あと「栗まんじゅう」も。
(ドラえもん&のび太氏は、誰かが食べない限り
 5分経つと2つに分裂し、無限増殖する
 栗まんじゅうを宇宙へ不法投棄した事がある)

磯辺焼き」もいいな。
(初期のドラえもんでは、二人揃ってよく焼き餅を
 食べていた。餅を食べるだけのために秘密道具
 で室内でもち米を栽培したことも)

ベースは三鷹の「三鷹の森ジブリ美術館」を元に
つくればいいから、それほど難しくはないでしょう。

記事には「ドラえもん」と「21エモン」しか
書かれていないけれど、「エスパー魔美」と
「キテレツ大百科」それと当然「パーマン」も
あるでしょう。というか、なきゃダメだ。
「ウメボシデンカ」「バケルくん」「みきおとミキオ」
渋いところでは「TPぼん」とか。

うーーん。夢が広がるなあ。
できればアニメベースではなく、原作コミック重視で
お願いしたい。
なんなら、コンセプトデザイナーとして参加しましょうか?
不肖、このPONが。
川崎市の
(仮称)藤子・F・不二雄ミュージアム準備委員会様
オファー、お待ちしております。

・・問題は、エスパー魔美の「大人」な部分を
どう処理するかだな(単にスルーって手もありますが)


SF短編集も捨てがたいのだが・・一般受けしないから。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

のぼうの城

「のぼうの城」

スピリッツで連載を開始した戦国モノ漫画。
恥ずかしながらこの漫画で原作小説「のぼうの城」の
存在を知り、また、関東の成田家につきましても
初めて興味を持ちました。

追い新保(←「逃げ弾正」みたいだがIME変換による)
もとい「美味しんぼ」の連載が終了して仕事が
なくなってしまった「花咲アキラ」氏の次のお仕事として
彼が画を描いています。

残念ながら、あののっぺりな画です。
まったく描写に迫力が無いうえ、人物の描き分けも
出来ていない。ベースはあの美味しんぼですよ?
想像してみてください。
20年以上連載していたようで、美味しそうな
料理の画は上達したのかもしれないが・・
人物の上達はまるっきり・・。

「山岡士郎」の学芸会。全部、山岡士郎が
兜かぶって戦国ゴッコしているように見える。

センゴクみたいに、場面が切り替わるごとに
織田・上総介・信長とか
テロップ入れていただきたい。

登場する武将が全部、山岡士郎w。
(長束正家だけはチョビ髭で解る)

長束正家ってやな奴だな〜。
信長の野望シリーズでは結構
使えるんだよ?
政治力がそこそこなんで、捕まえて
家来にしたら、いつも官僚軍団として
コキ使ってます。

成田一族ね。忍城の水攻め失敗ってのは
もちろん知ってたけど、あれは石田三成が
戦が下手くそすぎて自滅したから・・と
勝手に解釈していたんだけど、考えてみれば
水攻めの前に敵側(成田家側)も、それなりに
抵抗しないと、水攻めすることもなく、従って
自滅にもならんわな。

前にも書いたけれど、信長の野望というゲームを
作ってきたゲームプロデューサー、シブサワコウ氏も
戦国武将が数字でランキングされるけれど
数字で人間の真価は計れない。

のぼう(「でくの坊」のはばかった言い方)の殿様
成田氏(PON正確にはまだ名前を把握していないのですw)
は、信長の野望シリーズだと、政治力、戦闘力なんかも
100点中の50そこそこだったと思う。
いつもだったら後方お留守番任務にしか使えませんって。
次にでるかも知れない「信長の野望」では
成田一族の評価も少しはアップしていそうな予感。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:のぼうの城
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(4) | TrackBack(3) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

Hybrid Insector

「Hybrid Insector」

凄いサイトを見つけてしまった。
仮面ライダーが人類の敵になっているマンガ。

Hybrid Insector

仮面ライダー SPIRITS」も凄いけれど
それ以上に人類がヤヴぁくなった世界での物語。

この方、プロのようだけれど
このレベルが無料で読める時代とはなあ。
コレだよ、こういう設定のを見たかったんだよ!
そんなキモチでいっぱいです。



猟犬は野の獲物を狩り尽くすこと無かれってか。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

世界のハツシバが社名変更

「世界のハツシバが社名変更」

モーニングで相変わらずよくやってるなあと
あぶさんと並んで、興味にない人には
どうでもいいマンガ「課長 島耕作」シリーズ。

実社会での松下がPanasonic に社名変更
したのにシゲキを受けたのでしょう。
マンガ内のナンチャって企業
島耕作氏が社長を勤める
「ハツシバ」も社名変更するんだそうです。

賞金100万円。同時に多数の発案者がいた場合は
仲良く均等割りだそうで。結構せこいぞ。
講談社ハツシバ!

2CHあたりで、結構笑える案が
大量生産されていそうだ。
古い話だが、堀衛門がまだ元気だった頃
今の東北楽天を買い取るにあたって、
新球団名をネット上で募集した。

笑ったなあ、あのときは。
候補名のベスト20だかで
絵文字(AA)でクマーになってんだもんw

以下はHPから↓

************************

選考委員長
島耕作 初芝五洋ホールディングス代表取締役社長より

「いつも初芝五洋グループの製品をご愛顧
 いただきまして、ありがとうございます。
 このたび初芝五洋ホールディングス株式会社は、
 社名およびブランド名を一新することに
 決定いたしました。
 そこで、『初芝五洋ホールディングス』に
 変わる新しい社名を、皆様より大募集いたします!
  この新しい社名は、従来の『HATSUSHIBA』『GOYO』
 商品を統一するブランドとして、初芝五洋グループの
 あらゆる製品にクレジットされます。

 ブランド名は企業の看板であり、声であり、
 顔となるものです。「シンクグローバル」を合言葉に
 生まれ変わる我々にとって、最高の武器となる
 ブランドをつけてください!」

************************

島社長から頼まれちゃあしゃあないね。
皆さんも考えてあげてください。
ネット全盛の折、あえて
>ご応募はハガキ、または封書にてお願いいたします
というのは渋いというか、ネット上を徘徊している
我々のことをまるで信用していないな?
島社長というかHATSUSHIBAというか講談社!

その判断は正しい。ネットで応募認めたりなんかしたら
また「クマー」が現れそうだもんね。

「HATSUSHIBA」は、東芝から「SHIBA」はいいとして
「HATSU」ってなんだろ?まさか初穂w
いや、松下をイメージしたんだろうね
松下がPanasonicなんだから
初芝もHatsusonicいいよ。
俺は。
GOYOがどっか行ってしまった気がするが
気にはしまい。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

募集要項(けっこう細かい)
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

ファイブ・スター・ストーリーズ(漫画)

「ファイブ・スター・ストーリーズ」(FSS)

永野護氏のもはや「ライフワーク」漫画。
かつて映画化されて地方都市の映画館まで
PONが見に行ったのは、たしか高校生のとき
だから・・もう何年よ?

<あらすぢ>
本気で書き出すと長いのだが(苦笑)
4つの恒星系から成り、科学文明がその頂点を
過ぎて衰退を始めている世界
「ジョーカー太陽星団」を舞台に、
光の神・天照(アマテラス)とその妻である
人工生命体ファティマ・ラキシス、そして
ファティマと共に最強の戦闘兵器モーターヘッド
(MH)を駆る戦闘人間ヘッドライナー(騎士)達の、
数千年に及ぶ光と影の歴史が描かれていく。

この漫画の嬉しいところは
「重戦機エルガイム」のイメージが
バックボーンにあるということ。
後発ながら
アニメ「機動戦士ガンダム」に対して
ガンダム原作者のひとり「安彦良和」氏が
自らが描く、漫画「ジ・オリジン版」のように
アニメでは表現できない設定を
コミックであえて再表現する試みに近い。

アニメ「エルガイム」も80年代アニメとして
ひたすら判りやすく、万人に判るように・・と
あえて表現しなかった細かい設定(だけを)を
全面に押し出したコミック、それが「FSS」
なのだ(・・と思うよ)

途中まではついていったんだけども。一生懸命。
でももう待てなくなっちゃった。
長いよ。コミック1巻が出るのに1年以上。
思わせぶりな伏線の数々。もう忘れちゃうってのw

<以下ネタバレ>
いまでも好きなエピソードは結構あります。
適当に書き散らします。マニアの方はあんまり
突っ込まないでくんなせえ。資料性ありません。
モーターヘッド(MH)とは要はモビルスーツのこと。

・主人公アマテラスの親衛隊にして星団最強の騎士団
 東方幻影騎士団の主力MH、レッドミラージュ
 47体が一度だけ惑星に勢ぞろいする時があったのだが
 一騎だけ立つこともできないミラージュがいたコト。
(MHは乗るヒトを選び、凡俗な人間には決して
 扱えない。レーザービームを剣で跳ね返すような
 SWのジェダイみたいなバケモンにしか乗れないのだ。
 にも関わらず、最強騎士団に名を連ねる一人に
 名前は忘れたがなぜか「ピエロ」がいまして、
 その彼用にMH一台用意してしまったのが真相。
 彼がミラージュ騎士団にいるのはダテじゃない!と
 思っていたら本当にダテだったという話。
 MH一台の建設費、維持費、その戦闘力は、本来
 エヴァンゲリオン並みに国がひとつ傾くらしいのだが)

・MH黒騎士バッシュとそのファティマである
 エストは星団でも有数のMHと言われるが、実は
 「流れ」のMHで歴代主人(=搭乗者)も自分たちで
 選ぶらしい。その何代目かに、何を間違ったか、かつての
 ザコキャラ(デコース・ワイズメル)が選ばれ、それなりに
 名を上げたコト。ガンダムでいえば、死んだと思っていた
 ジーンあたりが、いつの間にかZガンダムで、ヤザン格
 になっていた・・ そんな感じでわかる方にはわかって
 いただけるモノと信じます。

・アマテラスがやりたかったことは結局、昔話の名作
 「泣いたあかおに」のお話なんだと勝手に思ってる。
>4つの恒星系から成り、科学文明がその頂点を
>過ぎて衰退を始めている世界
であるからこそ、人の新たなる進化のため
「カツを入れる」べく、強烈な刺激を星団の人類に
与えようとしたのではないか。
強烈な刺激とは、自らが敢えて人類の強大な
「敵」になるコト。

「あおおに」がアマテラスとミラージュ騎士団なら
「あかおに」はコーラス3〜5世を中心とした
アンチアマテラスの反乱軍。コーラス王朝秘蔵のMHが
「ジュノーン」であり、アニメでいえば「エルガイム」
なんだな。だから、このマンガの象徴MH、アマテラスの
愛機である「ナイト・オブ・ゴールド」はアニメだと
「オージェ」なんじゃないの?同じ金ピカだし。

エルガイムでは描かれるはずもなかった、その辺の
群像劇、政治劇が、もう少しダイナミックに
描かれるのかな〜と期待していたのに、この10年
もうよくワカンナイ。
いずれはどこかで繋がるのかも知れないけれど、
本筋以外のところに細かく拘り過ぎにPONには思われ
もういいやとリタイヤした次第。

まあ、そんな訳で。
ファイブ・スター・ストーリーズでした。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

余談の余談
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

AUTO KIOSK

「AUTO KIOSK」

KIOSKとは「キヨスク」であり
「キオスク」ではありません。元は
トルコ語で「売店」だったかな、というウンチク。
→東屋でした。うむむ。

昔、キヨスクフラッパーって漫画があった。
作者は岩尾奈美恵さんとか言ったかな。
絵はあんまりうまくなかったし、話も
なんていうか「新宿のキヨスク」を舞台にした
ほのぼの漫画で、まあ、そんなモンだろう的な奴
だった。適当に書き散らかすが、この作者は
漫画家になる前は実際にキヨスクの店員を
やっていたのかもしれない。
話はそれほどリアルではなくても、新宿の
雑踏や、キヨスクの店員が住む女子寮の存在
なんか、なかなか描けないよな。ふつーは。

酒盛りするホームレス、この数年間、名前すらも
知らないがその人のタバコの銘柄と毎朝絶対
買ってゆく新聞名はわかる・・何をやっているのか
皆目わからんが、それなりの理由で皆、お客として
キヨスクを通り過ぎてゆく。
新宿っていったら全国から奇人変人を吸引する
磁場を持っていて、ホントならば殺伐とした
話になってもおかしくない。けど主人公のねえちゃん
が実在するはずもない、できすぎな元気っ娘なので
皆、心がほぐされてゆくって話。

昔のキヨスクは、売り子さんが名人芸を誇り、殺人的
混雑のターミナル駅ともなると、そういった名人の
職人さんにしかさばけなかった。
襲い来るゾンビのように、右から左から前から
小銭と商品を握りしめた、おっさんの腕が
差し出され、その順番を把握して(対応の順番が、
もし前後してしまうと、妙に店員に攻撃的になるのだ
こういうお客連は)
彼らが買いたがっている商品の値段と、握りしめる
お金からお釣りを算出し、瞬時に差しだす。

これは昔の「こち亀」にあったと思うけど、
雑誌も均等な高さに並べておき、ガムなども
商品が売れてへこんだ部分にすかさず補充する。

それだけに、各店舗とも有名おばちゃん店員が
いたようだけど、店員っていうのは誰でもやれる
仕事、画一化をしておかないと後進が育たない。

先日、ホームにAUTOKIOSKってのが
あったんで、遠目に観察してみたのだが、
何の事はない、以前KIOSKだったところが
自動販売機の集団になっているだけでした。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

漫画家

PONの友人に漫画家を志しながらも
現在は別の仕事をされている方がいる。
(彼も私も今よりもずっと若いころw)
彼の漫画原稿を見せてもらった。
印刷した漫画しか読んだことのない
素人のPONに、生原稿というものは衝撃的だった。

プロ(およびプロを目指す人間)ってすげーなーと。
なんも打ち込むものがない自分は心底、感心して
したのを覚えている。

失礼ながら、プロの卵である彼でもこれだけ描き込む
のである。世に有名な漫画家達の作品は、どこまで
凄いんだろう。

人類の印刷技術は充分向上したと、なんか漠然と
考えているけれど、緑色やらピンクやらといった
リサイクル紙に雑誌レベルでの印刷の場合
漫画家たちが描き込んだ(本当は表現したい)
原稿の6〜7割程度しか誌上では表現されて
いないんだなあとも思いました。

P「すげーじゃん。早く持ち込みしなよ」
彼「いや、嬉しいけど俺には無理だよ」
P「?」
彼「これぐらいの絵、いわゆる「うまい絵」を描ける
  奴は、日本にくさるほどいる
んだ」
彼「やっぱり必要なのは「ストーリーテラー」
  物語を書ける才能なんだな」

またまたその昔、彼といわゆるエッチ系同人誌
立ちあげて、ひと儲け出来ないか、軽く検討したことが
ありました。無論、PONは、まったくそういう絵は
描けないので、影のフィクサー(プロデューサー)として
協力する腹積もりでいたのですが、結論をいえばこれまた
実現しませんでした。

正直言って、描いていて恥ずかしいのだそうです。
社会的に顔向けできないからとか、そんなん
じゃなくて、単純に書いていて恥ずかしい、テレるのだ。
テレながらマンガを描いているうちは、決していいモノ
は生まれてこない・・と、当時の彼は言っていた
気がします。

そういう感情を乗り越えて、へーきでユーザーの
ニーズwにあったエロ漫画を描ける奴がいるなら、
そいつこそが立派な「プロ」なんですね。
そういった「こだわり」が払拭できないうち、
「仕事」と割り切れないうちは、アマチュア
なんだなーって勉強になりました。

・・下世話な話ついでにもうひとつ。最近の業界
こそ知りませんが、ひと昔前のAV女優達、実は
私生活はめちゃめちゃ堅かったと聞きます。AV
やってんだから・・なんて言ったら彼女たちに失礼。
AVやっているからこそ、お肌の調子を気にしなければ
ならないし、そうなれば必然的に「ストイック」な
生活になるのだそうで。どんな世界にも「プロ」は
ありますし、その職業観は厳しいんだなあってことで。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
ラベル:漫画家
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

「20世紀少年」 浦沢直樹

「20世紀少年」

浦沢直樹氏といえば、「YAWARA!」とか
「マスターキートン」でおなじみ。PONも好きな
漫画家だ。その彼の作品「20世紀少年」。
最近、最終回を迎えたらしい。

以下は、廃刊した雑誌「噂の真相」の後継紙を
自認する「サイゾー」という雑誌の「WEB」記事から。
「20世紀少年」に関しては自分もうすうす感じて
いたんだけれど、やっぱ同じ考えをする人は多かった
んだなあ・・と。特に伊集院光氏の感想は秀逸。禿同。

************************

 最終回でようやく明かされた黒幕「ともだち」の
正体は、1巻の同窓会シーンで名前が出た程度のまったく
なじみのない存在だった。また、
「『ともだちは・友力・を使う』とか、どうなったの?」
「理科室の第5の人はなんだったの?」
「なんでもカンナの超能力で片付けられてしまう」など、
細かな矛盾点に対する指摘も多く、伊集院光も自身の
ラジオ番組で、「収拾つかなくなって、広げた荷物を
大八車にぶっこんで夜逃げしたみたいなラストだな!
だいたい『MONSTER』もひどかった!!」と、グチを
こぼしていたほどだ。
 そう、思えば、第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞を
受賞した『MONSTER』(ビッグコミックオリジナル)も、
最初はスピード感があったのに、途中からは思わせ
ぶりな引き延ばしが続き、尻すぼみになっていった。

「『20世紀少年』の連載がスタートすると、連載中の
『MONSTER』がトーンダウンしました。また、『20世紀少年』
連載の途中で『PLUTO』がスタートすると、やっぱり
『20世紀少年』がトーンダウン……。これは本人が
飽きちゃったのでは、などとと言われてますけど」と、
あるマンガ編集者は言う

http://www.cyzo.com/2007/10/post_82.html

************************

もっともね、「20世紀少年」なんて、子供の他愛もない
「よげんの書」から話がスタートする「コートームケー」な
SFチック与太マンガなわけだから。
存在そのものが、子供の作り話をリアルに漫画化した
とも言えて、あそこがおかしい、この伏線は結局何だったの?
と目くじらをたてることが、やっぱおかしいんだろう。
「桃太郎が桃から生まれるなんて生物学的にまちがっとる!
 だから桃太郎はダサクだ!」と言い切るようなもんかな。
目くじらたてる人たちの気持ちも「よーく」分かるけども。

次回はどうなるんだろう、早く連載再開しないかな、
来週はいよいよ最終回だ!と読者をワクワクさせた
時点で、浦沢直樹氏の仕事の9割は終わり。彼の勝ち。
一応、完結させただけでもプロだよね。書きっぱなしの
まま消息不明になる漫画なんていくらでもあるし。
(永井豪作品とか石ノ森章太郎作品とか)

自分は、浦沢直樹氏の漫画は「YAWARA!」で
ハマり、「マスターキートン」から「パイナップル
アーミー」へと遡ってハマったクチ。当時は馬鹿学生
だったんで、マンガ信者にありがちな作品全部の
コンプリートを図り、ひとり悦に入っていたものだが。
そんな私も、あのテニス漫画「Happy!」の連載
開始した時点で、浦沢作品を買わなくなった。
なんかもう・・
おしんバリに環境は恵まれないが才能はあって
可愛いいヒロイン、お嬢様タイプのライバル兼いじめ役、
気のいいヤツだがヒロインを救う実権限は全くない
恋人候補の男・・それに加えて「スポーツ」マンガでしょ?
ああ、またこのパターンで金を絞り取るつもりだな

小学館わ!

と、いい加減辟易してしまったんです。
その辺はさすがの自分もやっと学習したなあ、と
ホッとしていたのもつかの間・・実は「MONSTER」には
結局悪癖がでてですね〜。
いや、言い訳すると「マスターキートン」の長い話だろ?
要わ!と思ったもんで。これなら期待できる・・と。
ですが、やっぱこれももういい加減勘弁してくれやと。
キャラも話も全然解んなくなってきていたし。

>本人が飽きちゃったのでは、
とあるけど読者だって飽きちゃうよ。



ってなわけで、今は「PLUTO」ですな。
さすがにこれは買ってません。
浦沢作品は連載終了後のまとめ読みINマンガ喫茶が
一番という、個人的な感想でひとつ。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

モーニングが面白い!

ご存知の方には今更ですが
やはり自分は「モーニング」が好きです。
喫茶店の朝メシでもなく、燕尾服でもなく
まんが雑誌のことですね。
自分が年をとってきたということも
ありますが、以前、PONにとって漫画といえば
小学館派だったんですよ。「ドラえもん」の洗礼に
はじまり「うる星やつら」も「めぞん一刻」も小学館。

それが小〜中学生になれば人並みの
「ジャンプ旋風」ってことで「集英社」がメインになり
「Drスランプ」「キャッツアイ」「奇面組」
「ドラゴンボール」・・
(キン肉マンはダメ。いまでも)

高校になると、だんだん講談社系が面白くなり
「稲中卓球部」なんかは大学時代だけども
めちゃめちゃハマった。沈黙の艦隊を集めていたのも
この頃。(今思えば「沈艦」は止めておけば良かった。
 なんだアレ?あれだけ話を引っ張っておいてw)

で、モーニングを褒めております。不肖PON、
実はモーニングを定期購読しておりません。
おりませんが、最低でも二週に一遍は読むことが
可能です。いつもおんなじ時間帯の電車の
おんなじ網棚に2〜3冊は捨てられているからで
あります。ありがとー。どこかのリーマンさん。
すまんね。講談社の方。

特におすすめなのは
東村アキコさんの「ひまわりっ〜健一レジェンド」
もたいまさこライクなメガネ副主任の毒舌が絶品です。

他にも、野鳥にはこれっぽちも興味がないPONも
バードウォッチングしてみたくなる「とりぱん」

借金も怖いけれど、どんどん堕ちてゆく
一般人の話が、下手なホラーよりもよほどホラーな
「ウシジマくん」

そして定番「エレキング」

お勧めです。

「ジパング」?あーあれはねぇ。思わせぶりな
態度でトコトンまで引っ張る「沈黙の艦隊」路線は
健在だからな。迫力ある絵と戦闘シーンは
楽しみますけど。大陸での原爆をめぐる駆け引きなんか、
小説で読みたいところ。
あー言った政治とか謀略路線ほど「マンガ」には向かないね。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。